Cheap chic!~日々本能のまま~

「生活は簡素に理想は高く」をモットーに、毎日楽しく生きています。基本的に亀更新です。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 序章(決意表明)。 ]
2005-07-31(Sun) 18:14:53
帰ってきました。
初日はとりあえずプロローグというコトで、こんなもんだろうと自分に言い聞かせ。
明日からホンチャンですからね、身を引き締めて1週間乗り切らないとね。
まず心配なコト。毎朝起きられるのかしら。
完全たる夜型ニンゲンなので、今日から徹底的早寝をして頑張りたいと思います。
自分の為とは言え、つら~…。
深夜番組が観られないのは、つら~…。
この間にせめてもいいコト(吉報とも言う)があればいいんだけどな。
どうだろうな。ビミョーだな。
まあ、欲を捨てて頑張りましょう。
頑張ろう、自分。

ここ最近では一番の疲労感かもしれない。
なんしかめちゃくちゃ疲れました。
ご飯食べて、ゆっくりお風呂に入って、さっさと寝ます。
おやすみなさーい。

己のダメダメぶりが殊更心に沁みる時、ジャン・ピエール・レオ主演の「夜霧の恋人たち」という映画を何故か思い出します。
探偵アントワーヌのダメ男っぷり、笑えるくらいスゴイんですよ。
愛すべきアホさ加減が不思議な癒し効果となっていて、彼の周囲は愛と笑いで溢れ返っています。
適当にのらりくらり生きている、
好きなように生きている、
でも人々に温かいパワーを与えている、
そんなアントワーヌに憧れます。

「彼のように生きたい」
旅人クンにそう決意表明してみると、
「これ以上自由に生きる気!?」
と、彼は西川きよし氏バリに目玉を見開き、大袈裟に驚いていました。

ひどいハナシだよ。プンプン。
スポンサーサイト
つぶやきTB : 0CM : 0
  [ ワンダーランドなオトコ達。 ]
2005-07-30(Sat) 21:23:25
めちゃくちゃ眠いです。
そして腰が痛いです。
ミョーにイライラもしています。
もうすぐ必ずヤツ(女子特有のアレ)が来る…そんな予感でイッパイの今日、朝もはよから母と出かけておりました。
ほんっとに朝早くてかなり苦痛だったのですが、そのおかげで恩師と思わぬ再会を果たすなど嬉しい出来事もありました。
「早起きは三文の得」とはこのコトかしら。
昼前には母とサヨナラし、梅田へ出てキムコと超時間短縮ランチ。
キムコが一大決心に至るまでの経緯を細々聞き、珍しくまともなアドバイスをしたのち、これから出勤というハードなキムコと別れてうめだ花月へ。

やっと観てきましたヨ!ザ・プラン9の「芝居もん。」。
ハー、長かった。ここに至るまでの道程が長すぎてもうナニが何だか分からない有様です。
しかも、今日の1回目に入ったヒトなら誰しも感じられたコトだと思うのですが、物凄くタチの悪い客がいたの…酔客ですよ。酔客!お連れもダレも注意しないしネ。
ココはNGKかと思いました。いや、NGKのヤジよりタチが悪いかも。
静寂を破りまくるワ、ウチワをバタバタさせるワ、「おもんない」だの「次行け」だの「ナニがおもろいねん」だの。
そのくせ、りあるキッズが登場した時に「ヨッ!日本一!」なんて叫んでるんですよ。笑えましたねー。安田君の「そうなんですよ。俺らおもろいんですわ」の返し。すんばらしー。
その後もオヤジのヤジは続き、皆イライライライラ。
ハアァァ。私は離れていたのでまだマシだったけど、近隣のヒトは相当辛かったと思います。でもコワイから皆言えないの。
で、この野次に耐えたままエンディングかー…と思っていたら、最後に吠えましたね。矢野ちゃんが(笑)。

