Cheap chic!~日々本能のまま~

「生活は簡素に理想は高く」をモットーに、毎日楽しく生きています。基本的に亀更新です。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 友達と同僚の境はあれど。 ]
2012-12-14(Fri) 19:46:19
ニャオちゃんと久しぶりにお喋りしてホッコリした。

面白いし深いしムシャクシャするとこもモヤモヤするとこも一緒だし価値観似てるし冗談通じるし信用できるし何でも話せるし、とにかく楽しい。楽しいって大事。

字面だけではダメ。やっぱり話さなきゃなーと思う。

最近のツキモノが落ちた気がした。もうヒトツのツキモノはもうどうでも良いもんねー。べーっ!←どうでも良いとか言いながらアンタ。

夜は、近頃恵まれない(ちょっと言い過ぎだけど)環境において何かと意見の合う同僚とゴハン。

主に、同僚の愚痴を聞くというスタイルでしたー。予想済。

ハナシの内容もやや暗ければ照明も暗いお店でした。気分が落ちるわ。



後半は楽しいハナシに持ち直してなんだかんだで終電近くまで飲んで、雨に打たれて電車へGO。

タクシーが珍しく捕まらなくて難議したー。難儀とかブログで使うの初めてかも。難しい字面ですね。
スポンサーサイト
ファミリー/フレンズ | TB:× | CM:× |
  [ 仲良し忘年会。 ]
2012-12-13(Thu) 23:33:14
これまた少し前の忘年会。こちらはお馴染みM先輩、H先輩、スタイリストNさん、オサレAさん、キムコ、ヤトキチ、遅れてカメラマンK君とAクン、営業のF氏が参加して。ワイワイ。キタだったので、知り合いに会わないかとヒヤヒヤ。

飲兵衛ばかりが集まっているのでとことんワインを制覇しよう!的な忘年会です。そのくせ、ワインの写真がなーいー。

ワインに合う料理ばかりをチョイスー。特に、トマトを潰して食べるクリームペーストが美味しくて、ほっぺが落ちそうでした。




年々書いているけど、年々減っていく行事の集まり。
来年はまず仁川の花見から再開したいね、というハナシで盛り上がりました。が、去年も言ってたんじゃない?七夕も流しそうめんもハロウィンもー。何もやっていない今年。ショボン。

私達がそれだけ他に興味が出てきたというコトだーとはOリンの弁。そのOリンが風のように消えてしまったからこんなコトになっているんじゃん。…などと恨み言を言うのにも飽きた。

OリンもDちゃんもいないけれど、2人の話題は当然出てくるのです。笑えるけど寂しい。

そして、元々結婚していたNさんとH先輩以外誰も結婚してない!!10年付き合ってるんだよ、私達。10年以上の付き合いのヒトもいるけど、誰ヒトリ進展ないってなんなん!K君、なんなん!

A君は高嶺の花に恋をし、失恋した傷がまだ癒えていないらしい。後半は、殆どA君を励ます会と辞めるなよ会で盛り上がりました。あー楽しかった。

忘れないようにメモメモ、年明けは例の舞台にM先輩&Nさんと一緒に行く!

来年もこのメンバーで集まれますように。細々でもイイから、いつまでも仲良くやっていきたい!
ファミリー/フレンズ | TB:× | CM:× |
  [ 言わんこっちゃない。 ]
2012-10-12(Fri) 23:12:34
キムコに会ってきたら、テンション低くて困った困った。

あの長文メールについて一生懸命釈明していたけど、反省が過ぎたのか終始暗かった。ウケるー。

元々ネガティブなコなので、そういうのには慣れているニコさんです。ホントは明るいのにわざと自虐を装う才女。

でも、コレ言う時だけテンション上がってた。

「先輩のブログ内をキムコで検索したら94件もあったんですよー。
でも、ニャオで検索したら57件なんですよー。
大差付けててちょっと嬉しかったですー」

ひえー!

