Cheap chic!~日々本能のまま~

「生活は簡素に理想は高く」をモットーに、毎日楽しく生きています。基本的に亀更新です。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ よに、ほいなし(現代語訳:誠に不本意だ)。 ]
2005-06-29(Wed) 23:14:06
千鳥と南海キャンディーズが立て続けにやって来た我が町の商店街に行ってみました(その昔、原田伸郎さんも来ていましたネ!)。
「あー!ここで大悟君達が鯛を2つしょったえべっさん(ヱビスビール)を見つけて喜んでいたのね!」
とか、
「あー!ここで山ちゃんがヘンな顔柄の花瓶見つけて笑っていたのね!」
とか、色々思ったりしました。
けど全く面白くありませんでした。なんてコトありませんでした。でも、なんてコトないという事実に気付くのには、やっぱり体験しなきゃね!(忙しいのにあ~あ)。

TBS系列で国語のテストみたいな番組やっていましたね。早速私もトライしてみました。
知るヒトぞ知るどうでもいい事実なのですが、私はコレでも「問題な日本語」の愛読者。愛読者の立場としては100点間違いナシと自負していたワケです。
結果、88点。
100問中12問も間違えてやんの、やーいやーい。
ラサール氏にも宮川氏にも西川女史にも勝ったけれど、88点ですよ(しかも、宮川氏以外は専門外じゃないかー!)。

うあぁぁぁ、レベル落ちてますか!?最近活字読んでないからですか!?
全国平均では遥かに上ですけど、専門分野なんです!いや別に大学院とか行ってないし、最終学歴の大学も理系だし、でも得意分野なんです。学生時代の偏差値もむちゃくちゃ高かったんです。唯一自慢出来る分野なんです。「ニコさんといえば国語」「国語といえばニコさん」みたいな、家族間でも友達間でもすっかり浸透しているぐらいなんです。

なのに、88点。

ひゅるるるるるる。屈辱。

勉強し直してきまっす。

因みに、「問題な日本語」の著者・北原氏が述べていた「間髪を入れず(※「かんはつ」と読むのが正解で「かんぱつ」は間違い)」は、私もずっと引っ掛かっていたトコロでして。だって、漢字変換されないんだもん。検索サイトでも「かんぱつ」と打ったらヒットするのに「かんはつ」だと漢字すら出ないんですよ。ヘンなのー。皆もっと日本語を勉強した方がいいと思います。特に、情報を広く提供する立場のニンゲンは必須だと思われます。
私が雑誌編集者だった頃、「気の置ける」と「気が置けない」の違い等について夜を徹して熱く語り合ったモノです。何故ならソレが私達の仕事だったからです。正しい日本語、美しい日本語は、活字を提供している立場ならば身を削ってでも探究していかなければならないコトなのです。そうそう、「探究」と「探求」の違いとかもね!

近年、PCの普及によって便利性は増しているとは思いますが、逆に失われつつあるモノも多いように感じますね。自分自身の手で書くコトによって字を覚えたり、自分自身が書物を紐解いて調べるコトでイミを知ったり、自分自身の足で訪ねるコトで感動が殊更身についたりするコトって一杯あると思うんです。手間隙を惜しまず、これからも勉強し続けたいとしみじみ感じた2時間でした。嗚呼、88点・・・。

それにしても、芸能人の皆さんは致し方ないとはいえ、国民の皆さんの平均点の低さには驚き。全体的に問題のレベルが低いと感じたのですが、どうでしょう(全問正解じゃないくせに威張る私)。
平均点がイヨーに低いというコトは、国民がそれだけ日本語離れしているというコトですもんね。嘆かわしいですね。宇宙旅行が現実になりつつある平成にして未だヒトリ鎖国状態の私は、物見遊山オンリーの海外旅行を目前に英会話だナンダと浮かれる日本人ヒトリヒトリに対し、「外国語よりもまず自国語だろーこのぉ」とドロップキックを食らわしたくなるのでした(完全に八つ当たり)。
まして、「全然出来てたヨ」とか「超笑えた」とか「キモカワイイ」とか「マジウザイ」とかを連呼している若者達ヨ!そんな言葉はあり得ないのだ。流行語とも違うのだ。カッコ良いコトでもナンでもないのだ。
正しい日本語を使うコトこそカッコいいのだと、そして、正しい日本語を知っているうえで崩すコトこそ粋なのだと、いつか気付く時が来ればいいですネ(余計なお世話)。

追記:
連日の暑さでボーッとしている私、またしてもやらかしてしまいました。
某社に送る為のメールをフリメで作成していたコトがそもそも間違いの元。なんと、ファンサイトの署名付きで送っちまいましたーウガー!
先ほどご丁寧な文章と共に返信されて来たのですが、宛先欄には「インパルス、跳ねる。ニコ」の文字が黒々と・・・はっずっかっし!
スポンサーサイト
活字TB : 0CM : 3
  [ 愛嬌のうち。 ]
2005-06-28(Tue) 00:00:00
キムコがK県に出張しています。旅人もK県で仕事しています。
その距離感うらやましい~っ!!うらやましいヨー、キムコ!
しかもメールが来るんですよ。旅人の動向を逐一綴ったメールが!(暇なのか?)。もーウザイんですけど嬉しいんですよね・・。仕事してる時の旅人は休憩時間でさえも絶対にメールくれないですからね。だから嬉しいんですけどムカつくんです・・・。このヘンが繊細な乙女心です。乙女です。乙女なんです。乙女って言わせてよ!三十路でも!(自分が三十路だというコトをついつい忘れがちな私。図々しいにもホドがあり)。