「うるさい!ちょっと静かにせぃ、オッサンも!芸人皆やりにくかったって怒っとるワ!」。

漫才の流れを巧く活かして吠えたのですが、カッコ良かったです。場内大喝采(笑)。
皆同じコト思っていたのね…とミョーな連帯感が生まれたひと時でした。

さて、恒例のひと言感想を(ひと言で済まない箇所もアリ)。

■芝居もん。
「特捜フランケンシュタイナー~ヒールホールドで逮捕するのだ~」
(出演)ザ・プラン9

今から書くコトは全て私の勝手な感想なので、あまり深く考えないで頂きたいのですが、あのねー、なんて言ったらいいんでしょうかね。ぶっちゃけ、好きなテイストではないです。全然好きなテイストではないんです。何処か三文芝居的なモノを感じ、ストーリーもツメが甘いし底が浅いし、ダンスで場面展開したり照明で土地柄を表したりといったアタリも至って陳腐だし。そもそも5人が同じライン(主演)というのがヒキョーだし!そりゃあ、あんな個性的キャラが5人も集まったらトーゼン面白くなるだろ的な狡さね。
そんなワケで、私にはどーもこのテイストは無理だなー…などと思いつつ観ていたのですが。
と・こ・ろ・が!
不思議なコトに、観終わった後は「もう一回観たい」と強く感じたんですよ。ザ・プラン9の世界をもっと知りたいと思ったんですよ。コレは一体何なのか。特に好きなメンバーがいるワケではなく、「素晴らしい!」「面白い!」と思ったワケでもないのに、そう感じさせる何かキョーレツなパワーを放っていたのか。
強いて挙げれば久馬さんがやっぱり気になりますね。以前もチラッと感じたコトがあったんですが、ここまでじっくり観たのは初めてだったので、改めて思った次第です。
ホントに不思議なヒト達。というか、観ていて楽しい気分にさせられるヒト達。この楽しさが病みつきになるのかもしれません。それ故、一部でカリスマ的人気を誇っているのだろうなと実感。いや勿論、他に無限の魅力があるのでしょうけども。
矛盾したコトを書くようですが、それでも石原氏が描く世界はとても好きです。作品自体がイキイキしている気がしました。
そのイキイキ楽しい物語を粋なにーさん達が楽しそうに演じているんですよね。そこがすこぶる魅力です。何しか楽しそうなんです。
次回のザ・プラン9主演作も是非観てみたい…そう感じた時点で既にその魅力に嵌まりつつあるのかもしれません。

■ネタもん。
ミルククラウン
じゅんちゃんオススメのコンビ。結構好き!うめだは2回目だと言っていたけれど、すっごく馴染んでいたヨ!特にジェントル氏のオトコマエなのにマニアックさを感じる風体にクギヅケ!分かり易いネタで、且つ2人とも個性的で面白かったです。ラストの嵐ネタにイヨーに反応してしまった私(笑)。じゅんちゃんが言っていたのはこのコトだったのねーと感心。野次オヤジにもよく耐えたネ!大阪キライにならないでね!

後藤秀樹
野球のピッチングネタ。ホントは○○○ネタなんだけど、そこがオチでネタバレになるから割愛します。後藤さん、今日はかなり面白かったヨ!ピンの悲しさか、タイミングが大事な一瞬の隙をついてオヤジの被害を一番浴びていた気の毒なヒト。なのにオチはオオウケだったヨ!

野性爆弾
野次オヤジの被害ナンバー1の後藤さんの流れを受けて登場した野爆。心なしかくーちゃんのカオが引きつっていた気が。どちらかと言うとロッシーの方が心臓は強そうですね。というか確実に強そうですね(笑)。
掴みのトークでは前列に座っていた子供を唐突にいじり出す2人。野爆と子供との遣り取りなんてなんかほのぼのとしていてカワイイじゃないかーと思っていたら、くーちゃんの下ネタが…健全な子供に…(笑)。ガッデム!
コントは「動物園」という名の破天荒ワールドでした。くーちゃんの芸術センスとロッシーのヒトリ芝居には毎回ウットリ(笑)。

りあるキッズ
面白かったですねー、安田君。オヤジの野次を受けて一際弾けてましたね。でも私はやっぱりユウキ君のツッコミが好き。巧くなったな~。オトナになったな~(コレばっか!)。

ケツカッチン
ITネタから即興怪談ネタまで幅広く。オヤジに動じず、付け入る隙を与えず、堂々とネタを展開していたのはさすが貫禄。

矢野・兵動
漫才の運びが職人的ですね。いつか絶対に単独を観に行ってやろうと目論んでいる私、1個の漫才だけで世界を堪能出来るのはスゴイと思います。前は矢野ちゃんの胡散臭さがミョーに好きだったのですが、最近兵動さんがミョーに好き(笑)。何の心境の変化かしら。


今回はヤロー臭漂う演目ばかりだったせいか、リングでひと試合終えたような気持ちで家路に着きました。
やすともの代役として立った矢野・兵動の漫才を久しぶりにナマで観られたのが嬉しかったですね。近々絶対に、ぜーったいに、2人の単独を観る!そして、ザ・プラン9の芝居も観る!
コレが当面の野望です(笑)。

