Cheap chic!~日々本能のまま~

「生活は簡素に理想は高く」をモットーに、毎日楽しく生きています。基本的に亀更新です。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 4月の東京旅行備忘録。 ]
2013-08-31(Sat) 03:06:32

いつのハナシやねんですが、4月後半に東京へ行って来た時の写真を掲載ー。堤真一氏の舞台メインですが、その他にも所用やら観光やら買い物やら色々と。念願のスカイツリー、それも+1000円してテッペンまで行けたし、スカイツリーを眺められる部屋にも泊まったし、久しぶりに浅草で飲めたし、何かと充実した2日間でした。あいにくの雨もなんのその、スーパー晴れオンナ故あまり濡れなかったしねー。

東京は年に数回行っているので、今更…という印象かも?でも、私、めっちゃ好きなんですー大都会東京。

しかも行く度、行きたい場所が色々あって困ってしまう始末。帰りの新幹線の中で、早くも「また行きたいなー」と思うのであります。住みたいのよ東京。

そうそう、真一氏は半年振り?に見たのかな、ご結婚後だったワケですが(それカンケイない)、めっちゃくちゃカッコ良くて相変わらずのオーラでした。アクションがすっごい!さすがJAC出身!そんで、背中の色気と哀愁ったらパネエ!パネエ!鼻血ブー。

もうホント、こんなステキな中年を射止めた三十路ってどんなヒトなんでしょうね。人間なんですかね?(?)。羨ましいコトこの上なし。いやしかし、きっとめんどくさそうなオトコだし(強がり)、お姑さんはもれなくついてくるし(勝手な想像)、現実と理想は違うというコトでオトナの理解を示したいと思います(意味不明)。

 







スカイツリーもソラマチも楽しかったけど、東京タワーの方が風情があって好きですね。周りに何もないのが却ってステキ。足をちょっと延ばせば色々あるし。もしくは、気付いていないだけで実は近くにステキな喫茶店とかあるのかもしれないー。

東京行きたい行きたい思っていたら、出張で行くコトになったのでラッキー。久しぶりの1人出張だけど、基本的に1人大好きだから全然苦にならない。しかも、2泊3日なんですよー!ヤッター!

あくまで仕事の合間なのでカッツカツかもしれないですが、合間に代官山行こうとか銀座行こうとか、今からワクワクしております。楽しみー。
スポンサーサイト
旅行・アウトドア | TB:× | CM:× |
  [ 週末神戸プチ旅行、その3。 ]
2012-07-05(Thu) 12:54:32
またまた先週末の神戸旅行の続き。

初日のランチは私のリクエストで神戸岩茶荘へ。

コチラはお粥のお店。女性ホルモンや胃腸を整えたいと思って、唐突に食べたくなったのです。

色んなお粥があるので目移りするのだけど、結局基本の薬膳粥をチョイス。
0315.jpg
海鮮の風味がするスープにお米がしっかり炊きこんであって、お米の柔らかさはとろとろの一歩手前。

薄味なのでアクセントをつける薬味が登場。
あくの強い腐乳を溶かしながら食べると、濃い味が程好く調和してとっても良い味。
他に、アゲパンやお肉を乾燥させて粉状にしたヤツ(カツオフレークみたいなの)も共に。
カツオフレークもどきはカッパ嬢が「コレだけをゴハンにかけて食べたら何倍でもイケる」と言っておりました。確かに。

0317.jpg
デザートは杏仁豆腐。スッキリしていて美味しい~。
お茶もものすごーく美味しい。中国茶っていうだけでカラダに良さそう。
コレでしめて1000円は安いですね。また来たい。

このお店では眼診を行っていて(事前予約要・有料)、目の色や瞼などからそのヒトのカラーを探り、足りないモノなどを教えてくれるそうです。
私達が行った日も、2組ほど診断を受けていてビックリ。結構人気なのねー。
1時間近くカウンセリングしてたかな。私もやって欲しい。
1週間前でもなかなか予約が取れないそうで、早めの予約がオススメみたいです。

