Cheap chic!~日々本能のまま~

「生活は簡素に理想は高く」をモットーに、毎日楽しく生きています。基本的に亀更新です。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 続行中。 ]
2013-09-06(Fri) 21:20:15
昨年末ワーワー騒いでいた紅さん大好き事件ですが、
今年も引き続きワーワー騒いでいる次第です。あー、なんか好き、あのヒト。

過去に私が好んだスターさんとはひと味違うタイプですが、
知れば知るほど、あー、なんか好き、と思うカンジ。

カオに似合わず残念…というトコロ(=期待ハズレな点)が沢山あるし、
ダンスも歌も決してお上手ではないし、
面白い芝居をするなとは思うけど、発声が難なのか滑舌良くないし時々台詞聞き苦しいし、
すっごくカオちっちゃい!すっごく細い!すっごくスタイルイイ!反面、なんか線が細いし、
そんなこんなで芸達者好きの私としてはイマイチーなハズなのに、依然としてなんか好き。
舞台ではミョーなオーラを発していて、得体の知れない底力を感じます。
舞台化粧も凝りすぎ!と言わんばかりに気合が入っていて、それが良いかどうかは別として研究熱心。
面白そー!という期待と共に、ますます見てみたくなる。観てみたくなる。

舞台を降りると面白いナニワのお姉さんで、そこが人気なんだろうけれど、
もう少し落ち着いて、もう少しお上品さも加味されるともっとイイんじゃないかなと勝手に思ったり。
と言っても下品なワケではない。そこがオンナの園マジック。元々お育ちが良いお嬢さんだからね。
サービス精神旺盛なエンターティナーは世間がほっとかないぞ!
というワケで、ドラマ出演を皮切りにメディア露出が増えているみたいで嬉しい。世間が紅さんに注目ってかー!?
ヒヤヒヤするけど、嬉しい。

ロミジュリの時は、ティボルトとベンヴォーリオという対極の役を役替わりでガッツリ演じて、
ロミオの代役までやって、
フィナーレナンバーでは丸々1曲歌う上に男役に囲まれてセンターポジを取って、
冷静に見ると彼女だけが台詞も歌もダンスも役に応じて盛り沢山で覚えるコト最大級!という過酷な状況。
とにかく、ティボルトとベンヴォーリオじゃテンションも違いすぎるし、アタマおかしくなんない!?と心配。
でも、合間の仕事も役替わりのレッスンも自主稽古も黙々こなして、下級生の稽古までご一緒していたご様子。熱心、真摯。
抜擢された下級生さん達も、紅さんの下だとノビノビ出来るんじゃないかと思われる。
ナウオンでは物凄くマジメに語っていて、このヒトって根はすごーくマジメで、他人には寛容で自分には厳しいのではないかなーと推測。
ちゃらけて本音をオブラートに包んでおいて、その実はー…みたいなね。

☆組プロデューサー(知らんヒトやわー)が紅さんのコトを、
「組最大のムードメーカー」と称していたけど、分かるわ。
それにしても、この学年、このポジションにおいて、ムードメーカーってスゴイね。

ナニが言いたいかよく分からなくなってきましたが、
今年も紅さんを応援しているという報告でございました。ついでに同期の朝夏さんも応援しております。
スポンサーサイト
エンターテインメント | TB:× | CM:× |
  [ 2012年、オンナの園と私。 ]
2012-12-27(Thu) 22:45:54
今年も沢山通いました。オンナの園。

チケットは買ったり頂いたり。

まだ頂ける状況なのがありがたいですが、これまた年々減っているのも確か。寂しいー。

まがりなりにも「OG」として出来るだけ売り上げ&発展に貢献したい!ていうか、しろ!という命を受けて、昨年くらいからDCやバウを含めた全作品を観に行くべく頑張ってはいます。頑張ってはいるんですけど、やっぱりバウを含めて全部観ようとするとスケジュールがカッツカツー。