物凄く眠いし、明日からハードな毎日が待っているので、もう寝ます。
エンターテインメントTB : 0CM : 2
  [ 私は今モーレツに子供が欲しい(しかし結婚はしたくない)。 ]
2005-07-29(Fri) 20:37:59
私好みの映画館「サントリーIMAXシアター」において、「天保山10daysワクワク宝島」の一環として「名探偵コナン コナンVSキッド SHARK&JEWEL」を上映すると聞き、ソレを観たいが為だけにいそいそ出掛けて来ました。忙しいのに!でも、コナンの3Dですよ!飛び出すコナンですよ!飛び出すおっちゃんですよ!観たい!観たい!
で、観てきたのですが、めちゃくちゃ面白かったです。コナンのテイストは勿論、やっぱ3Dはスッゴイね!(…と子供のような感想を抱く三十路のオンナ)。

わらさん、みどりさん!今すぐお子さん連れて観に行ってほしい~。
そして、ついでに「大阪ほんわかテレビ」や「ダウンタウンDX」のセット疑似体験して来てほしい~。
その後は「オーサカキング」に行って下さいね、勿論!私もウロウロしてるかもネ。エヘ。
ああぁ私にもカワイイ子供が居たら、わらさんやみどりさん達とご一緒出来るのに。
「暑ぅございますわねぇ」とか何とか扇子を仰ぎつつ優雅に言えたのに!(このオンナは芦屋マダムにでもなっているつもりか。しかも芦屋マダムのイメージってこんなの?)。
オコチャマは居ないワ、自分がオコチャマだワなので仕方ありません。トホー。
しかも関東に住んでいたら、ずばんさんのオコチャマと遊んでみたいという夢も密かに持っています(笑)。だって面白すぎるんだもの。ずばんさん、いい迷惑だろーなー。
子供…特に男の子が大好きなんです!遊びたくて仕方ないんです。結構好かれるタチなんです!
ここだけのハナシ、女の子の場合は誘拐したいくらいの勢いで好きです(みどりさん、すずめさん、気を付けて!)。
私、きっと本気で遊ぶと思うの!もうオモチャなんかで遊ばないお年頃かもしれないんですけど、「それはおねーちゃんの!(怒)」とか鬼のようなカオで言っちゃうと思うの!(←そこ!「おねーちゃん…?おばちゃんじゃないの?」とか言わない!!本気でへこむから!)
それでもいつか遊んで頂きたい。オコチャマに(笑)。

願望だけでハナシが著しく脱線しました。

うだるような暑さ&初日というコトで物凄いヒトの渦だった為、ハッキリ言って人酔いしたデリケートな私ですが、それでも12時頃から16時過ぎまで楽しんできました。うーん、4時間が限度だな!観覧イベントに参加したらもっと面白そうですけどね。
後半はヘロヘロになっていたのですが、同人誌Tシャツを着た天津・向君に遭遇して弱冠テンションが上がりました(笑)。リアル萌え~。

その後は旅人クンとちょっとした意見の違いでケンカ勃発。…というか、私がまた一方的にまくし立てただけですけどにぃ。
あーなんでこんなにムカツクんだろ。夏だから?私に忍耐力がないから?
あいつの世捨て人のような性格が時々気に障って仕方ありません。

根本的なコトを思い出しました。
ブルーデー3日前だった!(緻密な計算によると)。
そりゃ苛立つハズだワ。腰もお腹も痛いハズだワ。
恐ろしい程の食欲なハズだワ!!

帰宅したらミクロちゃんから電話が掛かってきて、何かと思いきや、

「なあなあ、アンタの得意な“洋風きのこのパスタ”の作り方教えて」。

そんなコトでいちいち電話してくる姉が愛しくて堪らない今日この頃です。
日常TB : 0CM : 11
  [ 楽しく生きなきゃネ! ]
2005-07-28(Thu) 11:15:31
今日は1日中PCに向かい、その合い間に母と喋ったり、梅納豆そーめんを食べたり、キムコやスーちゃんと電話したりと、のほほーんした1日だったので、特にトピックスがないです。

というワケで、昨日の続き。

昨日は某ライブ目的で会社をサボって来阪していたひっきーとデートしていました。
梅田で映画を観て、千里でランチして、堀江でショッピングして。
昔、CM撮影の取材に行った際に寄った千里のカフェがめちゃくちゃ良くて、カメラマンと2人して「ココはデートで来たいよねー!」と手を取り合って喜んだコトがあるんですね。勿論2人でデートするのではなく、それぞれ想う相手がいたワケですが(懐かしきオッチー!)。
いつかまた必ず行こうと思いつつ、場所柄的になかなかその機会に恵まれなかったのですが、この度ひっきーの強い要望でのこのこ出かけた次第です。
道中は美人ひっきーと一緒でウハウハ喜び、千里から堀江に移動するのも苦にならないよねーっ的バナシで盛り上がり、千里駅から徒歩30分だけど天気もいいし涼しいから歩いて行こう!とギャーギャー喋りつつ、オンナ2人テンション高く向かったワケなのですが。
徐々に暑くなるワ、ハラヘリヘリハラで無口になるワ、着いた頃にはホウホウのテイでございました。

そしたらばなんと!