そんなコトをぶちぶち思いつつ、それでも創造の波をフル活用して仕事に精を出していたら、


いつの間にか寝てしまってました!チョン。


初夏の暑さにも後輩の優しさにも挫ける33歳。つける薬ナシです。


その後はメールの着信音が鳴る度飛びつく私だったのですが、旅人からは当然一向に来る気配ナシ。
今頃はスタッフさん達とワイワイやっているんだろうな~などと思いつつカツオのたたきをチビチビ食し、「ロンハー」を観ていたら(堤下君、網に掛からなかったネ!)、電話の着信音が鳴りまして。
旅人からでした~。バンザーイ!
その後は他愛ないハナシでひたすら盛り上がっていたんですが、電話途中にパパりんの奇声が。


「なんだこりゃ~!ニコ!おい、ニコさんよー来てみ~」


「なんだよモ~!うるさいよモ~!」と毒づきつつ、
とりあえず電話を一旦切ってパパりんの呼ぶキッチンまで行くと、あら不思議。


ヤカンが真っ赤に燃えていましたとさ!


夏の風物詩かと思いました。


食後にコーヒーを飲む為、ヤカンに水を張って沸かすコト20分、
その間に旅人から電話があった為、すっかり忘れ去っていたのでした!
ガビーン!大変!しかもなみなみ入れていた水がすっかりカラに。オーノー!


ちょっと笑っちゃいました。アハ。←そんな場合か。

最近の私のオオボケぶりはちょっとイジョーです。ミクロちゃんがニコ家から居なくなったからってナニも私が引き継ぐコトないんです。もうすぐ社会に適応しなきゃならないのに大丈夫なんでしょうか、私。


ナニかと心配なコトが目白押しな夏。とりあえず海に行きたいです。
オトナ恋愛TB : 0CM : 4
  [ ココロに武器を。 ]
2005-06-27(Mon) 00:00:00
ホントに不快指数大の暑さですね!夏好きニコさんもさすがにヘロヘロです。なんせ湿度が高すぎます。そんな蒸し暑さの中、スーツを身に着け某大手企業との打ち合わせに行ってきました。結果、行かなきゃ良かったと激しく後悔してます。条件面だけでもはなから腑に落ちなかったのですが、そんなコトとは比べ物にならない程、非常事態の数々。


まず、担当さんが遅刻!
コレはサイテーなんじゃないですか?社会人としてどうなんですか。
しかも連絡入ったの、実に15分後でしたからね。その間「待ちぼうけ」ですよ。山田耕作もびっくらですよ!


続いて、現場まで迷う。
下見してなかったらしいんですよ。ナニ考えてるんだモー!!子供のお遣いか!いや、イマドキ子供の方が賢いわー。ムキー!!


更に、企業側のパワハラ&セクハラ発言連発。
まあ要するに文字通りです。決してカンジ悪いワケではなかったんですけど、決定打にはなりましたね。こちとら新米社員じゃあるまいし、やっぱ環境って大事ですから。


トドメの一撃は、担当さんのゴリ押し。
ウザ過ぎ。彼の発言によって、たちまち興味ない仕事に思えてきたからコレ不思議。


というワケで、一蹴!
自分を安く売ってはいけません。ママりんに言ったら大きく頷いていたのが面白かったです。娘の才能を過信しすぎだっつの(なけなしですってば)。


追記:
「Musical Baton」を繋いで下さった心優しき&遊び心満載の皆様、ありがとうございました。
コレで答えていないのはミクロちゃんだけとなりました。
「こういうのキライなん?」と尋ねると、「ちゃうねん、考えてるねん。イッパイあるねん」ですって。あれから何日経過したコトでしょう。そうかい、そうかい。ソレなら秋になるまで考え続けていればいいさ。
日常TB : 0CM : 0
  [ 旅立つ彼氏のお見送りをしたコトなんて書きませんから~。 ]
2005-06-26(Sun) 00:00:00
自室のビデオがオシャカになってからというもの、観なければならないビデオ類が溜まって仕方ないです。先週の「トリハダ」も「バク天」も「汚れた舌」の最終回も$10さんが出演した「なるトモ!」も全く観られていない状況。なのに買いに行けないという過酷なスケジュール。ヨドバシカメラやミドリ電化など近くに電器屋さんは多数あるのですが、どうせ買い換えるならDVDがいいし、そうすると「より安くて良いモノを」という大阪人気質が働き、しかも「広告等で価格比較・分析をしてから」という欲も生まれ、そんなこんなで暇ナシ!といった悪循環に見舞われているのです。
今日は午前中から昼間に掛けて梅田に出ていたので、ヨドバシに寄れば良かったんですけどね。けど、書店で書籍を物色するだけで性も根も尽き果てたんです。タハー。
というワケで、とうとう移動しちゃいました!リビングのビデオを自室に!やれやれ。コレで仕事等が落ち着いたらビデオ三昧だー。
けどヒトツ問題があって、ケーブルテレビはリビングにある為、ケーブル番組を録画したい場合はどうすりゃいいんだというハナシなんです。例えばスーパーチャンネルの洋画ドラマや映画、GAORAなんかは魅力的ラインナップなのでムムーーーッです。ですが、日常の便利性には勝てないし・・・・。グワァァァ、めんどくさい!


