Cheap chic!~日々本能のまま~

「生活は簡素に理想は高く」をモットーに、毎日楽しく生きています。基本的に亀更新です。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ わくわくせず。 ]
2006-07-31(Mon) 00:05:44
今日でもう7月が終わりとか、ちょっと早すぎ!
あと5ヶ月で1年が終わるんですって。
あと3ヶ月で私は……ぎょえーっ。
若い若い言われる度に恥ずかしくて穴を掘って入りたい昨今です。
私に「若い」は褒め言葉ではないのです。童顔なのは生まれつき~。
平均年齢○○歳になっても尚言われたら、ただのキモチワルイ女です。

年相応のオトナのオンナになりたい。そこ、ムリとか言わない。

ところで、毎日すんげー暑いですね。
一方、電車内や建物内はイヨーに寒く、温度差で毎年風邪を召してしまうワタクシ。
今年も例外でない予感です。ブルブル。

オフ日だった本日は、わくわくイベントに行ってきました(天保山の方ね)。
with 旅人クン(笑)。
マジーとカーリーが見たいらしい旅人クンは終始とってもテンションが高く、鬱陶しかったです。
関東弁だから余計鼻につく。←関東人を敵に回すワタクシ。
暑いから余計腹立って、コイツはナニを浮かれとるんじゃとイライラしていました。
たまたま会社の後輩に会ってしまい、彼氏でもないので紹介に困りました。
「えへ、友達(照れっ)」
とか言ったりして。照れるイミが分からん。
わくわくでは有名人に1人も会わず、意気消沈。去年は萌え~のヒトとか見たんだけどな。
期待薄のキングに賭けたいと思います(行く気だよ)。
スポンサーサイト
日常TB : 0CM : 0
  [ 最高気温32℃ですってさ! ]
2006-07-26(Wed) 22:58:23
060726_225614_M.jpgやっとココまで爪が伸びたので(経緯はミクシィにのみアリ)、基本のフレンチに久々トライ。上手に出来ました♪
土台は、買いたてホヤホヤのパラドゥの新色・イエロー(スケルトン系)。もっと色が透けてしまうかな~と思っていたのですが、重ね塗りしたらキレイな発色で喜び~。最近嵌まってコレばっかというお馴染みのシールを貼って、美しくないトコロはカバーして終了。そうです、中指が美しくなかったんです。

すっかり忘れてたんですけど、世間って夏休みなんですね!こにくらしい~!
今日はオフなので、1日DVDでも観てのんびりしようとレンタル屋さんに出かけたら、小学校のプールから子供達がはしゃぐ声がキャッキャと聞こえてきた次第。しかも、ふと気が付けば、都会の木に止まる虫(蝉?)に夢中で迫る子供やお母さんと一緒に駅へ出かける子供やら、ワンサカワンサカ。町中に子供が溢れているではないか!
子供にとっては楽しくて堪らない夏休み、お母さん達は大変ですね。頑張って下さい、と子育てを既に放棄している独身三十路は心から思うのでした。私も仕事頑張るよ。