バウはさすがに全作品は観られなかったー。ノゾミさん、スズミさん、ミスズさんを落としました。まー、回数多いし、仕方ないか。

それでも、大劇場公演は制覇したし、バウも半分以上は観たし、DCにも行けたし、まずまずですね。

お金掛かるなーと思うのだけど、どの作品も観応えはあるし勉強にもなるので、一度は観ておきたいのです。

悔やまれるのは、ユズキさんのライブを観落としたコト!!せっかく誘われたのに、ライブだしユズキさんだしスケジュール厳しいし、まっいーか!と思って断ったの!あー!観ておけば良かったー。だってクレナイさんが出ていたんだもんー!!←そこ。

こういうコトがあるから、なんでも満遍なく行った方が良いと思う。

  * * * * * * * * * * * * 

以下は、主にオンナの園に行った時によく食べたモノ。

やはり外せないたこ焼き。そしてローストビーフ。

公演ランチも大好き。たまにハズレがあるけど、概ね美味しいです。

もうちょっとガッツリだともっと嬉しいなー。でも、足りないかも…と思いつつ食べていても、食べ終わった頃にはお腹イッパイになるという不思議。









そして座席。

何処に座ってもそこそこ観易い劇場ですが、やっぱり1階席で観たい。別の前の方でなくても端でもいいのだけど、2階席より1階なんだよねー。

と思っていたのですが、旧大劇場から数えると20年ぶり、新劇場ではなんと初の、B席体験をしたのが今年のビッグポイントです。

すんごい急斜面。急勾配。

高いトコロが苦手なのと階段を下りるのが苦手なのとで、ギョエーと叫びながら席に収まったらなんと、めっちゃ観易かった!!!

その昔、高校生だった姉と中学生だった私は、好きな組を2回は観たいと目論み、1回目はC席で、2回目は従兄のツテで良席にて観劇していたんですよね。あの頃を思い出してちょっぴりキュンときたり。今では大枚叩いて自由に観られるくらい、オトナになりましたー。

先日から書いているように、久しぶりに贔屓のスターさんも登場し、俄かに活気付いてきた私のオンナの園ゆえ、義務感だけでなくワクワク感を以って来年以降は観劇出来そうです。

ただ、来年は99周年、プレ・アニバーサリーイヤーというコトで、かつての大作目白押し!大作と言えば大抵1本モノ!つまんなーい。☆組はロミジュリだけだし、つまんなーい!

そんなワケで、久しぶりにオンナの園カンケイで遠征する予感です。勢い余る行為で関係者各位には既に呆れられているけれど、生温い笑いだけで許してくれるカッパ嬢を巻き込み、東へ西へ縦断だー!いや、できるだけ迷惑をかけないようにします。はい。
エンターテインメント | TB:× | CM:× |
  [ 沸々と嵌まっている。 ]
2012-12-25(Tue) 20:38:14
コレは、本公演後の某イベントで披露したというブ●ギニヨンの双子の赤ちゃん。1年前にリ●ットと結ばれたのに、もうお子様が生まれるとは、やるコトの早いブルギ●ヨンですねー。しかしカワイイー!!

さて。

数日前に「嵌まった!」と書いたら、その記事と画像を見たみぞんから、

「え!?誰?」

とLINEが。

どうやらクレナイさんを知らないらしい。ウッソー。マジでー?と、アホみたいに驚いてみる。

今や飛ぶ鳥を落とす勢いの、☆組の2番手スターじゃないかー。お笑いも出来るナニワのエンターテイナーじゃないかー。

スカステでブルギニ●ンの前作の芝居をオンエアしてくれるみたいなので、今からクビを長くして待っている私です(ブルギ●ヨンの芝居ではない)。あー楽しみ!

それより、「オーシャンズ11」が観たい。

にょりち曰く、私がクレナイさんに嵌まるのは想定内だったそうで、理由は、

「悪い役をして、カオがたまたま好みなら、間違いなく嵌まる」

からだそう。当たっているー!!

ベネディクトとホアキンと、2作続けて悪役が続いたのが大きかった!そうです。私は悪役好きー!!