どんだけー。

しかしキムコよ、君はお忘れか。

このブログは2005年から始めている。

キムコとはその頃から知り合いなのである。

一方、ニャオちゃんがこのブログに登場するようになったのは早くても2006年か2007年(と思われる)。

付き合いが短い方が、ブログ出演数が少なくなるのは当然なのである。

しかも、当初はニャオちゃんと呼ばずオーモチと書いていたのだよ。

キムコには言わず、帰宅してこっそり調べてみた。

オーモチを検索すると40件。

ニャオちゃんとオーモチとを足すと97件。


にゃ、にゃんと!!


キムコ、負けてるよ!負けてる!!


久しぶりに食べた某店のケーキ。タルト部分が香ばしくて美味ー。
クラフティ

キムコの機嫌が直るのはいつのコトだろうか。面白いからそのままで良い。
ファミリー/フレンズ | TB:× | CM : 0
  [ 肩を寄せ合い。 ]
2012-10-04(Thu) 23:00:58
脳幹という、言わば脳の中枢部分(=運動能力を司る部位)に梗塞が発見された父。
血栓は細い血管にあり、手術は不可能。キツめの早期点滴治療しかない。
しかも、なかなか重い(壊死までは程遠いけれど、割と重度だそう)糖尿との合併で、治療が困難。
最初の2日間が肝心で、「幾つもの点滴を投与してみるがどちらに転ぶか分からない」と言われていたため、一時はどうなるコトかと思われたのですが、おかげさまで良い方向へ転び、著しく快復していって、麻痺も残らず今ではゆっくりと歩ける&話せるようになりました。

右半分に力が入らず、立てず、歩けず、喋れず、字が書けず、嚥下障害も起こっていた当時を思うとウソのよう。
ホントにありがたい。

初日に病院へ向かう際、自分のカラダの異変に並々ならぬ覚悟を抱いたのか、強張った表情で付き添う母と私に向かい、「銀行に●●万円の預金があるからいざという時は使ってな」とか「●●さんに連絡してな」などと遺言のようなコトを父が次々言い残していくので、私達はすっかり怒ってしまって、「そんな、今すぐ逝ってしまうようなコトを言わないで!」と詰ったものの、その後長く続く検査やインフォームドコンセントを経て帰宅した時にはヘロヘロで、母などは憔悴しきっていて、ポジティブなニコ家も相当まいってしまったのか、「お父さん、死ぬかもとか思ったんかな」「いつかはこんな日が来るとは思ってたけど、まだ早いよね」「お父さんがいないと寂しいね」など、気弱なコトを次々吐き出していった次第。

仮に命が救われたとしても、麻痺が残り、寝たきりになったりしたら、介護とかどうしようとお先真っ暗なキモチになったり、何より父が可哀相だと悲しくなったり。
母には言わなかったけれど、色々なコトを考えてはかき消し、考えてはかき消し、泣いたら最後、止まらなくなりそうなので必死に堪えて、そんなこんなで当日の夜は眠れずまんじりと夜を明かした記憶があります。

が、それもその時だけ。

色んなご家族の色んな事情などを色々思い浮かべて、如何に我が家がこれまで幸せであったかを痛感し、感謝したせいか、翌日には「なるようにしかならん」と腹を決められたのも、切り替えのきっかけとなってありがたかった。

翌日からは、今まで父がやってくれていた家の用事を率先して行うようにし、少しでも母の負担が軽減されるように努めて。
毎日姉夫婦から電話がかかってきて病状報告をして。
ボスに事情を話して残業を減らしてもらい、会社帰りや行きしなに出来るだけお見舞いに行って。
リハビリになると思い、クロスワードパズルを買い漁って持って行って。

3日目くらいかな、右半分は不自由そうだけれど明らかに元気な笑顔を見せる父に会い、危険な状態を脱したコトを知りました。

気力がイチバンモノを言わせたと思うのだけど、運動能力の高さと他の部分は極めて健康であるコトとが快復を早めた大きな要因になったのだとか。
しかも心配を押し殺している母と私に比べ、本人はお気楽。呑気。そして、この状況を楽しんでいる余裕も。
いつ行っても、足をリハビリの要領で運動させたり、指の筋力を高めるボールでトレーニングしていたり、クロスワードパズルを一生懸命解いていたりと、自分で「治していこう!」という意志の強さを感じました。

