Cheap chic!~日々本能のまま~

「生活は簡素に理想は高く」をモットーに、毎日楽しく生きています。基本的に亀更新です。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ こんな1日。 ]
2007-11-29(Thu) 00:00:00
珍しく出掛ける予定もなく、完全たるオフ日でした。

暇なので、寝室を片付けてみたり、要らない服を整理したり、書店に行ったり、パスタを作ったり、かんちゃんと電話したり。

午後からは更に暇になり、じっくりとネイルケアでもしようかなと思った矢先、両手人差し指にひびが入ってしまっていたコトが判明し、泣く泣く爪をカットする羽目に。

短くなった爪にはビビッドなカラーが合うというコトで、ショッキングピンクのネイルを塗りながら、「間宮兄弟」や「医龍」、実写版コナン君などを観て有意義な時間を過ごしました。

あ、ワタクシ今、軽い蔵之介ブーム到来しております。

そんなカンジの、至ってノホホーンとした1日でした。
スポンサーサイト
日常 | TB:× | CM : 4
  [ 賑やかなり。 ]
2007-11-28(Wed) 00:00:00
20071204001409
おとついからミクロちゃんと愛犬ラブちゃんが泊まりに来ています。

夜はタカオちゃんも来て、お鍋をつつきながらワイワイ喋っていきました。

家が一気に賑わいます。

やっぱり、核家族じゃない方が楽しくてイイかもしれない。

それはそうと、タカオちゃん、シアタードラマシティのステージに立つんだそうな(むろん、公演で)。

羨ましい!

※画像はお久しぶりの愛犬ラブちゃん。
最近色々と大変だった割には元気そうで 安心しました。
ファミリー/フレンズ | TB:× | CM : 3
  [ ただ、それは好みだから。 ]
2007-11-27(Tue) 00:00:00
20071203225503
ミクロちゃんと連れ立って、女だらけの伝統芸能(アレです、アレ)を観劇しに行ってきました。

今回の演出家の作品を観て、「なんじゃこりゃ」とかつて幾度もこけたコトのあるミクロちゃんなので、かなり心配だったのですが、なんと、

「面白~い!」

と、絶賛の嵐。

驚き桃の木。

作品のテイストと躍動感が大層お気に召したらしく、

「いや~、斬新やわー!意味不明なトコロもあるけど、かなり好きやわー。アランさん(主演者)もカッコイイし!」

等と興奮気味にウキウキ語っておりました。

一方、バレエの要素がふんだんにちりばめられている為、ミクロちゃん好みかなと予想していたショーの方は、

「最初は良かったけど、同じ展開の繰り返しで飽きてきた。アタマ痛くなった」

…のだそうです。

コレだから芸術は分からんのだ。

お芝居のあの雑な創りがどうしても好きになれなかった私ですが、ミクロちゃんの純粋な反応を受け、あの世界にかけては目が肥え過ぎて澱んだ自分の感性を反省し、もう少し肯定的に観なければと考えを改めかけておる次第です。


※画像はショー開演前の舞台を正面から撮ったモノ。すごくキレイなスターモチーフでした。
エンターテインメント | TB:× | CM : 2
  [ 話題になりゃイイってもんじゃない。 ]
2007-11-26(Mon) 00:00:00
櫻井がガンちゃんですかー。はあ、そうですかー。

なんかねえ、

なんかもう、


ピッタリやね(そう来たか)。


でもガンちゃんって12~3歳くらいの設定じゃなかったでしたっけ?

童顔だから通用しそうですけれども(そういう問題?)。

「スキヤキウェスタン」を観てまだそう間もなかった為、かなりピンポイントの情報で、大層驚きましたが(そういえば感想書いていないな)、 ビジュアルだけで充分観られそうなこの嵌まり役、役を自分に近付けながら演技するタイプの櫻井がどう仕上げてくるのか、そして、個性豊かな三池監督×櫻井のタッグが今から楽しみでなりません。

あ、因みに黒澤リメイク松本さんっていうのは全く楽しみではありません。

張り切り過ぎて過剰演技が心に痛いアイドルに、とにかく一本調子なヒロイン。

この時代劇はキツイです。

映画好きな私には現時点でかなーり抵抗が。

好き=全て許容する、というコトではないので。

ゴメンね、ひきちん☆(名指し)。

でも、松本さんにはビッグイヤーになるハズなので、頑張って頂きたいですね(上から目線)。
映画 | TB:× | CM : 4
  [ 長寿らしい。 ]
2007-11-25(Sun) 00:00:00
「天国からのメッセージ」というサイトが流行っているそうです。