なんか、なんば線ブログみたいになってきたなー。

2日目はモダナークカフェへ。

コチラはトアロードにあります。

いつもトアロードではハナゾノカフェに行くのでアウトオプ眼中だったのだけど、以前から気になっていたカフェ。
ランチメニューにも惹かれたけれど、今回はカフェのみ。
ナチュラル素材を使った、いかにも優しいイメージのケーキやスイーツがテンコモリでした。オーガニック専門店なのに、喫煙OKというトコロも驚き。
0360.jpg
タンポポコーヒー。
器がカワイイ。併設された雑貨屋さんで販売していました。素朴な味わいの器なのに2500円くらいしていてビックリ。値段ってホントわかんない。
0359.jpg
オレンジの粉がかかったショコラのケーキ。←名前忘れたからテキトー。
甘味が少なくて美味しかったです。
0358.jpg
本棚には、ムーミンなどの絵本や、スピリチュアル本などがビッシリ。
ちょっと「?」と思うテイストの本もあり、手に取るのが憚られましたが、エコロジー(地球環境)を大切にしているお店なのかなという印象。

イマドキ喫煙OKなオサレカフェは、三宮・本町では貴重なので、ハオズやトリニティ同様ヘビースモーカー友人が行けるお店がまたヒトツ増えました。良かった良かった。

次回へ続く。
旅行・アウトドア | TB:× | CM : 0
  [ 週末神戸プチ旅行、その2。 ]
2012-07-04(Wed) 09:59:47
宿泊ホテルの正式名称は、神戸メリケンパークオリエンタルホテル。
みなとまちViewスタンダードプラスグランデツインのコース(朝食付)に、ルミナス神戸2のディナークルージングを付けて、1人19300円。土曜日の宿泊でコレは安い。
ただ、前回も書いたように、お部屋をグレードアップしていただいたようなので、お部屋の広さ等は変わらなくても、このコースだと景観がもう少しあっさりしたモノだったかもしれません。
今回はバッチリ、観覧車やモザイクガーデンの景色が海の向こうに広がるとってもステキな景色を堪能出来ました。
(メッセージで問い合わせが何件かあったモノですから…)。

ホテルのロビーには七夕の飾りつけが。
0350.jpg
勿論、バッチリお願い事を書いて吊るしてきましたよー。叶うとイイなあ。既に叶っているけど。

0356.jpg
ホテルの朝食はビュッフェスタイルかアメリカンスタイルのどちらかをチョイス。
欲張りなのでビュッフェにしましたー。アメリカンも惹かれたけど、色々食べられる方が好き☆

朝食を摂りながら海を眺める贅沢。

あいにくの雨模様でしたが、どんよりというカンジではなく、霧のかかったような薄暗さだったので、雰囲気はありました。

0355.jpg
和・洋・中華と分かれていて、朝食にしてはメニュー豊富。

パンケーキやフレンチトースト、クロワッサンやデニッシュなどのパンも沢山あって、全部食べたかったけどおなかがパンパン。

新鮮な野菜、頑固っぽいシェフが素早く作るオムレツ、ハーブソーセージなど、朝からコッテリあっさり満喫して幸せでしたー。
が、想像以上に食べ過ぎて、お昼は食べられなかった…。

神戸にはもう1つ、北野ホテルという朝食の素晴らしくステキなホテルがあり、今回本当はそっちに行きたかったのだけど、カッパ嬢調べによると既に土日はイッパイで予約が取れない状態だったそうなんですよね。
フレンチの夕朝食付きで、天蓋ベッドなどの素晴らしい調度品に満ちたお部屋に宿泊で、1人2~3万円くらい?
手が出ない額ではないので、また1年後にでも自分のご褒美として泊まりたいなーと思います。

お買い物して、街ぶらして、ランチしてカフェして、ちょっとまったりした時間をホテルで過ごす。
たまには、現実を離れた優雅な時間も必要だとつくづく思った、今回のホテルライフでした。

ベッドに入った後もベラベラ喋っていて、気付けば夜中2時近くになっていてビックリしたり。
ナチュラルスローライフ(?)だと、時間の経過が分かんなくなっちゃうんですよねー。

因みに、カッパ嬢によると、私は一切イビキをかかず、いつ見ても微動だにせず同じポーズでずーっと寝ていたらしい。
だいたいいつもそんなカンジなのさ。だから起きたらカラダが痛いのさー。
誰か私に寝返りの術を伝授して下さいな。コレじゃ寝ている間にリラックス出来ないじゃんねー(本人はスッキリ爽快なんだけど)。

次回に続く。
旅行・アウトドア | TB:× | CM : 0
  [ 週末神戸プチ旅行、その1。 ]
2012-07-03(Tue) 10:46:03
093845.jpg
この土日、働き尽くしの私達に癒しを!というコトで、近場の神戸に1泊してきましたー。