幼い頃から父によく言われてきた、「ヒトに出来て、自分に出来ないワケがない、ぐらいの意気込みで挑め」の精神を目の当たりにしたカンジ。

病は気から、と言うけれど、あながちウソではないなーと思いました。勿論、気力を以ってしてもどうにもならないコトだってあるのだけど。こじつけかもしれないけど。

先週から何度か姉とココアさんが泊まりに来て、ニコ家の励みになってくれました。
母と3人で食卓を囲み、一家団欒。私が不在がちなもんだから(それでもだいぶセーブした)、母にとっては賑やかさを取り戻してだいぶ嬉しかったみたい。

今となっては笑えるエピソードも沢山あるのだけど、笑える余裕が出てきたコトがありがたすぎて、まだ笑う気にはなれない。
親しいヒトや友達は会う度に心配してくれたり、細かいトコロまでいちいち私が報告するのを「良かったねー!」と物凄く喜んでくれたり、ホントに優しくて温かくて、心にジンと沁みました。この場を借りて、ありがとう。

まだまだ書き足りないし、書けない思いも沢山したし、思い出してもフワーッとするのだけど、現段階で1つ言えるのは、今回の経験でとても多くの優しさに触れて、私自身も感謝の思いでイッパイだというコト。

こんな経験でもしないと分からないのかーってカンジだけど、分からないのだよね、なかなか。

小さな優しさを少しずつカラダに積み重ね、経験を糧とバネにしながら、私達は日々成長していく。
養分として蓄えた優しさを、今度は自分がヒトに分け与えていきたいなーと思いつつ、父の闘病生活に寄り添っているのでした。
ファミリー/フレンズ | TB:× | CM : 0
  [ 2012年敬老の日。 ]
2012-09-18(Tue) 00:09:02
お久しぶりです。

なのに書くコトがちょっとヘビーになって申し訳ないのだけど、

今日はニコ家にとってあるイミ特別な日になったので、その記録を。

父が入院しました。

私が生まれて以来、家族全員割と健康で、ありがたいコトに誰ヒトリ入院なく過ごせてきたので、コレはニコ家の一大事、スペシャルセンセーショナルな出来事と言えましょう。

父は元々「高血圧」「糖尿」を持病としており、常々「脳梗塞」を引き起こすかもしれないから気をつけるようにと掛かり付けの医者から言われていた、言わば脳梗塞予備軍。

タバコをやめ、お酒の量も減らしていたけれど、味の濃いモノを好んで食べるため、「脳梗塞」の気を知らず知らず備蓄させていったらしい。

今朝、いつも通りラジオ体操から帰ってきて、朝ごはんを食べかけている最中に不調を訴え、近くの県立病院へ行き、脳のCTを取るも異常が見られず、高血糖の影響ではないかとの見立て。

点滴もせずにそのまま帰らされ、掛かり付けの医者処方の薬を飲むも午後以降更に不調度が増し、キモチは物凄く元気で、口も結構達者なのに、カラダの右半分が自由にならなくて箸も握れず(でもフォークで食べられる)字も汚く(普段は達筆)ラ行の呂律も危うくて、なんでやろーなんでやろー言いながら夜に突入。フツーに食事を済ませたものの、胸騒ぎがした母と2人で家族会議の結果、別の病院へ行くコトを決意。

近くに住むもう1人の叔母と連絡を取り、救急車を呼ぼうかとアレコレ思案しているトコロに、姉夫婦が何の前触れもなくやって来たので、救急車を呼ばず、皆でやや離れた総合病院へ向かったという次第です。やや離れたと言っても、超近くの県立病院よりは遠いだけで、自宅からは徒歩10~15分。近い。