自分の氏名、生まれ年、性別を入力すると、死後の自分から今の自分にメッセージが送られてくるという、ちょっとしたファンタジーを感じさせるモノ。

じゅんちゃんから教えて貰って私もやってみたら、以下のメッセージが届きました。


原文のままです(天国からのメッセージサイト)。

「2007年のわたしへ。
元気ですか?
2007年ごろの自分のことを懐かしく思い出します。
わたしは94歳で、つまり西暦2065年に、みんなに見守られながら生涯を終えます。周りに迷惑かけてばっかりだったけど、楽しい人生でした。

だたひとつだけ過去の自分に、つまり今のあなたに伝えておきたい事があります。それは 2010年の秋の出来事、わたしはある事情で、北海道の富良野へラベンダーを見に行くことになります。そこには運命の出会いが待っています。メモしておいてください。

最後にひと言、94年間生きてみて思ったのは「はずれてるように思える占いほど結果的には当たってるんだな」ってこと。

では、またいつか会いましょう。みんなに、よろしく。

○○○○子
2065年の天国にて」


…どーよ。

私ってすんごい長生きなんですね。

そして結婚しないしないと豪語している割に、亡くなる時には色んなヒトに見守られているとは…(家族とは限らないけど)。

ま、孤独死でなくて良かったです。

このメッセージ、作りは一緒ですがヒトによってパターンが違うようなので、ちょっとしたお遊び感覚で楽しめるかも。

でも、死を予言されるような気がして不愉快さを感じたり、このテのブラックユーモアに嫌悪感を抱いたりするタイプのヒトには、あまりオススメ出来ません。

所詮、占いですから。


※天国からのメッセージサイト
http://www.uremon.com/heaven
日常 | TB:× | CM : 3
  [ KYDJ。 ]
2007-11-24(Sat) 00:00:00
素直じゃなかったり(あまのじゃく系)、身も蓋も無い反論の仕方をしたり(我が儘シャットダウン系)、思い通りにならないとむくれたり(勘違いヒメサマ系)、社会に出ていればイラッとさせられる要素を持った人間はそれなりにおりまして(時には私も含め)、完璧な人間はいない故(私も含め)、それにいちいち引っ掛かっていては身が持たないワケですが、そんな中でも史上最高に腹立たしく、且つ対処のしようがなく、泣く泣く奴らをやり過ごして増幅に臍を噛むしかないのが、「空気の読めない人間」だと思います。

アレ程タチの悪いモノはない、と私は断言する。

何てったって気付かないんですから、自分が空気を読んでいないコトに。

奴らの空気を読まないぶりったら向かうトコロ敵ナシ、苛立たせ範囲の拡げようったら破竹の勢いで、場の雰囲気に添わない発言を何の脈絡もなく突然したかと思うと、そこら一体を冷ややかな南極地帯へと落とし込むのです。

例えば、

A子「あれー、B子ちゃん、髪切ったー?」
B子「うん、分かるー?」
A子「分かる分かるーカワイイ!ねえ」
C子・D子「ほんまや、カワイイ」
空気読めない子「髪の色、ヘンですよ」
ABCD子「…………(氷)」。

髪切った=カラーリングした可能性大、多少似合わないと思ってもその言葉は心で飲み込めよ!タコ!

例えば、

A子「駅前の○○ってイタリアンのお店、こないだ行ったけどランチが美味しかったよー」
B子「ホントー?じゃあ今度行こうか」
ACD子「行こう行こう!」
空気読めない子「でも行きにくい場所ですね。それにあの程度なら何処にでもありますよ」
ABCD子「…………(氷)」。

誰もオマエなんか誘わんし(怒)。

空気読めない子のコトを「KY」と呼ぶのは今や有名ですが、ではこれは皆様ご存知ですか?

例題くらいひどいのに対しては、「KYDJ」と言うんだそうです。

K=空気
Y=読めない
D=どころ
J=じゃない。

言い得て妙。
つぶやき | TB:× | CM : 3
  [ 至福とは。 ]
2007-11-23(Fri) 00:00:00
休日返上で朝もはよから仕事していました(と言っても勤務変更ですけんどー)。

休みが続くとワークモードになかなか入れず、どうにもやる気が起きなくて困ったちゃんでしたが、アフター5の楽しい出来事を励みに頑張りましたよ、私は。

夜は知人のお呼ばれで(素敵過ぎる知人、イッヒッヒッ)、ヒルトン大阪35階のイタリアンレストランにてディナーをごちになりましたのです~。

興奮し過ぎて日本語がヘンです~。

ズワイガニのパスタも仔牛のローストもホワイトショコラのミルフィーユも、何もかもめちゃくちゃ美味しかったです。

食後のカプチーノさえも、いつも以上に芳醇な甘さに感じたりして。

ああ、幸せ。

上品なお店、上品な知人様、そして上品ぶる私達(キムコ&M先輩)、いつものペースでトークが出来ない苦痛はあれど、それがどうした。

美味しい時間=楽しい時間、ですよ。

嗚呼、ホントに、美味しいモノって疲労をはねのけるパワーを持ってるんですね。

ま、疲労なんてございませんけどね(笑えよ)。

Tさん、Kさん、ごちそうさまでした!
思いがけずSさんにも会えて、幸せでした~。
グルメ | TB:× | CM : 3
  [ 愉しき時間。 ]
2007-11-22(Thu) 00:00:00
20071126210307
冬になると乾燥して手足がカサカサになるのですが、それに加えて最近イヨーに手が痒い!