ちょっと贅沢に、ディナークルージング付きの宿泊コース。

広めのお部屋をチョイスしたら、時期的に宿泊客が少ないのか、当日グレードアップしたお部屋を用意していただいたようで、より気持ち良くリフレッシュできました。

泊まったのはオリエンタルホテル。

景色としては何度も見ているけど、実際泊まるのは初めて。

お部屋はキレイだし、広いし、接客も良いし、何より宿泊客の雰囲気が良く、ストレスを感じるコトがなかったのが嬉しいです。やっぱり、高級ホテルだなあというカンジ。

当初、朝食目的で北野ホテルに泊まりたかったのだけど、あちらは超人気ホテルなので、週末は一切空いていない状態。
1年前くらいから予約しなきゃいけないのかもねー。

ルミナス神戸2でディナークルージングした模様は、また追って書きたいと思います。

ホテルの窓からの景観が良くて、特に夜の観覧車を含めたモザイクガーデンの雰囲気が超絶ステキだったー。男子と来たいとは一切思わない、アラフォーなのであった。

とりあえず今日はここまで。
旅行・アウトドア | TB:× | CM : 1
  [ キムチ色。 ]
2012-06-01(Fri) 23:17:53
鶴橋に行って来たー!

全然キョーミないけど、韓国アイドルの店とか超面白かったー。

アイドルのグッズがなんかもう、商魂逞しくてウケた。抱き枕とか、変な時計とか、あー。

ほんで、グッズと化粧品とトウガラシのキーホルダーなんかが点在しているカンジ、このゴチャゴチャ感、好きなヒトにはたまらんよなーと思って、ちょっと韓流好きが羨ましくなった。

鶴橋からちょっと行ったトコロに、桃谷駅寄りになるのだけど、本格的なコリアン街があって、屋台のフードとかジュースとか、すごく惹かれた。どれもこれもスパイシーで美味しそう♪

1枚50円のフェイスパックを「そんなに買うん!?」ってビックリされるくらい買ってきたので、コレから毎日パック生活です。ウフフ。

お昼に食べた冷麺セットとチジミも、夜に食べたサムギョムサルやゴマの葉のキムチも強い何とかっていうお酒も、何もかもとっても美味しくて大満足で、キムチの日だったのでお土産に買って帰って、キンパも買って帰ってウキウキなのだけど、今尚カラダがキムチくさい気がするのは気のせいでしょうか。寝ます。
旅行・アウトドア | TB:× | CM : 0
  [ お江戸備忘録。 ]
2012-05-16(Wed) 23:12:54
今日は手短に、東京旅行初日の備忘録のみ。

今回はひかりグリーンでの往復。

やっぱりグリーンはイイです。ひかり早得切符にすると、片道14500円。
のぞみ普通車指定が14500円だから、同じ値段でしょう。

30分速いのを取るか、広々快適なのを取るか。

私は誰だか知らないヒトが長時間隣りに居るという空気がホントにムリなので、多少高くても遅くても広々快適を取る。

そういえば昔、出張で東京行く時にヒトリだから3人シートの窓際に座っていて、京都からインド人2人連れが乗ってきたもんで閉口したコトがあったよ。ものすんごい独特の甘い香りがするコーヒーの魔法瓶と、なんで朝からそれを食べる!?と衿を掴んで問い質したくなるようなスパイシーな匂いがするカレーみたいなよく分からない食べ物を食べていて、その2つの匂いのミスマッチ感にやられて2時間程悶絶したコトがあったよ。

今回の真一舞台はシアターコクーン。

一昨年暮れに北村一輝舞台「黴菌」に行って以来の会場ですね。

コクーンの近くにはパルコ劇場もあるし、舞台大好き人間にとっては夢のような場所ですなあ渋谷。
こっちに住んでいたら毎週のように何らかの舞台を観に行っているだろうなと思いました。関西に来てくれない作品が多いのだよ。来ても短い滞在だとタイミングが合わなくて観られなかったりするし。