ま、いっか。←このヘンがO型。


そんなワケで、エイコラ移動したはいいのですが、配線がめんどくさくて、そういうトコロだけ女の子な私は汗だくでした。作業終了のアカツキにはグッタリし、厳かにお昼寝(もう夕方だったけど)をするコトに。そうしたら、ミクロちゃんから電話が掛かってきて起こされました。
しかも超イミない電話だったのでムキー!
ミクロちゃんは「ワッハ上方」に行く為、なんば付近にいたらしいです。後輩サンがコントだか漫才だかに出ていたらしいのですが、その人脈羨ましすぎ。ちょっとコッチに回してヨー。因みに、某落語家さんとお知り合いのタカオちゃんのコトもかなり羨ましいです。結婚披露宴にも出て下さったんですよねーありがたい!
同時に、ママりんが伯母様方と「なんばグランド花月」に吉本新喜劇を観に行っていたらしく、母子揃って笑いに触れた週末となりました。その間、パパりんは家でおとなしくゴルフを観ていた様子。お気の毒。


ママりんの感想ではB&Bが最も面白く、新喜劇は期待外れだったとか。
「若手はダレが出てたん?」と聞くと、
「なんか分からないけど、メガネの良い声でアヒルをやるヒト」。
おかけんた・ゆうたご両人であるコトは言うまでもありません。
え、ていうか、若手・・・?(酷だよ)。


私信:
キムコ!私もビックリしたよ!けど旅人は一層ビックリしていたよ!
あんなトコロで会うなんて、私達ってよっぽど赤い糸?
そういえばキムコは心なしかキラキラしていたよ。ビューティー(笑)。
日常TB : 0CM : 0
  [ おしなべて。 ]
2005-06-25(Sat) 00:00:00
3月頃に彼氏と別れて以来ずっと傷心だったスーちゃんから電話があり、「好きなヒトが出来た」と言うので詳細を聞くと、
「トシは7つ下の25歳、カオは堂本光一似、職業は水商売」。
・・・それ、もしかしてホストじゃなくて?スーちゃん。
更に、
「歌が上手くて声や仕種に色気がある。性格はマジメでナイーブ」。
・・・そんなのホストだったら当たり前じゃないの?
しかも、その性格めんどくさい、めんどくさいよ。


硬派で仕事1本だった友達がみるみるホストにのめり込んでいくサマを、一体どうやって受け止めたら良いのでしょうか。
やいやい言って反対した方がいいの?それともほっとくしかないの?
本人が満足ならば致し方の無いコトなの?
「今が楽しければヨシ」をモットーにしている刹那主義の私としても、胸が痛む所存です。
どうしたもんやらと思い、事情通のおにちに相談してみたトコロ、
「別にほっとけばいいんじゃないの。言ったってやめないでしょ」
と、至って素っ気無い。ていうか、オトコマエ。
でも確かにそうかもね、周りが幾らやいやい言ったトコロで、本人にその気がなければどうしようもないもんね・・・とミョーにナットクした私でした(えぇ、経験者ですから。いや、ホストにはまったのではなく)。


それにしても、32歳でホストデビューかー・・・。
なまじ自由になる小金を持っていると、遣いたくなっちゃう上に、ホストなんて寂しさを紛らわすには持ってこいだもんな~。
それにしても、マジメ1本のスーちゃんが変われば変わるモンです。


変わると言えば、別のイミで私もどんどん変わっていっていますけども!
$10さんが好き過ぎて仕方がないというイミなんですけれども!
ま、皆さん薄々勘付いてらっしゃるでしょうけども(・・薄々?)。


連日、ライブ感想を書き殴っている気がしますが、今日も今日とて書き殴ります。今回はスゴイです。ナニがスゴイって、私の思い入れが。


$10さんの「コントLIVE3」(@うめだ花月)に行って参りました。
因みに、「1」も「2」もすっ飛ばしていきなり「3」です。そういうコトは一切気にしませんから!あ、でも「2」はテレビで観ました。お医者さんコントが面白かったですね。
思い入れが深い割に感想は書き殴り系です。レポなんてしちめんどくさいコト、インパルス以外にはやっていられませんから!(そういうイミでは真のインパルスファン。ホッ)。


■「$10コントLIVE3」
「隣人」
引っ越してきたばかりの青年(白川さん)と、彼に恋した中年大家さん(ハマー)のコント。
エロさ加減が絶妙で、マペットを使ったクダリは激面白いです。
けど、白川さんの舌打ちがミョーに気になる~(多くないですか?ねぇ?ねぇ?)。


「種田工務店」
欠陥住宅を建てられたパパ(白川さん)と、工務店の責任者(ハマー)の押し問答コント。
一瞬ナニが起きたか分からず、後からジワジワこみ上げてくる系でした。殆ど出オチなのにね。発想が斬新だね。
ハマー寄りで観てしまうので滑稽さが打ち勝つけど、白川さん寄りで観ていたらイライラするコトこの上なしだと思うワ。ありがちなテーマをデフォルメした内容が秀逸です。


「殺人現場」
近道を行く為、殺人現場を通り抜けようとする小学生(ハマー)と警察官(白川さん)のコント。
何気に前景のコントと繋がっているのがミソです。小技が効いているね!子役を演じるハマーの憎たらしさといったら!ありとあらゆる手を尽くし、アタマもいいけど運動神経もいいガキンチョというカンジ。オチはシュールでした。白川さんの真顔ぶりが良いスパイスになっていて面白かったです。今回のコントの中では一番好きですね。