2番手の時代ってトップスターの対の役を演る機会が多いので、ホントにこれから先が楽しみ。

どうかまだまだトップにならなくてイイ、暫くは2番手のポジションで、悪役好きの私を楽しませていただきたいです。クレナイ会の皆様、殴らないで!
エンターテインメント | TB:× | CM:× |
  [ 発表会備忘録。 ]
2012-12-23(Sun) 23:04:49
第7回ミュージカルアカデミーピッコリーナの発表会が無事に終わりました。

関係者各位、そして観に来てくださった皆様、ありがとうございました!
今年は、編集部時代のM先輩とスタイリストNさん、そして現職の前チームのMボスも観に来てくれたのだけど、誰にも会えず、残念無念。

母も観に来てくれていたけど、終演後のロビーは出演者の縁故関係で溢れかえるので、皆は空気を読んで早々退散したらしい。

こうして見るとホントに広いですね。マリーホール。

進行表ー。順調に進むよう、ミクロちゃんは必死です。

それにしても、もう7回目なのかー。早いなー。初の発表会は公民館で、あの頃、イチバン上の学年でもまだ小学5年だったあやちゃんが、今では高校3年生かー。早いなー。

などと感慨に耽るヒマは残念ながら全くなく、忙しく慌しく、バタバタ走ったり叫んだりしているうちに、あれよあれよという間に本番を迎えて、あっという間に終わるのでした。

毎日こんな生活していたら絶対痩せる。

ギリギリまで芝居のチェックをするミクロちゃん。総合演出の責任感、プロでなくても極めます。最後まで諦めません。カッコイイー。

それに付き合う姉旦那タカオちゃん。この時、プロダクション社長のカオはありません。あるのは役者のカオ。

2人とも、カッコイイ。

私は…といえば、ピッコリーナのセンター(笑)達に例年通り写真を撮られまくり、完全に「いじられオモチャ」として遊ばれておりました。真剣やのに。その模様はツイッターにて! 



ステージとバックステージはこんなカンジー。

お芝居の写真は一切撮れなかった。DVDの仕上がりが楽しみです。お芝居は結構泣いてくれていたみたいで、シリアス物も悪くないじゃんと思ったりしました。「パラレルワールド」に次いで好きな作品になったかも。


リハ中はこんなカンジー。

あやちゃん、余裕やな。



今年もステキな花束をいただきました。作品を提供しているだけで、こんなに感謝していただいて嬉しいー。
生徒ちゃんたちからはメッセージカードも。泣かせるやないかー!一生の宝物!

今回、ミクロちゃんがつけた音楽と振付が物凄く作品に嵌まっていて、7回目にしてあうんの呼吸というか、私が求めているコト(描きたかったコト)と、ミクロちゃんがピッコリーナでやりたいコト、作品の方向性みたいなモノが無意識にピタッと合ったなーと実感。特に打ち合わせはせず、「クラシックな雰囲気がイイな」と思っていたら、ミクロちゃんもそう思っていたみたいで、完成されたモノを観て、色んな面でさすが姉妹!と感心させられました。

これからも、その時その時のピッコリーナに合うモノを作っていけたらイイなと思う。更なる高みを個人的に目指していたのだけど、まだまだ私は若い。ココで土台を作って、土台に良いモノを継ぎ足して構築して完成できるように、ピッコリーナが向上して大成するために、座付きとしてもっと粘ってみようと改めて決意した年の瀬でした。ナニゴトも基本と修行が大事。来年も良い感性を!
エンターテインメント | TB:× | CM:× |
  [ 今年もやりますー。 ]
2012-12-15(Sat) 23:54:19
ピッコリーナの発表会を来週に控え、先週と今週ようやく視察に行けました。土日の休みが破壊的に少ないので、本当に困る。今年はおっそろしいくらい見に行けていないー。でも着々と(?)進んでいる様子にひと安心ー。

先週はやっちゃんも衣装チェックに来ていて、ミドリーヌ同伴で行きました。ミドリーヌはすっかり観客と化していて、お芝居を「濃ゆいー」と堪能。今回のお芝居は音楽との相乗効果が殊更良くて、やっちゃんもミドリーヌもカッパ嬢も感動してくれた様子。子供たち、頑張ってます。