それから。
とりあえず、ミクシィからの観覧感想コピペ作業は完了したので、過去分をコレ以上アップするコトはないと思われます。
そうそう。
最近、野爆さんやインパルスのファンと思しき方々がよく閲覧しに来て下さるようですが(それはそれでありがとうございます!)、彼らのコトは当分観に行かないので感想なんて書けないよ!と断言しておきましょう。ましてやプライベートなコトなど知る由もないので、私に期待しないで!
「ロッシー ホウホウ(やっと分かったよ、このエピソード)」とか「堤下君がホモ」だとかで検索してくるのはどうかやめて頂きたいモノだわ、とワタクシ憤っております。
なんかさ、もっとさ、「漫才のネタ」とか「面白い漫才」等といった硬派なワードで検索してくれると嬉しいんだけど。ビジュアルや私生活には最も興味がないので申し訳ない限り。
日常TB : 0CM : 3
  [ お祭り騒ぎ。 ]
2006-07-25(Tue) 00:47:48
白川さん、予想通りに後楽園進出!素晴らしい!
今回のD関はなかなかレベルが高く、いつも以上に甲乙つけがたい印象ですよね。ダークホースもいたりして。それが白川さんだったりして(失礼?でも知名度という点ではそうかも)。
決戦のその時まで勝敗分からず、といったカンジでホントに楽しみです。
観に行きてぇ~…。なんで東京やねん。関西って名前のくせに。結局、東京中心ですか、あーそうですか。
それにしても、「マ・コ・トその3」での「ギャグワールドカップ」におけるバクハツ力・シュンパツ力・キソウテンガイ力・ジゾク力なんかを拝見していると、白川さんの実力の凄さは未知数だなと感じずにはいられません。
その実力を惜しみなく発揮して頑張ってほしいですね!とかなんとかクソマジメに書いてしまった後でどうなんだと自問自答。お笑いで「頑張る」っていうのはなんだかなー。どうなんでしょうね。ちょっと違う気がするけど、まあいいか。

さて、本日は結局天神くんだりまで行ってきました。
人!人!人!
大阪人以外は出て行けー!…というのはウソです。大阪は観光で成り立っている街ですから、皆さん大阪でどんどんお金を使って行ってね。
それにしても真剣なハナシ、ヒトが多くて多くてヒトの波に久々酔って吐きそうでした。必ずイケてないカップルとかいるしね。公衆の面前でイチャイチャ暑苦しいんだよ!←ひがみっぽー。
一方、浴衣女子は可愛くて仕方なかったですね。女の子好きな私としてはウホウホ状態。
浴衣ってカラフルでどの色もホントにカワイイんですけど、やっぱり若いコに渋い色は似合わない気が。赤やピンク等が映えますよね。
中でも今年は黄色やオレンジの浴衣のコをちらほら見かけたのですが、凄くセンスが良かったです。手にしている小物もキュートだし、髪型もプリチーだし。そんなコ達が女子同士でつるんでいたら性欲ギンギンの男子の餌食だよーとか心配している私はすっかりオバサン。
しかも私なんて浴衣じゃないしね!(誰も期待してない)。
祭りって何故か皆の気分を浮つかせる危険性を孕んでいますよね。
若い男子は獲物を定めるように女子を探し、女子は着飾って男子なんかに全く興味ないフリしながら声を掛けられるコトを待っている。互いの欲望が垣間見える、まるでサザンの歌に出てきそうなシチュエーション!
しかしながら、そんなコトとはさっぱりカンケイない私は、その後お好み焼きを食べてベラベラ喋り倒し、梅田まで歩きながらアイスを食べて、終電に間に合うよう帰りました。チャンチャン♪
日常TB : 0CM : 2
  [ 電車でぼやく。 ]
2006-07-22(Sat) 23:45:47
もうホントねぇ、腹立つ。
ナニが腹立つって、大阪のオジサンオバサンによる割り込み乗車ですよ。
何処の地域でも似たようなモンかもしれないけど、大阪の発生率は最上位だと思われ。
すっごくさりげに入り込んできますからね、奴らは。
あるイミ器用ですよ。
カチンを通り越してムカムカムカ。
大体、電車待つ時って「2列で縦」っていうのが基本だと思うんですが、元々並んでいたヒトが2列であろうと奴らは横広がりでグイグイ攻めてくるんですよ。
で、ウカウカしてたらいつのまにか前に滑り込んでるんですよ!

今日はあまりに腹が立ったので、扉が開く直前に、オジサンが割り込んだ更に前へと回り込んでやりました。
そんな私がみっともないってコトは重々承知のすけなんですけども。
秩序を乱すヤツは誰であろうと許さん!