「CLOSE」の札が…ガーン。

へたり込むひっきー!倒れそうな私!!
ウガー、ゴメン、ひっきー!
へたり込んだひっきーは美しい笑顔で大笑いしていましたとさ。いい子や…私の友達は皆いい子や…。
私はあかん子や…。
前もって営業日を調べていなかったのが悪いんですね。悪いんです私が…と思いながらふと見たら、

「本日勝手ながら臨時休業とさせて頂きます」

の文字!ガッデム!
うわー、良かった。私が悪いんじゃなかったよー!
ホッと胸を撫で下ろした私は、ひっきーと一緒にこの珍事を高らかに笑い飛ばしたのでした。
その後、ハラヘリ隊の2人は道行くヒトに恥も外聞もなく「このヘンに、美味しいランチの店ないですか!?」と聞きまくり。
その必死の表情に危機感を覚えたのか、親切に教えて下さったおにーさん、アリガトウ(年齢28歳、営業マンと見た!)。
無事、ランチにあり付けました。チョン。

その後は堀江に移動し、セレクトショップでショッピング。
バーゲンシーズンでめちゃくちゃカワイイ帽子やらバッグやらがかなりお求め易い価格になっておりました。勿論、ちまっと買っちゃいました。バッグ大好き。
モデル体型ならぬ本物モデルのひき子さんはナニを着てもサマになるのですが、殊更似合うワンピースをお買い上げになられました。
アンタの前なら大抵のオトコはひれ伏す!!
が、ひっきー曰く、そうでもないらしい。七不思議だね。

堀江でもうっかりな私のせいでヒト騒動あったのですが、私の名誉の為に書きません!
でも言うなれば、USJで男子トイレに入ったとか、某高級ホテルのトイレから出てきた際にスカートの後ろ部分の裾をパンツッツに挟んだままだったとか、そういう類の事件です。はっずっかっし!

ひっきーとの本日の濃い話。
どうして皆、ハッキリとした言葉を欲しがるのだろう。
曖昧なのが楽しいんじゃないかー。
曖昧な中から真実を自分で見つけるのが面白いんじゃないかー。
全て言葉にしちゃったらつまんないよ。
ねぇ皆、そう思いませんか?

気が合うヒトとの会話は楽しいですね。
日常TB : 0CM : 2
  [ 感動の坩堝(るつぼ)。 ]
2005-07-27(Wed) 10:07:28
漸く観てきました、「SWエピソード3」(略すな)。

ぶっちゃけ。

はねトびでパロディ予告をしていたり、
大々的に特集していた1時間番組を観たり、
予告CMをしこたま観たり、
解説文を読み尽くしたりで、
観る前からすっかり観た気分になっていてお腹一杯だったんですよ。

最終章というコトで、SWフリークの私は気分を落ち着かせよう落ち着かせようとしていて、「思う程良くないよ」とか、「絶対ガッカリする部分があるハズだ」とか、至って厭世的見方をするよう務めていたのですが(だって期待外れだとイヤなんですもん)。

良かった!
良かった…。←余韻で繰り返してみました。

このシリーズ最終章はズルイ!ハッキリ言ってズルイです。
私を含めて、この映画に特別な思い入れのあるヒトにとって、忘れられない作品になると思います。伝説化すると思います。
こんな最高の完結ってあるのか。
泣いて泣いて、とめどなく涙が溢れてきて、確かに椅子から立ち上がれなかったよ、じゅんちゃん!!
ひきっ子なんて2回目だというのに号泣してましたからね。
何も言うまい。とにかく観て感動を共有しませう!
大いなる感動の渦に飲まれるであろうコトは必至です。
ストーリーについては一切触れないでおきますが、娯楽大作の醍醐味を大きく味わったコトは言うまでもないです。

ミクロちゃんなんて、最近まで観たコトなかったですからね。在り得ない在り得ない、職業的に在り得ない。
それをある日突然私の勧めで観て、
「めっちゃ良かった…」
と放心していましたからね。今じゃすっかりフリーク気取りですよ!なんなんだーウガー!!