「び~ちぼ~いず」
カヌーで遭難した2人の青年(白川さん、ハマー)の心理描写をコミカルに描いたコント。
追い詰められたニンゲン心理のえぐいトコロをもっと衝いてくるのかなと思いきや、そうでもなかったですね。なんしか滑稽。その滑稽さが好き。白川さん、美味しそうでしたね~(笑)。


「転校生」
転校生・北島サブ代(ハマー)と同級生(白川さん)のコント。
ハマーのサブ代は凄すぎますね。異彩を放ちすぎ。白川さんの小学生ぶりもだいぶ可笑しかったけど、ハマーが全てさらっていってました。歌のイントロ部分までは良かったけれど、歌自体はイマイチで、ブリッジVTRもやや期待外れだったので、今回の中では最下位。キャラ性のみで展開していくコントがそもそもあまり好きではないんです。


「幽霊ビル」
ビルの警備員(白川さん)と幽霊(ハマー)のシチュエーションコント。
何度かシチュエーションを重ねていくうちに恋が芽生える過程が微笑ましかったです。なんか微笑ましいオッサン2人組だよね、$10って。台詞は一切ない中で、徐々に移り行く感情を巧みに表現しているハマーにクギ付けでした。可愛く見えてきちゃいましたからね(笑)。


$10の漫才はスピーディーさが最大の特徴かなと思っているのですが、コントはどちらかというと、ややスローな印象。勿論、ハマーの動きや台詞回しは至ってスピーディーなんですけども。大幅な展開を重ねるコトで笑いを取るのではなく、しっかりした一本の枠組みに沿ってボケ・ツッコミを繰り返し、コントのシチュエーションが観客に浸透したトコロで劇的に落とすという展開が多く観られました。中盤の中だるみ観もなく、飽きさせないトコロも魅力ですね。漫才と同じくテンポは良いです。
ハマーのキャラは「特異」のひと言。女役、老け役、子役、幽霊と自由自在です。それでいてキャラに頼り過ぎず、ハマー自身が立っているのはさすがだと思いました。ヘビィテイストであろうと、ライトテイストであろうと、何れにしても肩の力を抜いて観られる内容満載で、安心感があるといった印象でしたね。


端的に綴られたハマーの日記を読むと、彼が映画、舞台、書籍、音楽、ライブ、その他多伎に亙って情報を入手し、思考や感性を日夜磨いているコトが如実に分かるんですね。
そして、それらで得た情報がコントや漫才のネタ作りの際にヒジョーに役立っているであろうコトは、ネタやキャラ、話題などの幅広さからダイレクトに伝わってくる次第でして。


ダレもがそうやって、自分自身を高めているんだ。
他者から沢山の刺激を受けて、成長していっているんだ。
メディアに頻出しているヒトだけが、スターではないんだ。
皆もっと視野を広げた方がいいと思います(私もな)。


こんな日記でも日に100ないし150アクセスほどあって、中でも、私がたまたま書いたに過ぎない「麒麟」「千鳥」「南海キャンディーズ」等で検索して来られるヒトが多数いらっしゃるんですね。なのに、最多登場とも思える$10さんで検索して来られるヒトはヒトリもいないという。$10さんの存在が世間にイマイチ知られていないコトは薄々感じてました。実際私もそうだったからです。でも、劇場空間における精彩な舞台姿は正に絶品で、眩いばかりの存在感なんです。これぞ「百聞は一見に如かず」。実際、$10さんをナマで観た私の周囲も、インパルスサイトの常連さんも、徐々に$10さんに嵌まりつつあるぐらいですし。


以前、某・舞台演出家が、
「エンターテインメントを観るにあたり、最も大事なのは自分の感性」
と言っていたコトをふと思い出しました。
自分が大事に思うヒトや尊敬するヒト、もしくは売れっ子の役者さんや作家さん達が「それはイマイチ」と口を揃えて言うような対象物でも、自分自身が「良い」「面白い」「好き」と思えばそれでいいのだと。そういう気持ちを持つコトこそが大切なワケで、その思いは万人が違って当然なのだと彼は言うのです。私もそう思います。
ヒトが「面白くなかった」と言おうが、笑わなかろうが、私自身が面白いと感じた事実をこれからも大切にしたいですね。そして同時に、自分が抱いた感情をヒトに押し付けるような狭量な自分ではありたくないと思います。


結局、お笑いやお芝居を始めとするエンターテインメントに正解などないんですよね。自分の感性に忠実に観るコト、純粋に楽しむコトが大事であって、そういう感覚は自分自身で探求していけばいいハナシ。
常々、「私の書いたモノに影響されるのではなく(勿論、ありがたいコトなのですが)、『そういう考えもある』程度の見方で読んで頂きたい」と申し上げているのはそういう部分が原因だったりします。そんな大したコトを書いてはいないのに(最近は特に)、影響して下さる方がまだいらっしゃるので心もとないのです。


そういえばつい先日、それまで友近さんに対して否定的だった我が姉ミクロちゃんが、彼女のとあるネタを観て「面白かった」「笑った」と言ってきたんですね。結局そういうコトなんだろうなと思います。それまで好きでなかったモノがある切っ掛けでステキに映るコトってよくあるモノで。ソレをはなからキライだと決め付け、自ら心を閉ざしていたら永遠にそういう機会は巡ってこないモノで。
何がしかのカタチでエンターテインメントに携わっているヒトは考え方が柔軟です。それまで否定していたモノを瞬時に受け容れる術を身に付けているのですから。普通、食わず嫌いで終始するトコロを、そうやってどんどん吸収していく姿勢は、別のイミで表現者を目指す立場としては大いに見習っていきたいトコロです。