ビックリしたのは、姉夫婦の到着。

朝、状況を説明していたとはいえ、「そのまま帰されたから大丈夫っぽい」と報告してそのままにしていたので、姉も「大丈夫か」と思っていたそうだけど、義兄タカオちゃんが帰宅してすぐ「様子見に行った方がいい」と言ったため、ゴハンも食べずに取り急ぎ来てくれたそう。
そしたら、ちょうど再来院の予定を立てていた私達とバッタリ出くわし、一緒に病院へ向かうコトが出来たという経緯。

おかげでめっちゃ心強かったー。男性が1人いるかいないかでこうも変わるとは。

しかも、二度目の総合病院に来ていた当直医が大学病院の脳外専門医という偶然。
若い医師だったけど、テキパキ指示してくれ、インフォームドコンセントも的確で安心感があった。
脳の病気は麻痺が残る可能性も高く、父のケースは手術不要で点滴治療とリハビリ治療が中心になるとのコト。
最悪を予測しての見解や治療計画をズバッと説明してくれたので、よく分かったし、何故最悪を予測しての説明をするのかという理由まで懇切丁寧に教えてくれて、ありがたかった。

MRIや入院の説明やらで、とにかくハナシを聞く時間の長かったコト。

途中、父がこんなコトに…と泣きそうになったけど、命に別状はないと断言されたので、前向きスイッチに切り替え。

自宅リハビリになれば大変かもしれないけど、まだ来ていない結果を予想して悲観的になるのはやめようと思いました。

毎日スポーツクラブに通うアクティブな父だから、入院生活は退屈だし苦になるかもしれない。でも、運動能力が高いので、リハビリには効果的と言われ、良かったなーとひと安心。

とりあえず病院にいる間は私達の出番はなく、経過報告を待つばかりなり。

母も私もこの先何件か予定を入れていたので、お互いの予定を確認し合うお気楽さでしたが、母は母でホントは頭真っ白になった瞬間があったらしい。

そりゃそーだよねー。

そんなこんなで1日中バタバタフワフワしておりましたが、症状的に入院となって、まずはホッとしたというのが本音です。

怠いと言っていた父のカラダが少しでも楽になったらイイなと、今はひたすら願うのみ。そして、私もダイエットするのみ。
ファミリー/フレンズ | TB:× | CM : 0
  [ そうだ、そうだ。 ]
2012-07-14(Sat) 13:14:03
思い出した、忘れないうちに書かなきゃ。

昨日は飲み会で、盛り上がってめっちゃ楽しかったんやけど、1日を振り返ってもイチバン笑けたのは、ニャオちゃんからのメールやから。キムコすまん。思い出してはニヤニヤしたり、そのメール読んだりしてすまん。

なんやかや酔っ払い、返事出来てないんやけど、電車で声上げて笑ったから!!

だって、

だって、

せっかくのコジャレた柄のnikoのお洋服を「沖縄のオバハン」ってアンタ。

ビッケー!!
ウケルー!!

言うに事欠いて、沖縄のオバハン。

沖縄のオバハンに謝れ!!


んで、M先輩に、

「なあなあ、沖縄のオバハンってどんなん?」

って聞いたら、

「え!見たコトがないから分からん」

言われたし。

私もない。

沖縄のヒトもないやろ、オバハンは。

関西ローカルやろー、オバハンは。

あー、アカン、まだうけるわ。

スッゴク可愛くて上品な柄と色味なんですよ。

ニャオちゃんは二度と着ない気がするわ。
ファミリー/フレンズ | TB:× | CM : 0
  [ 仏のミドリーヌ。 ]
2012-06-24(Sun) 11:39:34
さて、一応アラチファンのワタクシ故、現在はアラチイベントのチケ争奪戦真っ最中なワケですが、ローチケの会員登録をすべきかどうかすら分からない中、私の友達(ミドリーヌからは赤の他人)の確認ミスで、する必要のないローチケ有料会員登録をミドリーヌがする羽目に。

「200円だし、内容も確認出来たし、もうイイよ」とミドリーヌは言ってくれたけれど、別の友達はすっかり意気消沈してしまい、「絶対払うからーm(__)m」と言ってきて、間に挟まった私はそれをミドリーヌに伝達して、「いいよ」「払いますー」「払うって」「いいよ」「突然持って行くので渡しといて下さい」「分かった」みたいなやり取りを、他の伝達事項も交えてメールで行ったあげく、最後にミドリーヌが、


「持ってきたら怒る」


とメールしてきたので、一瞬無言になったあと、めっちゃくちゃ笑いました。

だって、怒るって怒るって、ミドリーヌがー!!!