まだ一度もご覧になったコトのない方には、
「4 → 5 → 6 → 1 → 2 → 3」
の順で観るコトをオススメ致します。

そして可能ならばエンドレスで観て頂きたい!私もそうします!そうしますから!
ああ、アナキン、ラブ!
今まで「ルーク、ラブ!」と豪語していたけど見事に変わったよ!あの弱さが堪らないよー。エーン。

未だ感動から立ち直れないワタクシでございます。

私も東京でライトセイバー振り回しながらカウントダウンしたかった!
えぇ、単なるお祭り好きなO型天秤座なだけでございますが。
でも羨ましいの!羨ましいヨー!!東京人!!
大阪なんて、貞子が梅田を徘徊していただけだったよー。エーン。

あ、武蔵さんが試写でダースベーダーに扮していたそうですね。
$10さんが言っていました。
それは観なくてもいいけど(失礼だな、オイ)、$10さんと一緒に試写を観たかったなーチェッ!
映画TB : 0CM : 2
  [ 混沌とした世界へいざなう名人…岡八郎氏・礼賛。 ]
2005-07-26(Tue) 16:55:47
依然として左手の痺れが取れず、朝イチで整骨院に行ってきました。
この間からお世話になりっぱなしのハンサムドクターが居るトコロです。デヘ。
ハンサムドクターに身を任せて引っ張ったりぶら下げたり骨鳴らしたりして貰って分かったのは、
この痺れがつい先日痛めた頚椎から来ているモノだというコト。
PCに向かう際の姿勢に相当クセがあるトコロが、根本的原因だそうです。
月間50ページ以上の原稿を担当していた編集部時代を思うと今は随分ラクなのですが(単発仕事だしね)、サイト絡みで日々かなりの量の文字を打つので、結局一緒のコトらしく。
本業として始める仕事はPCを使わないモノにしようかしらと思ったり。
でも、PC入力スピードの速さが取柄のヒトツなので、PCを使わない仕事というのはどうもな~…。ピンと来ないな~。
今はPCが私生活の一部みたくなっているし、切り離せないのですよ。
とりあえず姿勢を正すよう気を付けたいと思います。
ピアノを習っていた時からよく言われてたんですよね、「左手に力が入りすぎてる」って。
不器用みたいです、どうも。
皆さんも気を付けて下さいネ(いや、オマエぐらいだろ)。

話は変わりますが、私が花の女子大生だった頃、フロント受付のアルバイトをしていたスポーツクラブに幽霊会員の芸人さんがいました。
ヒトリが井上竜夫さんで、もうヒトリが岡八郎(現在は八朗に改名)さんです。
お2人とも滅多に施設利用はされませんでしたが、一度だけ、支配人に連れられて行った会食の場で、岡さんにお目に掛かったコトがあります。
船場太郎さんが2枚目を演じていた頃から吉本新喜劇を観ていた私、当然ながら岡さんの「くっさー」「通信教育でな!」の大ファンでありました。憧れ的存在でありました。キャッキャ言いながら喜び勇んで握手して頂いたモノです。そんなミーハーな私に岡さんはイヤなカオヒトツせず、「お若いのに珍しいな!」とニコニコ微笑んで下さいました。
時代は流れ、「新喜劇」一斉リストラが行われ、座長も交代し、岡さんのコトを知っている若いヒトが少なくなってきた今も、私の中では、花紀京さんや木村進さんらと共に「新喜劇」の一時代を築かれた方として、岡さんは鮮やかに息づいています。
私が岡さんにお会いした数年後、手術をされ、やがて闘病生活に入られたとお聞きしました。
「ナマの舞台で一度あのカリスマ的ギャグを観てみたい」という願いは遂に叶わないまま、亡くなられてしまいました。
私的ブログで著名な故人を偲ぶのは私のモットーに反すのですが、どうしてもこの思いを綴りたかった次第です。
でも、いざ書くとなると、どのように表現したらいいのか言葉に詰まります。
ボキャ貧のレベルなどではなく、もっと深いトコロで悩んでしまうのです。

今まで芸能人の死をこれほどまで深く心に刻んだコトのなかった私、
スポニチの記事を読んで不覚にも涙が流れてしまいました。
岡さんの一番弟子だった巨人師匠のお言葉からは、岡さんの良きお人柄が如実に窺えると思います。素敵なエピソードです。コレを読むと岡さんの全てが分かる気がします。
懐の広いニンゲンになりたい、そう思わせる記事です。

*岡八朗さんに関するスポニチの記事はコチラ
エンターテインメントTB : 0CM : 3
  [ 名仕切りが必ずしも名司会者になれるワケではない。 ]
2005-07-25(Mon) 00:25:29
今日から3日間心を入れ替えて仕事しようと決意したはいいのですが(そもそも遅いし)、やる気が全く出ない為にエンジンが掛からず、早速煮詰まったのは言うまでもないです。チョン。

現実逃避をする為にテレビを点けたら、たまたまGAORAで「$10のしゃべりBar」が始まったトコロだったのでビックリ!(チェックミスのアンポンタン)。
テンションが上がりました。
しかもゲストは野性爆弾(+後藤秀樹さんとダイアン)。
更にテンションが上がりました。

$10さんと野性爆弾さんが揃い踏みなんて、今最も私を熱くさせる布陣じゃあないか!ナイス!その人選ナイス!その番組編成もナイス!