あとさぁ、降りるヤツが先だろってハナシ。
コレも大阪発生率高しなんですけど、大阪ってねぇ、降りるヒトを遮るカタチで、扉のド真ん中にドドンとヒトが立っているんですよ。
どうなの?降ろすな!降りるなオマエら!的勢い?
なんだかね~、なんだかなんだかです。

ただでさえ夏って暑くて不快指数大なんだからさ、皆もっと譲り合いの精神で行こうよと思うのは私だけ?
あー、やだやだ。
つぶやきTB : 0CM : 2
  [ どうなんだよ再開。 ]
2006-07-21(Fri) 20:22:55
こんばんは。
あまりにも放置し過ぎていました。すみません。

これといったキッカケがあったワケでもないのですが、しかもなかなかキッカケが掴めなかったりもしたのですが、気まぐれでそろそろ再開してみようかなーとか思った本日。
ネットってフラッとやめてフラッと再開して…てなトコロが便利といえば便利なんだけど、だから世の中がちょっとダメになっちゃうのではないか…などと思ってみたりみなかったり。
現実世界では、突然フェイドアウトしたらそれこそ死に物狂いで捜索願い出されたり心配されたりするワケですよ。
それが、ネットの世界じゃ普通に出来ちゃって、しかもナニゴトもなかったかの如くまたフェイドイン出来るっていう摩訶不思議さ。

再開して何をぐだぐだ言っているのか分かりませんけども、なんとなく本当になんとなく戻ってみました。

まあ、実はミクシィでせっせと日記書いていたんですけども。
身内や知人、友人といった超現実な世界の中で日記を書くという行為は凄く心地良く且つ楽しく、最初は戸惑いつつも、やってみると意外に楽しいっていうか。
なんですかね、安心感なんですかね。
私の日記をこういうヒト達が読んで下さっているんだな~という安心感。
だったらネットの意味なんてないし、それこそ交換日記(古い!)やメールなんかをしとけばいいじゃんってハナシですよ(笑)。矛盾矛盾。

あとは普通に仕事をしたり、友達やミクロちゃんと遊んだり、お笑いや映画観たり、美味しいモノ食べたり、サイト閉じたり、脚本書いたり、たまに旅人クン達と遊んだり、体壊しかけたり、ダイエットしたり、新しいカメラに目を付けて写真撮ったり、そんな風に毎日を生きてきました。

また気まぐれでフェイドアウトするかもですが、その時は気長にお待ち下さいね。
ミクシィからコピペしてちょこちょこ過去分(観賞感想とか)はアップする予定なので、気が向いたら読んで下さいな。
日常TB : 0CM : 2
  [ 環境がそうさせるのか。 ]
2006-07-20(Thu) 22:42:06
サクッと当たったので、会社を大慌てで休んで(ちゃんと埋め合わせはしたのよ。休日出勤して)行ってきました、「ZAIMAN」。私が入ったのは一部でした。
前のヒトのアタマとか動きとかで見えなかったり苛ついたりするコトがなきにしもあらずなので、密かに「最後列がいいなぁ」などと思っていたら、なんと叶ったり!
願ってみるモノですね。ヤッホーイ。

さて、ここからはネタバレ注意です。内容詳細までは書きませんけどなんとなく気を付けないとね。オンエアを控えてますから。

◆笑い飯
カレーを巡るお父さんと子供のネタ。
西田君が髪を切った噂は耳にしていましたが、目にするのは初めて。なんか懐かしいといったカンジでマジマジ見てしまいました。同行したユズコは「カッコイイ!」と驚いていたので、そこに驚いたんですけど、そういえばそうだよね、カッコいいよね、西田君って。
トップバッターというコトが軽く彼らのプレッシャーになっていたのか(オンエアではその部分がカットされているかも知りませんけど)、「トップバッターのヒト達はいつもしっかり漫才をされているけど僕らはそうはいかないんで」みたいなコトを言っていました。が、爆笑に次ぐ爆笑でさすが!