めちゃめちゃ痒いんですよ。

元々肌が弱く、掛かり付け皮膚科Kドクター(男前)に言わせると、「痒みの感覚が神経まで届くスピードがヒトの倍近く早い」とのお見立て。

だから必死に掻くんだってさ。

そんなスピード力なんか要らんし(怒)。

どなたか良いハンドクリームがありましたら教えて下さい。

ところで、今日は同期会(バースデー編)でした。

主役のカリカリちゃんが体調不良で来られなかったのは残念でしたが、今回も皆で焼肉をモリモリ食べてきましたよ。

こぱんだちゃんとまいちゃんがやたらとホルモンをがっつく姿が面白かったです。

こぱんだちゃんは焼肉奉行なのか、よく働くんですよ。

よく働いてくれるコがいると、ボヤーッと傍観せず、私も働かなければ…というキモチにさせられるのは、私が歳を取ったからかしらん。

ああいう時に世話を焼けるタイプって、私はとてもイイなと思います。

絵面がイイ。

まいちゃんもよく食べながらせっせと働いてくれていました。

さて、焼肉の前にこぱんだちゃんとカラオケに行き、久しぶりにアラチソング…略してアラソンを歌ってきました~。

2日続けてのカラオケってどうなんだ、私。

ま、好きなんです。

ストレス解消にイイんです。

ほらそこ、「ストレスなんかないくせに」とか言わない(怒)。

※画像は、アフタヌーンティルームの小海老のグリーンクリームパスタ。
抜群に美味でした。また食べたい。
日常 | TB:× | CM : 3
  [ 慌ただしく。 ]
2007-11-21(Wed) 00:00:00
20071124225209
行き着けの美容院でヘッドスパをして貰ったら、あまりの爽快さに頭がシャキシャキッと目覚めた次第。

相当キモチ良かったです。

一色紗英に似た美人でカンジの良い担当さんの、

「身体と同じく頭皮も疲れるので、良かったら定期的にケアしてあげて下さいね」

との呼びかけに、元気イッパイ「ハイ!」と応えたりして。

えーえー、そうです。

美人に弱いだけです。

やっぱ人間見た目ですよ(性格がカオに出る、というイミでの「見た目」です)。

美容院でカラーリングして貰ったのち、バタバタと用事を済ませて、慌ただしくミナミ(なんば)へ。

ノンノン(mixiではア○○ンという呼び名)とデートでした~。

カラオケして、ご飯食べて、プリクラ撮って、沢山話して、相当楽しかったです。

これから、連日楽しいコトが目白押し!ウヒョヒョ。

ただ、ひとつだけ残念なコトがありまして、なんと「ヘキサゴン」に野性爆弾が出ていたのを観逃してしまったという…!

ガーン。

出演するコトすら知らなかったので、みどりさんからメールを頂いた時はホントに驚きましたよ。

なんで出てるの?

本気でビックリなんですけどー。

最近、「ジャイケルマクソン」もサバンナ司会のローカル番組もファンダンゴも何も野爆が出そうなモノは観ていないし、「シャンプー劇場」に至ってはオンエアしているのかどうかさえ知らない有様で、野爆生きてるのかなーとかひそかに心配しておりましたが、なんとなんと、生きておりましたよ、しっかりと。

しかもあんな大舞台でね!

すげーなー…。

嗚呼、$10さーん…(泣)。←哀しい叫び。

※本日のネイル…メイベリンのカラーラマ721にSUSIE NYの11をフレンチしましたー。
美人の美容師さんに「センスがイイ」と太鼓判を押されて、鼻がピノキオ。
日常 | TB:× | CM : 2
  [ 素材ヨシ。 ]
2007-11-20(Tue) 00:00:00
清四郎にはやっぱりどう考えても合っていないけれど、清四郎を演じている時のヨコはちょっとカッコイイ。

ヨコ、ブレイクしないかな。

黙っていたら男前なんだけどな。

時々、下アゴ注意報だけどさ。
エンターテインメント | TB:× | CM : 4

copyright © 2007 Cheap chic!~日々本能のまま~. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。