そうそう、今週はカッパ嬢と視察したのですー。

抜いた親知らずの後状態があまりよろしくないカッパ嬢は、傷跡が痛むようで可哀相でした。親知らずがないヒトには決して分からない痛みなのであります。

それでもカッパ嬢は、ピッコリーナに向かう際にはお約束のオムライスを食して元気モリモリ。食べられるってありがたいー。ここのオムライスはスタンダードのモノがイチバン美味しい。

夜はまさかのミクロちゃんと3人で食事という初のパターン。

ミクロちゃんのパワーと勢いに少々圧倒されるカッパ嬢。薬の効き目があまり良くなく、まだ抜歯後部分がジンジン傷むカッパ嬢は、少々テンション低め。ミクロちゃんと私のギャーギャートークに付き合わせて申し訳なかったー。逆に、ミクロちゃんにはご馳走してもらって、これまた申し訳なかったー。先週に続き今週まで。さりげない優しさと常識を持つオンナ、それがミクロちゃんなのである。ギャーギャー言いたいコトを言うのだが、本当はとっても人情派なのだ。本人は「私はクール」と言い張るんだけどねー。

そんなミクロちゃんはカッパ嬢に「若い」と言われ、大層ご満悦でした。ミクロちゃんもカッパ嬢のコトを「若い」と言っていた。なんだよこの2人。←蚊帳の外なので拗ね気味。

夕飯後は東へ移動し、私のウフフに付き合ってもらっちゃったー。ウフフフー。想像を遥かに絶するウフフ状態の私を見て、カッパ嬢がかなり引いていたコトは言うまでもない。楽しいー!
エンターテインメント | TB:× | CM:× |
  [ 年末にして異変!! ]
2012-12-11(Tue) 19:26:23
ぎゃあ!どうしよう!どうしよう!



ちょっと前から可愛いとは思っていたけど、最近すっごく可愛いこの子!急に!

どーしよー。どっぷり嵌まる予感。


*各方面から「こっちがどうしようやわ」と言われているのはナイショ。
エンターテインメント | TB:× | CM:× |
  [ 後半は失速気味だけど、超ハッピー。 ]
2012-07-13(Fri) 15:42:23
あああああああ終わってしまったああああああ。

アテクシの楽しみがあああああ。

0440.jpg

0425.jpg

0421.jpg

オープニング映像だけでホンワカムードが伝わってくるでせう?

こんな幸せなホームコメディ、なかなかナイのよー。ファミリータイズ以来だよー。しかもアレは欧米ドラマだし…。

これからアテクシはナニを楽しみに生きたらイイのでせう?

コレ観たいがために飲み会も早々に帰ってきたり、歌いながら踊ってシェイプアップしたり、創作意欲も湧いたり、なんやかやイイコトだらけだったのにい。

あー。

DVD買おうっと。

とりあえず飲み会に行って来る。
エンターテインメント | TB:× | CM : 0
  [ 5本の指に入るドラマ。 ]
2012-07-08(Sun) 23:56:43
最近私を寝不足にしているモノ、


ハイ、ドーン!!



「吾輩は主婦である」全40話。




矢名家サイコー。斉藤由貴サイコー。ミッチーサイコー。

延々口ずさむ『家庭内デート』なのである。思わず楽しくなっちゃう。


見た目貧相で全然好きになれないけど、やっぱぴクドカンは天才だと思ふー。やっぱぴっていうのはわざと書いてるのだよ。ニュアンスなのだよ。最近やたらと言葉のアレコレが引っ掛かる時期。一時期収まってたから、今はまたそういうサイクルなんだねー。“引っ掛かるキッカケ”で言葉の泉を増幅していくワケなので、とっても大事。それがなくなったら私じゃないよねー、と我ながら思っております。言葉尻とか引っ掛かるからめんどくさいのだけど、コレが私のクセだと思って友達各位は受け止めてくれたり受け流してくれたりするので、ホントにありがたい限り。慣れたもんだねー。