…どういう風に?(やっぱ皆そう思ったダロ?)



コレはミドリーヌのキャラが分からなければ笑えないハナシです。
ファミリー/フレンズ | TB:× | CM : 0
  [ 休息日。 ]
2012-06-10(Sun) 23:24:28
昨日はプチ怒涛の1日。

まずは朝っぱらからクリーニングを出しに自転車でえっちら行って、一旦家へ帰って洗濯してお部屋の掃除をしてやりかけていた衣替え最終章に手を付けたら収拾つかなくなって、時間がナイ!と慌てて神戸の皮膚科へ向かって受付終了ギリギリ間に合って、朝から何も食べてないコトに気付いて行きつけの洋食屋さんでオムライスを食べて、そのあと久しぶりにピッコリさんの視察へ行って、レッスン終わりにミクロちゃん(姉)と中華料理を食べながらあーだこーだ話して、帰宅しようとしたら元町駅で電車の扉吸い込み事故が起こったとかで遅延になっていて、通常30分で帰れるトコロを途中で止まり止まりしながらだから1時間掛かって、ようやく家に着いた時にはグッタリ。まー、時間に追われる1日だった。でも楽しかったしやりたいコトはとりあえず全部出来たから結果オーライ。

今朝は珍しくパパリンが「ホテルのモーニングに行こう」などと言い出したので、家族皆で地元の大きなホテルへ朝からいそいそ出かけた次第。
ビュッフェと言ってもそこは下町のホテル、それほど豪勢ではなく至ってシンプル。
でも、和洋揃っていて、スコーンみたいな美味しいパンもあって、なかなか充実していたと思います。

調子に乗ってツイッターで呟いたら、ミクロちゃんに「なんですとー!(怒)」と激怒された。ママリンにも「お姉ちゃんは行けないんだから可哀相でしょー」と怒られた。家族愛ですね。

家族愛といえば、ちょっと違うのだけど、昨日の夜遅くに旅人クンから用事で電話が架かってきて、無愛想に喋っていたら「営業っぽく喋ってよ」とか言うので、悪乗りして営業声で愛想トークしてみたトコロ、「声だけだとエレガント以外の何者でもないね」と言いたかったであろうトコロを「声だけだとエレファント以外の何者でもないね」と言ってきたので、「エレファント!?」「象!?」「体が大きくなりつつあるからって、まさかの象!?」などともう可笑しくて可笑しくて、夜中だから余計可笑しくてゲラゲラ笑っていたら、韓流ドラマで夜更かししていたママリンに、「うるさいよ、何時だと思ってんの」と怒られた次第。ついでに「誰と喋ってるの?」と聞かれたので思わず「お姉ちゃん」と答えてしまった…。お姉ちゃん、ゴメン。

いやー、紫陽花が美しい季節ですね(いきなりどうした)。

入梅するとジメジメして鬱陶しい季節到来ですが、それが明けると夏本番。開放的な気持ちになってウキウキしてきます。

リフレッシュしたい、旅行したい、心の洗濯がしたーいー!!と方々で叫んでおりましたワタクシ、持つべきモノは志同じくする友達です。まずは6月末に近場で贅沢なホテルスティを叶えるコトになりましたー。今から楽しみ♪それまで仕事頑張って体調整える!ルンルン。
ファミリー/フレンズ | TB:× | CM : 0
  [ Kちゃんと。 ]
2012-06-06(Wed) 23:49:55
0230.jpgカワユイ後輩のKちゃんと久しぶりに会ってきたー。

実に1年半ぶり?出産直前まで1ヶ月に1回は会って神戸やくずはモール(笑)や色んなトコロに車で行っていたんだけど、出産後はお互い忙しくてなかなか会えずじまいで。
それでもこうして繋がっていて、改めて会えるっていうのはご縁以外のナニモノでもないなあと思うのであります。

しかも、久しぶり感が全くなかった…。もう、勢い良くてうっさいうっさい。相変わらずの賑やかし!