2年前にオンエアしたモノの再放送だとかそんなコトはどうでも宜しい。

ホストにしか見えない白川さんとか、
茶髪が若々しいハマーとか、
狙って喋ると滑るのに狙わないで放った一言が破壊的に受けるくーちゃんとか、
もうキュンキュンキューン!

そしてロッシー!
ロッシーが乗るグリーン車はマイナスイオンが発生しているんだってー!
新幹線で売り子さんに「お茶かコーヒーありますか?」と聞いて「コーヒーならあります」と言われたのに、「じゃあいいです」って言ったんだってー!アナタは一体ナニを飲みたかったのか。
サバンナの八木君に「家の前に木が8本あったから八木っていうんですか?」って聞いたんだってー!八木君は「3本しかなかったワ…」と答えたんだってー!

ラ・ブ・リー。

$10さんの司会は、残念なコトに今ではなかなか観られないのですが、なんて言ったらいいのかしら、「捨てない仕切り」の出来るヒト達だなと感じました。
あのね、例えばこう、トークが波に乗って来た時に、天然じゃないタイプのヒトが空気読めない発言をしたりする場合って多々あるじゃないですか。で、そういう時って仕切りのヒトが大概「もうえぇですわ」とか言ってスパンと切ったりするじゃないですか。そうやって切ったらラクだからだろーなーと思っていつも観ていたのですが。
でも、$10さんはソレをしないんですよ。ちゃんと最後まで根気良く聞いて、何とかして広げようとされるんですよ。スッゴイ。なかなか出来るコトではないと思います。

そういえば、堤下君もヒトをスパンと切らない仕切りをする気がする。
そして私はそういうタイプの仕切りの方が好きです。

$10さんの良さがイマイチ世間に知れ渡っていないとしたら、それはきっと、$10さんが心得すぎているからだと思いました。
何処か足りない(頼りない)雰囲気のするヒトの方が逆に面白さを感じたりしますよね。
でも私は$10さんが好き。野爆さんも好き。

1時間(実際は野爆登場後の正味30分)大笑いした後、気分はスッキリ。一気に原稿を書き上げました。下書きの段階ですけどね…チョン。

そんなこんなの夜、左手に異変が!
掲示板にせっせとレスしていたら突如左手に力が入らなくなり、ブルブルしてきまして。
腱鞘炎、再び!?
青ざめた私はとっとと寝るコトにしました。おやすみなさい。

それにしても、「よしもとネタ・ザ・バーゲン」に$10さんが出なかったのはイイとしても(だって、地方から帰ってきて翌日NGK一発目ですヨ!9時半に舞台に立たなきゃいけないんですよ!しかもその日はうめだもあるんですよ!過酷~)、メッセ黒田氏がピン芸人さん達のトークに10分以上も時間を割いていたのはどうかと思います。
そのせいで押したのか、その後に出てきたランディーズや何やかんやのトークコーナーの短かったコト!(しかも結構な数のコンビさんだったの!)。

時間配分って大事ですね。

結局、「ネタ・ザ・バーゲン」で一番笑ったのは友近さんとケンコバさんでした。
私ってキワモノ好きかもネ(あの友近さんのレオタードは確実にキワモノの部類だと思うんです。可愛かったですけどにぃ~)。
エンターテインメントTB : 0CM : 0
  [ 笑いは地球を救う!…と思う。 ]
2005-07-24(Sun) 23:18:03
それこそ1日中、25時間テレビを観ておりました。テレビっ子、バンザイ。
こんな日も珍しいです。でもこんな日があってもいいなとデレデレ。大好き、テレビ。

昨日の目玉はなんといっても、我々「ひょうきん族」世代にとっては夢のようなラインナップ、さんまさんと紳助さんの融合でしょう。なんて豪華な!
オイオイいつ寝かしてくれるんだよーなどと思いつつ、もうフジテレビの思うツボ。ずっとずーっと観てしまいました。若手には脅威的存在である兄さん方の特徴が細やかに現れたコーナーに仕上がっていて、ナマらしい綱渡り感覚も至極痛快。さんまさんのタジタジ&引きつりまくりの表情なんて滅多に観られるモノじゃございません!私と同い年の中居クンが若く見える見える、ひよっ子に見える見える。ああ、いいなぁ。