脱線しましたが、6年前の昼ドラを何故今観ているかというと、レンタルショップで目にして「わー。懐かしい。めっちゃ好きだったよなー。ちょっくら観てみるか」と思ったから。

で、1~4巻を借りてとりあえず観てみたら、まー、めっちゃ面白い。声上げて笑って、転がり回るくらいの勢いで。

翌日、ガマン出来ずに5~8巻も借りてきちゃったという始末です。そして、夜な夜な観ている。ホントに楽しいー。

特に、ミュージカル場面が抱腹絶倒です。勉強になるわー。DVDボックス買ってしまいそうだわー。それ言ったらミクロちゃんに呆れられたけど、「やめとき」とは言わなかったわー。さては観る気やな。そういえば、オンエアしていた頃、ミクロちゃんも一緒に観て笑っていたもんねー。あー、面白いよー。最終話には泣いてしまうかもしれないよー。とりあえず、最終話まで進んだらまた書きます。
エンターテインメント | TB:× | CM : 0
  [ ホントはクレナイさんのコトだけ書きたい。 ]
2012-06-16(Sat) 00:51:42
わー。

スズミさん&レミちゃんに続いてアイネさんも退団かー。

わー。

うーん。

切ないー。

なんか、思うコトは色々あるけど、語れない。それがオンナの園。

もうすぐオンナの園は100周年。

あの頃は90周年だったから、もうすぐ10年経つのか!

わー。

時が経つのは早いなあと思いつつ、100周年はこれまでオンナの園を好きで居続けた仲間とそれぞれ1回ずつは観に行けたら嬉しいなあと、淡い願いを持つ私。やっぱりあの世界をこよなく愛する私なので、100周年という記念すべき年は大事なヒト達と観に行きたいのである。しかし、どの組を誰と観に行くかが問題である。で、何となく組み合わせを考えてみた。

花…M先輩、スタイリストNさん
月…カッパ
雪…にょりち、みぞん
星…ミクロ、オサレA、ニャオ

あら、宙がないわ。ま、いっか。


さて、先日は二度目の☆大公演ハリー芝居&Iセンセのショーを観てきた。

ユズキさんは相変わらずバーンとしていて、カッコ良くて、アイドルっぽさとイイオトコっぽさの両方を残していて、歌って良し、芝居して良し、踊ってスーパーウルトラ良し、好きなタイプではないけれど今や至宝に近いと思いました。
芝居の役ドコロも1番手としてはかなり恵まれているよねー。抑えていたり出るとこ出たり、奔放かと思いきや苦悩もしていて。男気溢れるし、ツンデレだし、なんだあのオトコ!ってカンジ。惚れてしまうわ。

でも、悪役好きの私はクレナイさん演じるトコロの秘密警察のオトコが好き~。カワユイお顔のクレナイさんが目一杯イキっているのが好き~。クレナイさんってホントにお世辞にも上手くないし、歌も芝居もダンスも及第点には程遠いし、とりあえずスラッとして面白い関西人ってカンジなのだけど、なんというかハートを感じる男役さんですね。この世界が大好きで、楽しくて堪らないというキモチが伝わってくる。そういうヒトを応援したくなっちゃう。なんだかんだカワイイしねー。ショーのラインダンスに繋げるボーイ役の時の激しい大阪弁とかナンやねんな!(つられて関西弁)。昔のショーみたいやなあ。

最近クレナイさんがホントに好きで堪らなくなってきたので、初体験のファン会とやらに入ってしまおうかと真剣に考えてキムコに言ったトコロ、

「マジっすか?」

と真剣に引かれたのでやめるコトにします。最近色んなヒトを引かせてる気がする私。

マカゼさんはどうしたもんかなー。新人公演もビミョーとか聞いたしなー。私がクレナイさんより前にちょっとイイなと思っていたユメノさんを押しのけて星に残ったのだから、もう少しカリスマ性を見せて欲しいモノなのだけど、なんかここんトコロ毎回印象が同じな気がする。台詞回しの1本調子なのもすっごく気になるし、ダンスも「上手」とされてはいるけどユズキさんとは段違いだし、当たり前だけど隣りで踊ると霞むし、クレナイさんみたいなアイドル性も徐々に薄まっていってる気がするしー。わー、危険危険危険。今のうちに手を打っておいた方がイイんでない?危険なスターを作っていくコトになるんでない?ミズさんに似てるからって、それだけじゃやっぱりねー。