今回はムリやりお供して頂いた「うめはな。」サイト管理人アヤトさんと久しぶりに会い、ゆっくりお話出来たコトが嬉しかったですね。しかも貴重なモノを多数お借りしてホクホク。野性爆弾バナシで盛り上がってホクホク。ライブに行く約束も取り交わしてホクホクホク。トーク中に感覚の違いを感じる部分もありましたし、好む芸人さんも明らかに違うのですが、硬派な視点でお笑いを観ているヒトのお話を伺うのはなんせ楽しいです。


それにしても、$10さん、楽しいひと時をいつもサンキューサンキューです!チュッ。
$10さんのエンターテイナー性は観れば観るほど高く感じ、益々惹かれていきますね。決して私好みのテイストではない故に不思議で仕方ないのですが、多分$10さん自身が心から楽しんで演じているというコトが観る側にも伝わってくるからではないかと。最早私の中では他の追随を許さない程のキラキラした存在感を放っています。
インパルスとは別次元といいながら、あるイミ抜きん出た存在になっている気も。ひえぇ大丈夫か。


願わくば、インパルスをもっと体感出来る距離に身を置きたいと、切に思う今日この頃です。
エンターテインメントTB : 0CM : 0
  [ 傷口に塩を塗れ。 ]
2005-06-24(Fri) 00:00:00
物凄い勢いで諭吉をばらまいていた時期を思うと、今はだいぶ落ち着いています。
ナニがって、買い物依存症のコトです。
ハッキシ言って病んでましたからね~エヘッ。←軽々しい。
日常の鬱憤、オフィスの鬱憤、恋人の鬱憤、サイトの鬱憤(!)、その他諸々のストレスを買い物にぶつけるタチなんです、私。
単なる物欲かと思い、「ストレスはっさーん!」などと言い触らして周囲を圧倒させつつ諭吉をそこらじゅうにバラまいていたある日、友達から「立派な買い物依存症だよ」と厳かに告げられて血の気がスーッ。
侮るコト無かれ、「買い物依存症」は「ワーカホリック」や「恋愛中毒」などと同じぐらい重度な病なんです。本にそう書いてましたからー。
そんなワケで私は病と真摯に向き合い、自分自身&お金のありがたみを今一度よく考え、散財を悔い改めるコトにしました。
結果、今では悟りを開いたお釈迦様のように落ち着いているというワケです。


だから久しぶりだったのね、久しぶりだったの!
今まで我慢した自分へのご褒美のつもりだったの!ほんの出来心なの!


というワケで、蓄積されていた物欲解消の為、ショッピングに出かけてきました(前置きが長すぎ)。


スカートとTシャツを購入したのですが、例の如く試着大魔王の私はスカートを試着しまくり、店員さんを疲れさせてしまう程。
しまいには、絶対に似合わないだろ~と思われる色のスカートを、
「これなんてお似合いかなーって思うんですけどっ」
と、かなりフランクな口調で勧めて来られた時には、
「こやつ、仕事を放棄しにかかっているな…」
などと心の中で毒づきました。ゴメンなさい。
で、めでたくお買い上げ(似合わない色ではなく、ちゃんと似合うモノを買いましたヨ)。


結局、スカートだけで5ショップぐらい回ったでしょうかね。さすがにグッタリ。


サンダルとバッグを下見した後、コスメ類をチェックしてふんだんに購入。
なんと、マニキュア10本買ってしまいました!オトナ買いですヨ!
諸事情で爪を伸ばせられない現状にもかかわらず、どうなんですかコレって。なんか矛盾してないですか!しかも秋色まで!早~い。


アクセサリー類も見たかったけれど、疲れ果てたので断念しました。
ピアスを空けていないので、アクセサリーというと専らネックレスか指輪のみなんですが、気に入ったモノを長く付ける傾向にあり、新たに買足すというコトは滅多にしないんですよね。
今愛用しているアナスイのネックレスと指輪はかなりのお気に入りなので、暫くはコレを使い続けるとして。
あとはagateのブレスを頂いたので、ソレに合うペンダントを探したいですね。近々探しに行きます。そしてまた諭吉をばらまきます。


どんなにパワーダウンしていても、ショッピングするだけでたちまちシャキッとなるトコロは「オンナ」ですよね。
ショッピングでパワーを得るというか、パワーを得る為のショッピングというか、そもそもショッピング自体に多大なるパワーが漲っているというか。
趣味欄に堂々と「ショッピング」と記載している私なので、これからも適度に趣味と向き合っていきたいと思います。
そんな大層なコトかというカンジですけど、なんせ些細なコトを大袈裟に綴るのが大得意分野ですので悪しからず~!



【本編に何らカンケイのないハナシその1】
関西ローカルだと思うのですが、リクルート「ホットペッパー」のCMが好きで仕方ないです。何なの、あのテイスト!発案したヒトは天才的。


【本編に何らカンケイのないハナシその2】
明日(もう今日だけど)、$10さんの単独ライブに行ってきます!丸1時間、$10三昧です。うあぁぁ幸せ。そのうち私のメインサイト「インパルス、跳ねる。」が「$10、跳ねる。」になっているかもしれないですよ!気を付けて!皆!