結局、「恋の大かま騒ぎ」を完結まで見届け、フットよく頑張ったとかジカチョーさんはオイシイなとか思いつつ、クタクタになって寝たのが明け方。そして11時過ぎにのこのこ起き、「いいとも」が掛かっている時間帯に明け方から現在までの録画Vを一気に確認。爆笑問題と安藤キャスター、青木さやか嬢と木村キャスターという組み合わせがミョーにツボでゲラゲラ笑いました。インパルスが出ていないのは残念でしたけどね。それを抜きにしても楽しめたのでイイです。「THE WAVE」も良かった。繋ぎでダーッと観てみたいです。梶原君のマジメな表情はステキだね!板尾さんはカッコいいね!竹山君は演技が巧いね!そしてやっぱり鶴瓶師匠だったね!

さんまさんにしろ、紳助さんにしろ鶴瓶さんにしろ、テレビを愛しているんだな、バラエティを愛しているんだなというコトがそこらで如実に感じられたステキな時間でした。「愛」だのなんだのって今の時代要らないコトかもしれないけど、私にはやっぱり必要。ラブ!自分の仕事を愛せる、誇りを持てるって素晴らしい。ここ数年、この時期は校正やら青焼きやらで仕事三昧だった為、フジの特番をナマぶっ通しで観たのなんて久しぶり。
家でテレビ三昧もいいなと思った休日でした。

し・か・も!
今日の深夜は天神祭りスペシャル。テレビ大阪で若手漫才の特番をするんですよね。もう楽しみで楽しみで!
陣内君や$10、バッファロー吾郎等が出ていないのは残念極まりないですが、濃いメンバーを堪能出来るとあっちゃあ見逃すわけにはいかぬ。

こうしてどんどん夜は更け、どんどん切羽詰ってきている私です。

ダレか、私に鞭とニンジンを!

お昼間、ベランダをスズメがゆったり通っていました。
灼熱の太陽が降り注ぐ中、焼き鳥になってしまわないか心配で見守っていたら、後から来たスズメと仲良く飛び立って行きました。
なんだかとっても幸せな気分になりました。
エンターテインメントTB : 0CM : 2
  [ 恋仲らしいハナシなど。 ]
2005-07-23(Sat) 23:35:41
おっといけない。
吠えていたら肝心なコトを書き忘れていましたヨ。
今日の日常日記です。

今日は旅人クンの家に遊びに行きました。
交際5ヶ月にしてまだ3度目の来訪という少なさ。ヤツは忙しすぎます。
しかも夜からはまた打ち合わせで外すとか言いやがって(前から知ってましたけどネ)、でもそれが大阪方面だったので、ちゃっかり車中のヒトとなって帰って来ました。
勿論、職場近くの仕事なら私は公共の乗り物ですごすご帰っています。いやホントに。ホントなんだから!

最近運動不足だねというハナシになったものの、まさか中・高時代にサッカーやっていた旅人クンと2人してサッカーをするワケにもいかないので、近所の緑地公園でバドミントンの会を開きました。楽しかったです。暑かったけどネ。でもバドミントンってハンパないハードスポーツですね。旅人が手加減しないモノだから、フリスビーを追い掛ける中型犬の如くハッハッ舌を出して走りまくりました。ジャンルは違いますが、岡ひろみと宗方コーチみたいなカンジ、鮎原こずえと猪野熊監督みたいなカンジです。著しく違う点は、私にはその素質が一切ないというコトです。タハー。
毎日ストレッチをしているとは言え相当ぬるいらしく、買い物の途中で危うく全身冷や汗かいてぶっ倒れそうになりました。
健康な身体を下さい、神様!(特に不整脈な心の臓を正常に所望)。
ついでにモデルばりの容姿も下さい!(長い足とか、抜けるような鎖骨とか)。
あと、使っても使っても減らない財布を!(打ち出の小槌ばりに!)。
食べても食べてもなくならないアイスを!(レディボーデン系です)。


私達がそんなコトをしている間に関東地方は大変だったみたいですね。阪神・淡路大震災の恐怖を未だ忘れ得ない身としては、「地震」と聞くだけでブルブルモノなのです。
旅人クンの実家が横浜なので、彼は速攻電話していました。ご家族の皆さんがご無事だったようなので良かったです。それとは全く別次元のコトとして捉えて頂きたいのですが、ニュースを知ってから電話するまでの彼の様子が尋常ではなかったので、「ひょっとしてコイツ、マザコン…?」と疑った私。