もうヒトリでも全然迷わないで行けるけど、心配してにょりちが付いてきてくれました。

パルコや109、H&Mなど買い物環境もバッチリ。勿論、カフェなどの飲食店事情もバッチリ。賑やかだけど、キライじゃない渋谷(新宿はキライ)。

舞台はなんやかんや言っていつも良席で観られる私ですが、久しぶりに席運に恵まれず。
1回目は中2階、2回目は1階席後方。

シアターコクーンは作品によって舞台の組み方が変わるので、どんな席でもその時々で観易さは変わるから本番入らないと分からないようなトコロがあるのだけど、今回の作品は頗るストレートな舞台形状で、まあまあの観易さでした。中2階でも前方だったので、肉眼でも皆さんの表情はバッチリ見えたし。勿論、真一も。
ただ、客席降りが結構あったので、こういう時こそ1階席前方が良かったなあと悔やまれます。

演出の岩松了さんが客席後方で観ていましたね。初日間もなくだったからなのかな。毎日観ているのかな。オンナの園みたいだなーとヒトリ感心しておりました。

舞台感想は日を改めて書きたいとは思っています。
旅行・アウトドア | TB:× | CM : 0
  [ サザエさん。 ]
2012-05-13(Sun) 22:36:56
堤真一だけじゃないんですよー。

ちゃんと東京観光もしてきたんですよー。

というトコロを見せるために今回は世田谷区桜新町へ行ったエピソードを、主に写真と共に。

東京以外にお住まいの皆様、世田谷区桜新町ってご存知ですか?

ご存知のアナタは私と同じくサザエさん族。

そうです。

サザエさんの町なんです。

桜新町駅の改札を出ると、地図にも案内版にも「サザエさん通り」の文字が。

フェチとしては相当テンションが上がります。正直言って、堤真一と同じくらい上がるよ。

時間の関係で今回は行けなかったけれど、この町にはサザエさんの生みの親である長谷川町子美術館があり、サザエさんを始め、いじわるばあさんなど長谷川町子先生の素晴らしい作品や原画、生い立ちなどを垣間見るコトが出来ます。

私は過去2度訪れたコトがあるのですが、初めて行った時にサザエさん誕生エピソード(年表)を見ながらボロボロ泣いてしまって、館内のヒトにご迷惑をかけてしまったのが懐かしい思い出です。←迷惑な客。

それくらい神聖な場所というコトですよね、ファンにとっては。

桜新町駅下車、徒歩5分くらいのトコロにあります。意外と交通も便利。渋谷からめっちゃ近いの。

町の至るトコロにキャラクターが出没。

特に商店で目立つんですよね。

今回イチバン笑ったのは、不動産屋さんの前にいる花沢親子。コレは良い宣伝になるかも~。

買い物姿のワカメちゃんも可愛かったです。なんかもう、いちいちホッコリする。こういう町に危険は潜んでいない気がしてしまう。サザエさんオーラ、強し。

で、今回のメインイベントー。

磯野家&フグ田家の銅像!!!

3月25日に除幕式を迎えたばかりの銅像は、昨年サザエさんが生誕65年を迎えたコトを記念し、建てられたモノだそう。長谷川町子美術館と地元商店街との更なる絆を結び、振興を目的としているのだとか。

銅像は、桜新町駅出口の3カ所とサザエさん通りの交番前の計4カ所。

サザエ(3体)、カツオ(2体)、ワカメ(2体)、タラ(2体)、マスオ、波平、フネの全12体で、「歩行者の安全に配慮したデザインを心掛けた」とのコトです。

残念ながら、交番には行けなかったので私が見られたのは9体。

次回はきっとリベンジしてやるー。←また行く気。

波平さんとタラちゃんの毛はシリコン…と聞いていたのですが、タラちゃんには確かにシリコン毛が3本そびえていたものの、波平さんには毛が1本もなく。

「抜かれてるんとちゃう!誰やねん!!」

と大騒ぎしていたら、そこら中のヒトが集まってきて「なんだなんだ」と騒ぎに。

にょりちが恥ずかしがって、

「やだー、ムリー、恥ずかしいー」

などと言うので渋々立ち去りましたが、波平さんの毛の行方を調査出来ず心残りです。これまた次回必ずチェック。
旅行・アウトドア | TB:× | CM : 0
  [ そんなワケで。 ]
2012-05-09(Wed) 18:51:37