◆フットボールアワー
反抗する息子に対するオヤジのヒトコトネタから、バンドを組みたいノンちゃんというネタへ。
いやぁ~…斬新だった~…。フットの漫才は何度も何度も観ていますが、こんなに新鮮な感情を得られるのは初めてです。歌とかはね、ライダー系のネタとかもあるし、別に今更ですけど、何やろうか、ノンちゃんの勢い?前へ前へ!的ノリなんですよ。グイグイ来てるんですよ。自信満々なんですよ、今まで以上に。面白かったです。一見にしかずってコトで是非ご覧アレ。

◆チュートリアル
自転車のベルを盗まれた福田君の発言から、以前同様の経験をした徳井君のツライ思い出バナシへと流れるネタ。
激しかったですね。徳井君が。なんしか。支離滅裂だし破壊的だし激動的だし。受ける福田君はいつもどおりなんですけども。フンフン頷きは観られたけど、「ナニを言ってるか全く分からないですけれども」という早口のツッコミが聞けなくて残念でした(なんのこちゃ)。
全体的にめちゃくちゃ感が大層面白かったのですが、オチが…。私が思うチュートネタのオチの中ではバクハツ的につまらなかったです。残念。

◆海原やすよともこ
最初の掴みとか客席を引き寄せる術とか最高に巧いですよね、このヒト達。なんなんですかね、一体。惜しみないサービス精神と、徹底した「自分落とし」が功を奏しているのか?素晴らしいです。ハンパないです。しかも普段の舞台とテレビとでモチベーションが寸分違わないトコロも良い。
途中、ともこちゃんの動きが激し過ぎて、スカートのフックが外れるというアクシデントも。「いくくる師匠か!」というやすよちゃんのツッコミに笑えました。カットしないでね。

◆ブラックマヨネーズ
ブツブツ男がどうしたらモテるのかネタ。ナマで漫才を観るのは半年ぶりぐらいでしょうか。
今日は殴らなかったな。ソレが新鮮でした。後は可も無く不可も無く。
理由が謎なのですが、M-1優勝以来、ブラマヨを面白いとホントに感じなくなった。かつてあんなに好きだったのに。あと、テレビ撮影終わりで今一度DかADのヒトが芸人さんを私たちに紹介して下さるんですが、ブラマヨさんだけが「横挨拶」でサッと去ってしまったんですよ!(真っ直ぐアタマを下げずに流しお辞儀をするカンジ。分かりますかね)。ソレがね~、細かいようですけど、なんかなんかなーんか!残念でした。ブラマヨだけに。

◆メッセンジャー
メッセンジャーも漫才以外で活躍していかなあかんなネタ。
もう溜まらん!可笑しすぎる!しかも運び方がめちゃくちゃ巧いです。顎が引きつってずり落ちそうなほど笑いました。オジサンもオバサンも中途半端年齢もギャルもニーチャンも、皆ずーっと大爆笑していました。なんなんだ、あのヒト達は。パラちゃんの衿ネタとか口角ネタとか、何度も観て、ココでこう言うって分かっているんだけど、笑ってしまうんですよ。黒田さんの言い方やパラちゃんの表情、暴走ぶりとか最高に可笑しくて、もうホントに面白いんですよ。
メッセの漫才を観てないヒト、一回観て!ホンットに。
しかも、やすともと一緒で、モチベーションが一定なんですよね。最初から最後まで崩れるコトがない。舞台と何らテンションが変わるトコロもない。
感心だったのは、私たちの座っている位置からスタンバイしている芸人さん達が見られるようになっていたのですが、前座終わりで既にスタンバっていた姿が見えたのがメッセさんだけだったんですよ。ブラマヨさんが袖に引っ込んだ時に、黒田さんの姿が見えたんですよね。他のヒト達も勿論スタンバイされていたとは思うんですが、あんなにキワキワのトコロには立ってらっしゃらなかったんじゃないかなぁ。蛇足ですけど。
最後の最後まできっちりお辞儀して帰って行かれるトコロまで、本当にステキでイカした兄ちゃん達だよな~という印象でした。