【本編に何らカンケイのないハナシその3】
そんなコトをツラツラ書いていたら、いつのまにか「吉本TV」の再放送が始まり、インパルスが登場しました。何となく浮気しているような後ろめたい気持ちになりました(殴るならカオはやめて下さい)。
それにしても、コレ何年前!?「ハネムーン」コントなのですが、堤下君のクルクルパーマが俄然プリチー。板倉君は昔の方が老けてたね!コントの質は今と変わらぬ良さがあり、嗚呼私はやっぱりインパルスファンとしみじみ実感。けど$10も大好きなの!$10は関西芸人さんだから目にする機会が多いの!会えば会うほど好きになっちゃう原理を地で行っているだけなんです。じゃっサヨナラ。
ファッション・コスメTB : 0CM : 2
  [ ドンシャンと高らかに笑い上げ。 ]
2005-06-23(Thu) 00:00:00
私が辞め、Y上司が異動し、新しい上司と社員がやって来てからというもの「職場が暗黒社会のよう」と涙ながらに語るオシャレAさん、スポーティーHさん、温和Tさんを引き連れて「うめだスタンダード」ライブを観てきました。何故かF氏も一緒で弱冠テンションが下がりました。
5枚希望ってそういうコトだったのね・・・。ま、別にいいんですけどー。黒田氏も一緒だったので尚更いいんですけどー。


「芝居もん。」から始まった本日の「うめだスタンダード」、相も変わらぬ豪華布陣で堪能しました。しかもオオトリが私達の大好きな$10という点も効果絶大。自ずとテンションが上がるってなモンですよ。というよりマックスですよ(そこまでかい)。
Aさん達のストレスも大いに発散されたらしく、ライブが終わったアカツキには、全員清々しい笑顔&笑顔。その後はこぞってウキウキと夜の街に繰り出した私達なのでした。
やっぱり笑いって偉大。笑いに勝る癒しナシ。芸人さんって素晴らしい職業ですね!ドクターより即効薬を持っているんですもの。
とは言え、ダレよりも楽しんでいたのは私なんですけどにぃ~。うるさいF氏の隣りに座らなくて本当に良かったです。ライブってやっぱ集中したいじゃないですかー!


というワケでお馴染みになりつつある書き殴り感想(雑ですヨ)。


■芝居もん。
「ベルサイユのばら」
(出演)ブラックマヨネーズ、ランディーズ、
伊賀 健二、国崎 恵美、宇都宮 まき、井村 勝、酒井 美紀、宮崎 高章

こう見えて「ベルサイユのばら」を熟知しているんですね、私。漫画も全巻読破している上に、宝塚歌劇版も初演以外は何らかのカタチで全て観ているという徹底ぶり。だからハナシの筋がカンペキに入っているだけに可笑しくて可笑しくて!
そこはかとくなくビューティーなブラマヨ小杉君とか、出オチのブラマヨ吉田君とか、ミョーにカオの濃いランディーズ高井君とか、やたらと客席を気にするランディーズ中川君とか。
そんなコトよりも、原作の筋にちゃんと沿いつつもアレンジの効いたストーリーを大真面目に演じている彼らがなんせ可笑しかったです。民衆の叫びなどのシーンもヒジョーにリアルで本格的なんですよね。ちょっと感動。なのに、本編はパロディ色濃厚というギャップぶり。
無条件で笑えるコメディなので、バカ笑いしたいヒトには持ってこいだと思います。深さは全く無く、何一つ考える要素がないという潔さがステキ。セットは凝ってます。フィナーレもあります(椅子から転げ落ちるほど笑った!)。
引っ切り無しに笑っていたんですが、一番笑ったのは名前ですね。なのにオスカルはオスカルなのね、みたいなね。これ以上はネタバレになっちゃうので言えないや!!トータルで観た結果、小杉君が私の中のMVP決定!


■ネタもん。
井上マー
初めてナマで観ました。この出会いに感謝したいです。凄かったです。このヒトの凄さはナマで観ないと到底分かり得ないです。今まで「尾崎だけで何処まで引っ張るんだヨー」などとお腹の中で毒づいていてゴメンね、井上マー!スゴイよスゴイよ!ステキで浅~い連帯感をサンキューサンキュー!


海原やすよともこ
ともこ姐さん(同い年だよ!)の妹いじりはこのトコロ堂に入っているね!アニーの髪型がプリチー。ネタなのかネタでないのかの境目的漫才、いつ観てもいいネ!共感出来るネ!


後藤秀樹
笑いドコロが全く分からなかったです。ぬるいんですか?こんなモンなんですか?


バッファロー吾郎
遊園地ネタ。文句ナシ!「難しい」というウィスパーボイスが周囲から漏れ聞こえてきたけどカンケイナシ!天下無敵の凄さだと思いました。いつまでも葉加瀬太郎でいて!情熱大陸でいて!