でも、基本、気遣い屋さんで優しくて、さりげない思い遣りに満ち溢れたコなのです。大好き。

私、思い遣りのないヒトとは長く付き合えないタチなんだわ。今更ながら思った。

←んで、この画像!!

しばらく会わない間にすっかり韓国アイドルに夢中になっていやがったー。アラチはいずこへー!!
しかもなんやねん、このヒト世代前のグッズは。中2か!

なんば線コンシェルジュをやっているので、なんば界隈をウッロウロして、ついでに「テルマエロマエ」も観てきました。北村一輝フェチの私はもちろん、Kちゃんもその煌きにクッラクラきていた。あの一輝はヤバイ。アレなら不倫もしたくなる。←?

0246.jpg前にミドリーヌに連れてってもらったガレットのお店にまた行ってきたー。

チキンのトマトクリームガレット。ヘルシーで美味しい。

食べ始める時は「こんなちょびっと、絶対お腹イッパイになんないよー」と思うのですが、食べ終わるとあら不思議、ポンポコリンに満たされちゃっているのです。面白い食べ物だなー、ガレット。

クレープ系は食べたコトがないので、次回トライしてみたいと思う。禁煙なのでニャオちゃんやキムコは連れていけない。ゴメリンコー。

なんばのネタはたんまり仕入れたので、徐々にアチラでUPしていきます。うほほ。



AKBのは、贔屓のあっちゃーんが出ないので録画もしていなかったのだけど、まあ予想はついたとはいえ、1位あのまんまじゃつまんないねー。カワイイけどつまんないんだよ、あの子は。

あっちゃーんがいなくなったら、個人的にあっちゃーんはずっと好きだけど、AKBとしては興味失せるなあ。サッシーも最近はハナにつくし、たかみなとか篠田さんとかはフツーに好きとはいえつまんないしー。世代交代しとこか!そろそろ。
ファミリー/フレンズ | TB:× | CM : 0
  [ 久々に。 ]
2012-05-17(Thu) 21:14:00
姉と姉の愛犬ココアさんが我が家に泊まりに来ています。

誕生日を迎えたばかりのココアさん、3歳。

もうすっかりオトナになった感が…。いや、まだまだ子供か?
犬の年齢ってイマイチよく分かりません。

バーバパパに出てくるバーバモジャにそっくりです。相変わらず黒くてキュートなお顔立ち。



そして、とにかくよく寝る。

横倒れになってフーフー言いながら寝ている。カワイイ。


やたら公園が多い我が町。

散歩スポットには事欠きません。

姉の後姿。男の子みたいー。

アップするなと言われましたが、コレくらい引きだと大丈夫だろ。載せたもん勝ち。エヘヘ。



例の如く、姉の召使いと化して、お昼ご飯やお酒に合うおつまみなんかを作らされましたー。

ちょうど、なんばパークスのジャム屋さんで美味しいトマトクリームソースを買っていたので、少しアレンジを加えて鶏もも肉のパスタを作ったら大好評。

魚介類以外ナニに合うかよく分からないので、家ではあまりトマトクリーム系パスタは作らないのですが、コレを機に自分でも生クリームやホールトマト等でちゃんと作ってみようかなと思いました。

白ワイン、赤ワインと昼間っから飲み明かしたので、絶対に2キロは増加していると思われる、私の体重。ガーン。

姉が帰ったらダイエット開始です。
ファミリー/フレンズ | TB:× | CM : 0

copyright © 2017 Cheap chic!~日々本能のまま~. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。