オンエアは8/5(日)だそうです。2部には確か、中田カフスボタン・トミーズ・ストリーク・ビッキーズ・シャンプーハット・麒麟がいた気がします。違っていたらゴメンなさい。
エンターテインメントTB : 0CM : 2
  [ ステキな空気。 ]
2006-07-16(Sun) 20:42:50
$10さんの単独ライブ「マ・コ・ト」シリーズもかれこれ4回目ですか。
毎回ナニゴトにも引っ掛からず観に行けているトコロが素晴らしい(仕事が遅番だったり、不意の用事が入ったり…といったコトが皆無)。
5回目は9月23日に実施されるらしく、どうやらコチラも行けるようです。
勿論、チケットが取れたら、のハナシ。
「漫才アワード」で知名度に拍車が掛かったら、チケットゲットも一層難しくなりそうだなあ。
イヤだな~…っていうのは勝手な言い分ですね。

さて、今日の内容。
良席での観覧です。

◆「マ」…漫才
白川さんがパーカーを着ていない⇒白川さんの着ているスーツがサイズ大きめ⇒最近白川さんは痩せたらしい⇒そして引っ越したいらしい⇒ハマーは8回程引越ししている⇒引越しは何かと大変
…というような流れから引越しネタに入っていきました。
白川さんは日焼けして精悍な顔つきになったなぁと思っていたら、痩せたんですね。スーツ姿では分かりませんでしたが、その後コントでTシャツを着用された時に「痩せた!」と感じました。
ハマーも心なしかほっそりしていた気が。髪型が以前のオッタテヘアに戻っていたので残念でしたね~(漫才カンケイないし)。

◆「コ」…コント
①「フロムS~自動車教習所~」
ササキザキサキさんとバイト青年・白川君のコント続編。続編というより姉妹編といった方がいいんですかね。
ハマーのダンスシーンは、選曲が同じだったせいか(F-1のテーマ曲でお馴染み、T-SQUAREの曲)、友近の新体操部コントを思い出して仕方なかったです。でも曲に合った軽やかな踊りが滑稽。
仮屋崎氏の「仮」と仮免の「仮」を引っ掛けたトコロはどうかなと思いましたが(Tシャツは面白かった)、オチのシュールさは安易なようでいて、やっぱり好きかな。

②「TAXI」
ハマーがDJに!ヒップホッパーに!
ハッキシ言って…似合ってなかったです(笑)。でも、微妙にリズムがズレているラップは面白かった、色んなイミで。
ナニが面白かったって、青木DJの曲紹介と、タクシー乗務員の白川さんと配線業務役のハマーが無線で遣り取りするシーンですよ。
白川さんって、ああいう場面でのツッコミは格別にいいなぁ。まあ、噛んでましたけどね。そこがまたイイ!
オチは「なんで?」とハテナマークが飛びまくり。こんなモンだと理解したら納得出来るのかしら。

◆「ト」…トーク
つい先日営まれたばかりの、お父様の葬儀エピソードをハマーが面白可笑しく紹介。
因みに実家は堺市の某町だそうです。リップサービスですね~。
きよし師匠や坂田師匠らに電話でお花のお礼を言った時の緊張話、通夜と告別式に全く知らないオジサンが弔問に訪れてきて、「アンタ、誰!?」と親族一同で首を傾げたコト、件のオジサンから「タカシ君は元気か?」と聞かれてつい「ああ、はい、最近会ってないんですけど」とハナシを合わせてしまったコト、トロくてイケてない葬儀屋の従業員に苛立ったコト、道路を挟んだ向こう側にいる弔問客相手に道路を挟んだコチラ側から挨拶した際、マイクが入っていなくて全くイミが無かったコトなどをコミカルに説明するハマーは、元気元気と言いつつもやっぱりやつれていた観が。
素直に笑えないでいたら、「あの、ホントに元気なんで、皆そんな痛々しいモノを見るような目で見んといてね!」とハマー。
ホント、気を遣うヒトですね。
そんなハマー、最近嵌まっている岩盤浴の帰り、エレベーターに閉じ込められてしまったんだとか。
「シンドラー!?シンドラー!?」と無邪気に聞く白川さん、わっるー!
そのくせ、自分が閉じ込められたら「発狂する」そうで。怖がりやなあ。
白川さんはもっと天然になりたいと言って、作家・青木君の珍エピソードを幾つか紹介していました。