サバンナ
しげお君のキモキャラは突き抜けているよね。八木君は益々トミーズ健さんに似てきたね。2人揃って「何処かほうっておけない魅力のある、母性本能くすぐるタイプのコンビ」だよね!で、肝心なコント内容は・・・「あ~いつものサバンナだ」みたいなネ・・・いや、好きなんですけどね。


$10
ハマーがネタ中に笑ったヨ!照れて何度も笑っていたヨ!その笑顔がすっごく可愛くて、ハマーよりも2つ年上のおねーさんは胸キュンものでしたとさ。ミーハーな発言も$10だから許されるハナシ(ダレが決めた)。ハマーと白川さんの「出て行け~!」、ビックリするほど面白かったです。なんであんなに面白いんだろう。あの面白さをまだ知らないなんて勿体ないヨー。今すぐうめだ花月へGO!それにしてもハマーの演技は自由自在だネ!ラブ過ぎてナニが何だかよく分からなくなってきました。大丈夫か?←結構本気で自分の身を案じている私。


約3ヶ月ぶりの「笑いの会」でしたが、相変わらずの$10人気は明らかに私の影響?(いや確実に・・・)。何はともあれ、過酷な状況のステキ女子達がたとえ一時的であろうとも癒しを体感出来たコトが嬉しく、すこぶる満足でした。
次の「笑いの会」は8月!楽しみ~(F氏は来なくていいヨってダレか言ってやって下さい・・・)。
エンターテインメントTB : 0CM : 0
  [ オトナの考えるコトでしょうか。 ]
2005-06-22(Wed) 00:00:00
「ぷいぷい」角さんのカミカミ台詞やぬるいトークが気になって気になってムカついてムカついて仕方がなかったのに、最近ミョーに心地良さを感じる自分がいます。癒し効果があるのかもネ~なんて思ったりして!!


コレって進歩?どっちの進歩?(いや、単に慣れだと思ふ)。


【今日のびっくらなコト】
先日、南海キャンディーズが近所の商店街に来ていたらしいよ!
千鳥に続く第2弾。
花嫁修業の為、主婦業までやっちゃっているニコさん、ほぼ日買い物に行っている商店街なのにぃ~。なんで会えないの?山ちゃーん。
商店街ではないけれど、ちょっと前にはランディーズも来ていたみたいだし。恐るべし、我がシティ(言葉がごっちゃですな)。


【今日の笑ったコト】
ヴィレッジ・ヴァンガード帰りにTさんとカフェに行ったのですが、店員さんが運んできたクラシックショコラに掛かっている金粉を一目見るなりTさん、「ハゲた金閣寺の金(メッキ)がココに!」ですってさ。面白い~。あーでも、文字にしたらちっとも面白くない~。ゴメンね、Tさん。


【今日の怒ったコト】
勧誘の電話!しつこいしつこい。その度に色んな演技しなければいけなくて大変(何の演技!?)。


【今日の困ったコト】
多機能で愛用していたビデオが遂にオシャカに!ついでにPCの調子も芳しくないです(単に重いだけなんですけどー)。
仕方ないので、ネットには暫く繋がずワードを駆使して文章書いています。ていうか目下の課題ですってば…(早く出せヨ)。ミクロちゃんのも未完成だし。何もかもそんな早く出来ないってば!


【今日の楽しいコト】
明日のコトを思うと楽しいヨ!またライブに行ってきます!久々に「お笑いの会」の始動です。オシャレAさん達に会えるのも楽しみ~。


というワケで、今日はもう早々にPC閉じます!おやすみっ!(あっ大変!チャット会に行かなくっちゃ)。


追記:
いつも自分のイメージでタイトルをパパッと後付けするんですが、余りに内容とかけ離れているので、タイトルオンリーで飛んで来られるヒトが気の毒で仕方ないです。でも改善しないんです。ゴメンなさい。だってコレは私流だから仕方ないのです~。
つぶやきTB : 0CM : 0
  [ リレーだ!リレーだ! ]
2005-06-21(Tue) 00:00:00
マイマイから噂を聞いて興味津々だった「Musical Baton」、今ブログで大流行しているそうなのですが、遂に私のトコロにも回って来ました!「impulse+dragstar」みどりさんから。身に余る光栄です。

■ニコさんの付け焼刃情報・・・「Musical Baton」とは?
音楽に関する幾つかの質問が「バトン」として回ってくるので、自分のブログ上で答え、次の5人を選んでバトンを渡すといったルール。けど、ブログ友達が少ない、またはいないヒトはどうするんだってハナシですよにぃ~。そういうヒトはご自分のトコロで潔く止めれば良いかと思われます。チェンメとかではないのでネ!

「設問」
1.コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量について
2.今聞いている曲
3.最後に買ったCD
4.よく聞く、または特別な思い入れのある5曲


1.えー、コレは少ないと思う。PCで曲を聴く&作るといったコトを全くしないので。今見てみたら2.67GBと出ました。ねぇ、コレってどうなの?多いの!?少ないの!?(いや、見るからに・・・)。

2.「全力少年」(スキマスイッチ)
しつこくしつこく聴いています(笑)。

3.「ネヴァー・ゴーン」(バックストリートボーイズ)
うあぁぁ、超ミーハーなセレクトで恥ずかしい。ニック、ラブ!