ま、統計学に拠ると、オトコは基本的に全員マザコンだそうですからね!(…と、強がってみる)。
オトナ恋愛TB : 0CM : 2
  [ 諸刃の剣。 ]
2005-07-23(Sat) 22:46:42
日本人はどうしてこうも先を急ぐ人種なのでしょうか。

AがBと出会って、BによってCという感情を得、そのコトによって精神的成長を遂げる…といった起承転結こそがドラマの醍醐味だと思うんですね。そうした心の葛藤が面白いのであって、諸々の過程を経て一回り大きくなる主人公、最終回が近づくにつれて漸く「ドラマが伝えたいメッセージ」が明確になって観る側の心に響く、それこそがエンターテインメントじゃないかと思うんです。そのメッセージは受け手次第で全く違うモノになるかもしれない、それを各々探しながら観るコトが楽しいワケで。まあ、時にはそんなカタルシスが味わえないドラマも存在しますが、それは置いといて。繊細な遣り取りを省き、いきなり答え(どういうつもりで作っているんだとか意図は何処にあるんだとか)を知りたいだなんて、人生の機微もナニもあったもんじゃないです。ああ、嘆かわしい。

確かに和美ちゃんは可哀相です。マヤ先生はヒドイです。クラスメート一同も単純過ぎるというか短絡的思考過ぎるというか、描かれ方が極端でヒド過ぎます。でもそれが子供の純粋さであり残酷さでもあると思うんですね。そこを巧く表現しているなと感じます。集団意識の怖さとか個人主義に徹しきれない弱さとか、そういう脆い部分をヒシヒシ感じる次第です。その脆さはオトナの私達でさえ持っている。そうです、コレはオトナが観るべきドラマなのです。そして、オトナはこのドラマに対して「教育上に悪い」とか何とかワーワー言ってはならんのです。悪いなら見せなければ宜しい。アナタも観なければ宜しい。テレビ局がナニをオンエアするかは自由なのであって、決定権はテレビ局にあるのです。残念ながら。改革したければテレビ局に勤めれば宜しい。ムリなら諦めて泣き寝入りするしかない。二者択一です。私もあまり好きではない類のドラマはあります。ありますが、「ドラマはヒトの極端な部分をデフォルメして見せるエンタメ」だというコトを心に刻み、その場合は厳かにチャンネルを変えたいと思います。

それにしても、和美ちゃんとおねーちゃんのエピソードには泣けました。いざという時に頼れるのはやっぱり身内ですね。ナンダカンダ言っても血の繋がりってスゴイです。私もやんちゃしていた頃は姉に随分助けて貰ったモノ。姉は申し分なく真っ直ぐで強いヒトでしたから。反して私は弱い弱い。私がいつまで経ってもお姉ちゃんっ子でいるのはそういうトコロが要因かもしれません。いいトシこいてね、あーあ。

今日はもういっちょ。

私はいつも自分のサイトでワーワー喚き、徹底管理する為にあちこち工夫を施し、鉄の管理人になっているのですが、時々ふと「こんなんでいいのかしら。もっと開放した方がいいのかしら」などと気弱な思いを抱いてしまいます。
でもそんな思いは金輪際捨てたいと思います。
このトコロ人気赤丸急上昇中で、私もヒジョーに好きなコンビのファンサイトさんがあるのですが、管理人さんの雰囲気がかなり好きで足繁く通っている次第です。先日その掲示板でヒジョーに共感出来る管理人さんの書き込みを発見しました。とても心に響きました。一緒だなんて言ったら失礼だと思いますが、「私と同じだ!」と何だかとても親近感が沸いてしまいました。だからこそ大好きなテイストのサイトさんで、リンクさせて頂いているのですが、改めて管理人さんの姿勢に感心した次第です。
言うのは勇気が要ります。ナニも自ら雰囲気を壊すようなコトを好んでしたくはないのです。ですが、私が言わなきゃダレが言う、自分の城は自分で守らなきゃね。
*注)リンクはコチラには貼っておりませんので悪しからず。

これからもその姿勢は貫き続けたいと思います。たとえ嫌われてもネ!

結局うめだ花月2周年トークイベントは「海原やすよともこ&ハイヒール」カードをゲットしました。こんな組合わせは滅多に観られるモノではないので、ヒジョーに楽しみです。しかも最前列!よっしゃ!頑張った!!
エンターテインメントTB : 0CM : 2

copyright © 2005 Cheap chic!~日々本能のまま~. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。