真一に会いに江戸参入中です。

シアターコクーンのポスター、任侠な真一がステキ過ぎてオエー。←いつものコト。

張り切ってポスター画像を撮ったら反射して白ボヤーンやし…。

某出来事起因でにょりちに会ったらちょっと怒られるだろうなーと思ったら、ちょっとどころかめっちゃ怒られたよ。ふー。

某出来事起因でニャオちゃんにまた心配かけたし。

多分カッパちゃんも気にしたんちゃうかなと思う。めっちゃ優しいメールくれたし。←いつも優しいんですよ。

皆様、毎度ごめんなさい_(._.)_

反省しながら江戸におります。

お詫びにこれからは毎日ブログ書くように命じられたので、出来るだけ頑張りまふ。
旅行・アウトドア | TB:× | CM : 0
  [ 春の京都を堪能。 ]
2012-04-17(Tue) 21:59:27
アップしようアップしようと思って放置していた、3月中旬に行った京都のハナシをー(今更)。

よもや、結構短いスパンで連続して京都に行ってきました。我が家から約1時間、今回は阪急電車の旅。

こんな短いスパンで京都へ行くなんて思いもよらなかったのだけど、こちらはホントに行きたくて、以前から心待ちにしていたのです。やっと敢行~。

記憶に新しいノロウィルス騒動も覚めるか覚めないかの時期だったし、病み上がりの不安定さに弱冠ビクビクしつつ、固形便が出たコトで安心しつつ、いざ行かん。

事前にお母様に、

「なあなあ、あさって京都に行くんやけど、大丈夫かなあ?」

と子供らしく聞いてみたトコロ、

「そんなもん、下してないんなら大丈夫よ。一応、陀羅尼助丸を飲んでおき」

とあっさり許可が下り、言われた通り陀羅尼助丸を飲み、念のために2包を常備していそいそお出かけ。

病気のせいであっさりしたモノしか食べていなかったせいか、コッテリしたモノを欲して、道中「コロッケ食べたい」とばかり言っていたので、最初心配していたカッパ嬢も「良かったな、元気になって」と半ば呆れながら言っておりました。
だって、京都と言えば、出張校正の途中で買い食いするコロッケが印象深いんやもんー。コレ、内輪にしか分からんけどー。

では、画像で綴る京都の思ひ出。

まずは御金神社。

住宅街に突如現れる金ぴかの鳥居、

借金返済祈願など鬼気迫る願い事が書かれた絵馬、

真剣な参拝客。

これまでで一番緊張感漂う神社でございました。

お金持ちとは言わん、せめて小金持ちになれるよう、財布に入る小判守を授けていただきましたー。お姉様の分も。

世界遺産の中でも地味な存在(あくまで個人的イメージ)、二条城。

出迎えてくれる武士の方々がリアリティあり過ぎて怖い。入城早々目にした時もびびったけど、帰り際にもまるでお初にお目にかかる勢いでびびりました。

一部工事中だったのが残念ー。

お城跡に登って市街を見下ろしてみた。敷地内の広さにビックリ。

梅の花がキレイでした。大好き、梅の花。

続いて、安井金毘羅宮。

縁切り&縁結び神社として有名ですね。

お願い事を貼った岩(?)の間を潜り抜けて往復したら、悪い縁は切れて、良い縁を呼び込むという謂れがあるらしい。コレを試すのは相当恥ずかしい。

身体の柔らかいカッパ嬢はラクラク試しましたが、私は躊躇してノーチャレンジ。

おかげで、今なお旅人クンとの縁が切れません(果たしてコレが原因か?)。

安井金毘羅宮の近くにあったカフェ。

なんだろう、入り口ドアの上に描かれた絵…。アートなのだろうか?微妙…。

ちょっと惹かれたのですが、なんだかんだウダウダ悩んで結局入っていません。

神社仏閣好きのカッパ嬢と私は八坂神社にもお参り~。

よくよく考えたら、何十回と通っている神社だけど、ちゃんとお参りするのは初めてな気がするわ。

ランチは京都駅ビルの中華料理屋さんという、およそ京都らしくないトコロで摂ってまいりましたが、スイーツは京都っぽいモノをチョイス。

こんなトコロにこんなお店が!?