しかし、ハリーはチャレンジャーだよな。

集客率の悪い現在のオンナの園において、なぜにこんなしちめんどくさい革命モノを持ってくるのかしら。ショーパブのダンスシーンはどれも圧巻だけれど、下級生の男役ちゃん達の見せ場は少ないし、アイドルチックな場面もないし、笑いはあるけどインパクト薄いし。

Oリン無き今、ヒトリで異端児を背負っていこうってカンジなのかなー。それにしてはハリーもトシを取り過ぎたけどね。でも辻褄は合うし、何よりユズキさんが何かを「求め続けて答えに辿りつく」サマは控え目とはいえ感じ取るコトは出来たから、そこはさすが貫禄だよなーと思います。

ニャオちゃんは「フツーに良かった」そうだけど、「ショーの方が良かった」らしいので、そこは伏せつつ、「良かった」というコトだけ伝えようかな、ハリーに。それでイイよね、にょりち!!

ショーは改めてとっても良かった~。やっぱり2回観るべしだよね~。

ミクロちゃんがビビり過ぎてプロローグの冒頭を見逃しちゃったので、ニャオちゃんにはしっかり観て貰おうと事前にそれとなく伝えておいたら(ナニかは告げていない)、ニャオちゃんは驚かず、ちゃんと最初から観るコトが出来たみたい。Iセンセには怒られるかもしれないけど、導入部分ってすっごく大事じゃない?私が一瞬たりとも逸らさず観たいタイプだから、余計そう思うのかなー。

今回の導入部分はヘリから降りてくるスター・ユズキですよ。空中から吊り下げられる大階段に乗って現れるから、言わばユズキさんも宙から降りてくるカンジなのよねー。この演出、懐かしいよね!

セレブというタイトルに相応しく、スターの華やかさ、スターのスキャンダル、スターへの憧れ、スターの栄光と陥落、スターの蘇生…などなど、様々なテーマを様々な展開で見せてくれる実に見応えのあるショーで、久しぶりに主題歌も耳に残るフレーズでした。使われている曲も「Come Fly with Me」とか「男と女」とか、いやーもう、ジャズとシャンソン好きには堪らん!最近ワーワー言ってないけど、私はやはりジャズとシャンソンが好きなのである。久しぶりにシナトラを聴こうと思うのである。

スズミさんは決して歌が上手ではないけれど、温かみのある優しい歌声で、ルコさんを思い出してウルッときてしまった。またヒトリ、思い出深いヒトがやめていく。あとはホントにユズキさんとかオウキさんとかソウさんとかそのくらいなのかなー。ふう。

そのスズミさんと娘1さんがメインのセレブの休日→アカプルコの場面、コミカルで好きー。テンちゃんの歌が秀逸ー。宙から移ってきたトキさんがイイ味出してます。エビラさんとかホクトさんとかキリさん的なポジションになってくれるんだろーね。ありがたいわ。例えが古すぎですか?

ヒーロー映画ショーはゲームチックに。若い感覚だよなー。クレナイさん、遊び過ぎだよなー。毎日やってるのか、森進一だの五木ひろしだの。あと、戦隊4人の衣装がちゃっちいって説あったけど、なかなかマンガっぽくて面白いと思ったよー。それよか、クレナイさん率いる悪の軍団の衣装、「テンダーグリーン」のじゃない?めっちゃ見覚えある。

使い古された感のある宝石モチーフも曲調を次々変えていくカンジも、初回は「苦しんだなーIセンセ」と思ったけど、2回目は思わなかった。なんか、斬新さを感じた。展開、切り替えが早くてモダンなので良かったのかも。