そんなこんなで今年4回目の単独ライブは、いつになくまったり終了したカンジです。
エンターテインメントTB : 0CM : 0
  [ 個人的に収穫アリ。 ]
2006-07-10(Mon) 20:56:04
今日は「うめだスタンダード」を久々に観賞(withヨッシー)。
身内に不幸のあったハマーが欠席というコトで、$10さんや三若さんたちの「芝居もん。」が中止になりました。
$10さんはその後のラジオもお休みされたそう(代打はビッキーズさん)。
開演後すぐ、芝居チームを率いて白川さんがお詫びの挨拶をされると、客席からはブーイングの声があがっていましたが、穴をあけるというコトはよっぽど身近なヒトのご不幸なんだろうな、お父さんが入院されているとか言っていたしな…などと蛇足的ながら色々考えて心配してしまった私でした。

というワケで、急遽、「うめだ花月スペシャル」に変更。
予定外の芸人さんが出演してくれたので却ってお得感があった気がします。

【うめだ花月スペシャル】
◆りあるキッズ

不良少年とクレーム処理のネタ。
このコ達を観るのは久しぶりでしたが、相変わらず空気が独特だな~と感じました。好きな空気ですけどね。でも毎回ネタが似ている気がするな~。印象が一緒なだけなのか?
◆月亭八光
現代落語、ショート落語。 言わずもがな…というカンジで。
◆ランディーズ
「うめだ花月芝居もん。」に絡めたコント。
ランディーズのコントをナマで観るのはほぼ初めてに等しい(と思う)のですが、 なかなか変わった趣向や捉え方で面白かったです。でも漫才の方が好き。
◆桂三若
大阪のカップル、オバサン、オジサン、夫婦の落語。
かなりイイですね、三若さん。粋でイナセでトロンとした目線も色っぽくてステキ。しかも面白かったし、ハナシの運びもスマート且つ軽妙酒脱で飽きさせない。
失礼なハナシですけど、三若さんを観たら、ハチミツって一体何なんだと思わずにはいられません(好きなんですけどね、基本)。個人主観ですのでお許しアレ。

【ネタもん。】
◆四次元ナイフ

ハゲの四季過ごし方ネタ。 今日はちょっと受けてたね。良かった良かった(そんな喜び方って…)。
◆ケンドーコバヤシ
コロモテツヤのアルバムレコーディング。 やっとうめだスタンダードでケンコバに会えました!独特の所作や台詞回しとか抜群にイカしてると思ったんですけど、隣席の女子達があまりにもシラ~ッとしていたので興醒め。そそそんなにダメですか?ケンコバ。
◆レギュラー
節分ネタなど。 あるあるネタじゃないネタもやるんですね(知らなさ過ぎ?)。松本君、太ったな~!
◆陣内智則
小学生時代の交換日記ネタ。 今回はアタリ日でした(この理由が知りたいヒトは、過去分の陣様感想をお読みアレ)。
◆チュートリアル
「月刊福田」の取材コント。 イケてないわ~…どうしよう、なんか飽きてきたわ~、チュート(観過ぎているせいか?)。
◆ティーアップ
学校の先生ネタ。始まりのグタグタ感も含めて面白いオッサン達です。

うわー、7月中に$10さんの「芝居もん。」を観に行かなきゃー!また予定を組み直さなきゃならないので大変です。
エンターテインメントTB : 0CM : 0

copyright © 2006 Cheap chic!~日々本能のまま~. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。