4.難しいですね。別々に選んでみます。
【よく聴く曲】
①「スキップビート」(桑田圭祐)・・・青春の全て!
②「まんをじして」(奥田民生)・・・ユア ナンバー1!!
③「タイガー&ドラゴン」(クレイジーケンバンド)・・・剣サマぁ!!
④「Boys&Girls」(サディスティックミカバンド)・・・緩い!!
⑤「モナムール東京」(ピチカートファイブ)・・・ノリノリ!!
【思い入れのある曲】
①「僕はここにいる」(山崎まさよし)・・・色々なイミで胸キュン。
②「my sweet darlin」(矢井田瞳)・・・色々なイミでハッピー。
③「大丈夫」(古内東子)・・・色々なイミで思い出し反省。
④「Study Afterschool」(松岡英明)・・・色々なイミで大笑い。
⑤「IS IT YOU?」(hitomi)・・・色々なイミで感慨深い。

うあぁぁ、邦楽ばかりになってしまった。洋楽でもイッパイあるんです。しかも邦楽も「ストロボ」とか「イノセントワールド」とか「ロビンソン」とか「今宵の月のように」とか、まだまだイッパイあるのー。トシを食ってる分だけ思い入れのある曲って多くなるんです。

というワケで、以上でーす。楽しかったです!アリガトウ、みどりさん。チュッ。 

コレを5人に回さなければならないというコトですね!
では、音大出身のミクロちゃんと業界経験者のキムコは必至ですね!リンク貼ってないけどヨロシク~。キムコはトラバもヨロシク~(笑)。※お仕事がお暇な時でいいからネ!
あとは、独断と偏見で音楽が好きそうな皆様をチョイス。
「IMPULSE NETWORK」ころろさん、
「Room207」かほるさん、
「From Y」shinさん、
ヒトツよろしくお願い致します!ブログで繋ぐご縁、ステキ!

あ、でも、強制ではないですので。
「遊びとして参加出来ないワ」と思われる方もいらっしゃると思うので!
(特にミクロちゃんね)。
バトンTB : 1CM : 7
  [ オレサマ節。 ]
2005-06-20(Mon) 00:00:00
「豆の花」っておからのコトじゃなかったんだって!
その昔、シェイクスピアの「真夏の夜の夢」でミクロちゃんが演じた妖精のコトだったんだって!(なんのこっちゃ分からないヒトは「ニコ掲示板」へGO!)。
そういえばそんな舞台もありましたね。結構大きな公演だったのにすっかり忘れちゃってたよ、私ってば(しかも「真夏の夜の夢」は愛読書だったよ)。
だってナンダカンダで結局観に行けなかったんだもんにぃ~。そりゃ忘れるヨ。観たかったヨ!ビデオないの?ねぇ。ねえねえ(超私信)。

そんなナイス情報をリアルタイムで入手しつつ、本日はミクロちゃんと仲良く「あさひグランド花月」を観覧しに行ってまいりました。あ、ご存知ない方の為に!ミクロちゃんというのは姉でございます。当サイトでは結構な有名人です。
それにしてもよく当選するよな~・・・。ピンポイントでしか出していないにも拘らず。ここ最近は出す番組全てではなかろうか。うーむ。なのにヒキョーな手口で行けるハズの試写会は日程が合わず殆ど行けないという・・・ショボン。やっぱり正当なルートを辿らなければいけないってコトですね。次こそはどうか!!

えっと、オンエア日が7/3というコトなので、詳しくは当日をお楽しみに~みたいなカンジでまとめたいのですが、どうしても書きたいのでちょこっとだけ。でもネタバレではないです。放送前のネタバレは良くないコトなのヨ~(皆も気を付けてネ!)。

収録は第1部と第2部に分かれておりまして、応募の際に希望を予め提出していた次第です。
その際、私は物凄く悩みました。当たるかどうかも分からないのに悩み続けました。悩みに悩んだ挙句、苦渋の選択で決定したのが第1部。
因みに第1部のメンツは、南海キャンディーズ、ビッキーズ、ネゴシックス、タカアンドトシ、ハリガネロック、ジョニー広瀬、千鳥、シャンプーハットという豪華布陣。第2部については割愛致します。

そうなの!私が初めてナマで目にする芸人さんが3組(+ジョニーさん)もいたの!だから最後はメッセに打ち勝ったの!(黒田さん、次はいつお会い出来るのでしょうか?)


では行くぞ!(順不同&割愛アリ)。


南海キャンディーズ
山ちゃんナシでは語れないね!挑戦し続けるその勇気がイイね!ラブ!面白かったヨ!


ビッキーズ
好きなんだけど好きなんだけど、好きすぎて期待しすぎちゃった!姑息な切り口がステキ。


ネゴシックス
ネゴ~!やっと会えたヨ、ネゴ~!つい肩に力入れて観ちゃうよ、ネゴ~!


タカアンドトシ
「おでかけルミネtheよしもとinNGK」以来でした。お久しぶり!「M-1」常連の貫禄があるネ。ミクロちゃん曰く「テンポがいいワ~」ナットクだネ!今日はNGK出番と(しかも2回)、うめだ花月出番もあったらしいですヨ。1日に何回漫才しているんだヨ~。働かせるネ!でもあの面白さは「関西にもっとプリーズ」だよネ!


ハリガネロック
ギャーーーーーッ!ユウキロック!お久しぶり!お久しぶり!会いたかったです。グスン。相変わらずアナタを観ると鶴光師匠を思い出すヨ(多分私だけ)。同い年の英雄、ラブ!


千鳥
何なんでしょうか、不思議です。初めてナマで観た感想が「不思議」。大悟君ヨリなんですがノブ君も好きです。カ・・カバエェェ・・みたいなね(笑)。そうそう、ネタ中だったかな、大悟君ファン必見のステキ表情が観られますヨ!要チェキ!


シャンプーハット
てつじ君、見直したヨ!今日のコトは心の片隅にいつまでも留めておくからネ!



幾らネタバレ禁止だからって、なんのこっちゃな低レベルの感想ばかりですみません。すみません。ゴメンなさい、もうしません。
エンターテインメントTB : 0CM : 2

copyright © 2005 Cheap chic!~日々本能のまま~. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。