ラインダンスも、初回は「このピンクかー…セレブ?」と思って首を捻ったけれど、なかなかイイカンジかもしれない。夢っぽさを出しているのかも。オンナの園は夢と愛に満ち溢れてナンボなんだから、そりゃそれでいーのか。それにニャオちゃんが「衣装可愛かったー」「(ラインダンスの)踊りも揃ってて凄かったー」と言っていたし、よく考えたら私達みたいに目が肥えて可愛げも無くなった老舗ファンの目線よりも、初々しく純粋培養のファン目線の方が参考になるに決まってるし、コレを読んだらキムコ、是非そっちを活かしていただきたいわと思うよ。そしてまたコレ反省ー。

それにしても、マカゼさん率いるエイトシャルマンも凄かったし、フィナーレのユズキさん率いる群舞もカッコ良かったし、中詰めの燕尾もステキだったし、Iセンセはセンシブル以外の何者でもないなー。キリヤさんラスト舞台でバッシングされていた某演出家とは比べ物にならんー。まさしく才能ってもんなのね。哀しいけどコレが現実なのね。

そして、平日でも満席に出来るユズキさん、2階席も殆ど埋めさせられる人気の高さも本物なのねー。やっぱり至宝やねってコトで、久しぶりに長くなりましたが、完璧なユズキさんもそりゃイイだろうけど、私はクレナイさんのおぼつかないカンジがどうしても好きなので、関係者各位は覚えておいて下さい。


最後まで読んだアナタは素晴らしいー。予約投稿だからちゃんとアップされているか心配なり。
エンターテインメント | TB:× | CM : 0
  [ アーティスト。 ]
2012-06-08(Fri) 23:16:53
以前ステージを観に行き、尚且つ差し入れをしたお礼として、とってもステキな某舞台人様からいただいていたお菓子。
開けてみたらこんなにエレガントなバラのフィナンシェでした。バラの形が凝ってる~。ショコラ、フランボワーズなど、テイストのチョイスも好み(抹茶以外は)。

バラが大好きと常々言っているのを覚えて下さっていたらしいー。感激ー。

ヒトに贈り物するのは私も好きなのだけど、センスのなさを日々実感しておりまして、こんな風に「私は選ばないけど、貰って嬉しい。キャッと声を上げて喜ぶ」ような代物をチョイス出来るセンスの良さ、ホントに羨ましい限り。と同時に、そういうプレゼントをさりげなく贈れるヒトってカッコイイし、オトナだなと思うのであります。

にもかかわらず、甘いモノにさして興味のないワタクシときたら、忙しさにかまけて放置していて、数日経ってようやく開封した次第。物凄く中途半端なタイミングでお礼メールを送ったという…。礼儀を欠いているのを反省。仁義礼智信をイチから学ばんとアカンか。

昨日のビーバップハイヒールネタはピアノ。
才能1本あれば余裕で華々しく過ごせる優雅な職業として映りがちだけど、なかなか厳しく過酷な職業だよなあと思う。

身近な存在としてピアニストのやっちゃんを見ていると、やれウィーンで誰それさんに師事、やれパリで誰それさんに従事、留学、リサイタル、コンクール、演奏会、ドレスだのヒールだの揃えて、ピアノも教えるけどそれだけでは生計立てられないのでバイトもして…と、ホントにお金と手間隙のかかるイメージ。
声楽家もダンサーも同様。芸術家って花開く保障も一切ナシ、花開いても飽きられるのも早ければ、何が発端になって萎むかも分からないし、才能も好みの問題ってなトコロもあるし、勿論時代もあるし、非凡な私には到底務まらないなと思うのです。

でも憧れるー。姉を始め、アーティスティックな環境で過ごしているせいか、己の平凡さを余計感じて凹んだりもするけど、芸術は世界を明るく照らすと思うと、その末端でもイイ、何らか関わって光の一部になりたいなーと願わずにはいられません。頑張ろうっと。
エンターテインメント | TB:× | CM : 0

copyright © 2017 Cheap chic!~日々本能のまま~. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。