と思われるような穴場カフェを発見し、とっても得した気分でした。

都路里が大行列で行けなかったので残念ー。抹茶のスイーツは苦手なのですが、都路里の白玉パフェに入っている抹茶生クリームだけはイケるのよね。


ものすごく歩いて色々回ったくせに、最も記憶に残っているのは、鴨川のほとりで見かけた、死んだように横たわっている中年男性。

とても不自然な姿でコートも着ずに横たわっていて、ビクリとも動かないので、てっきり息がナイモノと思われましたが、泥酔しているだけだったという。

私達同様に散歩しているヒト達は皆気にしつつ、でも見ないふりして通り過ぎて行くのだけど、どうしても気になって気になって、交番に入って報告した次第です。

鴨川だけに、「京都地検の名取裕子が来たらイイのに」「いや、京都迷宮案内の橋爪功やろ」「副署長(船越)もお忘れなく」など冗談を言いつつ本気でドキドキした。殺人事件に巻き込まれるかと思いましたよ、マジで。
旅行・アウトドア | TB:× | CM : 0
  [ 京都へ。 ]
2012-03-06(Tue) 23:27:23
チームの皆と京都へ行ってきましたー。

前から京らしい創作ランチやスイーツを食べたいと言っていたのだけど、私が風邪を引いたり忙しかったりと、なんやかんや予定を延ばして貰っていて(私に構わず行ってとお願いしたんだけどねー)、2ヶ月越しに実現したカンジ。

あまりに延期されていたので、行く前は気乗りしなかったのだけど、いざ行ってみたら、料理は美味しく、暖かい気候は散策にピッタリで、それなりに楽しかった。でもやっぱりちょっと連日のハードスケジュールの中で気を遣ってしまって、夕方以降からはノドが痛いし頭痛もするし、なんとなく体調不良に。

予約した創作和食のお店の外構えと、店内の様子。風情たっぷり。三条にあります。

厨房の写真も撮ったハズなのにデータが飛んでしまっていた。

ランチとデザート。

雑穀米のお粥に吸い物、イワシの梅煮、風呂吹き大根、白身魚の西京焼きや茶碗蒸し仕立てのお豆腐など。どれも美味。以上で2000円は安い。

デザートのシャーベットは超酸っぱくて、舌がたちまちサッパリしました。

趣のある商店や団子屋さんを通り抜けて、腹ごなしに20分程かけて散策しつつ、小川のほとりを歩いて大通りに出て。

途中、小川にかかる細い橋を渡るか渡らないかで小喧嘩を勃発させて。勿論、狭い細いという不安定さが大の苦手な私は渡らない派。渡らず先々歩いて行ったら、ゴール地点にちゃんと渡れる歩道が控えているじゃないか。そりゃそーだ。



平安神宮に到着~。




広~い!!




なんか、厳か。




なんか、不思議な像。

おみくじ引きました。大吉でした。
こいつは縁起がいいぜ。バンザイ。

もうヒトツ、縁起のイイモノに遭遇。

京都名物(?)、四葉のクローバータクシー。

三つ葉はよく遭遇するのだけど、四葉は滅多に走っていなくて、コレを見かけたら願い事が叶うと言われているのですって。

早速、タクシー目掛けて願い事を唱える私とYちゃん。隣りに平安神宮がそびえているというのに、なんつームボーな神頼みや。



Tちゃんがテレビ番組で見つけて以来、行きたい行きたいと思っていたというタルトタタンのお店に行って来ました。

雰囲気、イイカンジ。
でも、お隣の洋食屋さんに惹かれる私。根っからのしょっぱみ担当。


コーヒーカップがオサレでサイケで、タルトタタンは冷たいのかあったかいのか選べて、あったかいのにしたらリンゴがホクホクでとろけるくらいの美味しさと酸味が絶妙で、その他にも胡桃のケーキとか濃厚そうなチョコレートケーキとかあって、ソファ席とかあって、とっても惹かれる洋書もあって、ヒトリで本を手に何時間でもこもっていたい雰囲気の、とってもステキなお店だなあと思いました。

あ、禁煙です。

そのあとは、陽気なタクシーの運転手さんにガイドしてもらいながら、錦市場へー。

豆乳タルタルソースをかけたフランクフルトと食べてー、
牡蠣食べてー、白ワイン飲んでー、
サーモンのカルパッチョの串刺しを食べてー、

なんか、食べてばかりの遠足やな。



翌日は早番だったのと、風邪が悪化してはいけないのとで、夕食は摂らずに現地解散しました。

西利でお漬物と梅肉を買って帰り、帰宅後早速ご相伴。

京都は美味しいモノがイッパイですね。お腹が満たされて大満足です。
旅行・アウトドア | TB:× | CM : 2

copyright © 2017 Cheap chic!~日々本能のまま~. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。