Cheap chic!~日々本能のまま~

「生活は簡素に理想は高く」をモットーに、毎日楽しく生きています。基本的に亀更新です。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 続・働くアイドル。 ]
2008-08-31(Sun) 00:00:00
不眠不休のままとりあえず会社へ行きました。

家に居たら観るけど、居なきゃ観なくても平気という淡泊さを誇るワタクシは、会社に行くとカワイコちゃん達のコトはすっかり忘れて一生懸命働きました。

が、ちゃんとダンス甲子園なんかの部分は録画しているちゃっかり者、この抜かりの無さよ。

他チームの先輩なんか、月末休日という超繁忙日にアラチ休日取ってましたからね。すげーわ。

まあでも、みーこのコーナーを昨日中に済ませて貰えていたからこそ、私のこの落ち着きようがあるんだろってなハナシなんですがね。


モリモリ働き、定時ダッシュで会社を飛び出し、帰宅した途端、キョーレツに睡魔が襲ってきたんですが、ちゃんと最後まで観ました。



そしたらば。



なんと。



サプライズ。



今年の手紙はみーこ!



感情を表に出さないコトで有名なみーこ!



ウキュー!



キャスティングしたヤツ出て来い!



ナイス!



そして号泣。



マサキちゃんもリーダーも松本さんも泣いてたよね。

気丈に振る舞う櫻井もウルウルしていたのを私は見逃しませんでしたよ。


みーこ、上手かったねー、文章も朗読も。←そこ?


めっちゃ照れ隠ししていて可愛かった。

松本さんがみーこに対して放った、

「こういうのを一番言わないヒト」

っていうのは、アラチファンなら皆知っているコトで、だからこそそれを改めて松本さんが言ってくれたという事実に余計感動した次第です。

「Time」コンの“パレット”の時に匹敵するくらい泣いたわ、私。

だけど、こういう時に泣かないみーこが好きなんですよ。

さりげないオトコだよー。アイラブユー!

トップになれて良かったね、マサキちゃん。

徳光さんも今回だけはありがとーね、アラチが今やトップだと言い切ってくれて。

さすがに自分達では言えませんからね。

4年前もあれはあれで感無量だったけれど、あの頃はまだ危うい部分があったし、不安定な足元を掬われる感すらする彼らを見ちゃいられない時もあって、それを思うとホントに立派に成長したなあと感慨ひとしお。

あー無事終わって良かった。


というワケで、寝ます。グー。
スポンサーサイト
アラチ | TB:× | CM : 2
  [ 働くアイドル。 ]
2008-08-30(Sat) 00:00:00
アラチも不眠不休、私も不眠不休。

結局全然寝られんかったー。

テレビを観ていただけですけど、何か?

ホントにねえ、

やんなっちゃいますよ。

このテの番組は偽善ぶりがハナについて仕方ないとか何とか、普段から豪語してるくせに、観るとたちまち号泣ですよ。

始まって1時間も経たないうちに号泣。

アラチの歌を聴いて号泣。

浅田真央ちゃんの場面で一際号泣。

疲れる。

瞼ポンポコリン。



コレだから苦手なんです。



あーあ。



一方、深夜は実験やらバカバカしい結婚式やらアラチの恥ずかしい映像やらがオンエアされて、もう笑えて笑えて。

櫻井ってやっぱヘタレやなーとか思って声高らかに爆笑したりして、ヒトリで楽しい。

じゅんちゃんが武道館に入ってるのをたいして羨ましくも感じてなかったのに、今になってイイなあと思ったりしました。

羨ましいぜ、東京。



それにしても、マジック天気予報の愛すべきグダグダぶりよ。

朝からゲラゲラ笑わせて頂きました。

みーこ、最高やね!




あっ!


松本さん、25歳おめでとう。ピース。
アラチ | TB:× | CM : 0
  [ 闘う孤独感。 ]
2008-08-29(Fri) 00:00:00
(知人に毛が生えたレベルの)友達が失恋したらしく。←このカテゴライズは重要。

んで、相当構って貰いたいらしく。

こういう時、どうすればいいのか分からないんですよ、私。

自分が心底ツライ時はあまり他人に頼らないタチなのでね。

更に、誰彼構わず打ち明けないタチだし。

逆に、そっとしておいてくれと思うタチなんです。

悩みなんて、大小あれど皆それなりに抱いているモノなのだから、自分でどうにか打破しなきゃ駄目だと思っているし、なるようにしかならないとも思うし、例えば彼氏とのトラブルだとしたら、それは私と彼氏との問題であって、他人から見ればどうでもいいコトじゃないですか。

それを誰かに相談したトコロでどうにもならないと思っちゃうんですよ。

だから、友達からそういう相談や愚痴を聞かされても、どうしていいのか分からない。何を求められているのかも分からない。期待通りの解答も出来ない。

ナイナイ尽くし。

別れる前は休日の殆どを彼氏と一緒に過ごしていたそのコは、別れた今、休日を持て余してるみたいで、最近頻繁に電話がかかってきたり、遊びのお誘いがあったりするんですね。

まあ、周りが既婚者ばかりだから独身の私を頼るんだろうけど。

でも私。

それって友達なのか?

と考えてしまう。

そういう時だけのレスキュー隊じゃないんだYO!

そんな友達に同情して、親切丁寧に接したとしたら、逆に自分自身が寂しい人間だと感じて虚しくなってしまう。

だからさりげなく遠ざけてみたりして。

しかもしかも、割と知られていなかったりするんですけど、私ってね、結構ヒトリでも平気なんですよ…(ドカン)。

むしろヒトリ好き(ドカドカドカン)。

ママリンには、

「あんたって寂しい人間やねぇー」

と言われたんですよ!!!(それ正解)。

だけど、

「そのコも、寂しい時に頼る気持ちは分かるけど、その時だけっていうのは友情と呼ばないんちゃう?ご都合主義なだけで」

とも言われたんです(どっちやねん)。


何しか、他人に支えて貰うコト、同情や共存などが苦手なワタクシには、彼女の行動がさっぱり理解出来んのですよ。

加えて、他人を支える行為もちょと苦しい私にはね。

奉仕の精神が皆無ですからね

そっと見守るというスタイルが、受け身でも攻めでも理想的。

…とか言いつつ、家族や親友、真の友達に対しては結構何でも打ち明けられるし、ワガママも言えば、支えたいとも思うんですよねー。

彼氏という存在も然り。

これってフツーなの?

私ってめんどくさいなー。

人間関係ってめんどくさい。


つかね。

私は常に明るくて強いと思われてるんですよ、周囲のヒトに。

だから常に明るくて強く居ないといけない…と思ってしまうらしい。

暗くて弱い部分を見せたら、不機嫌だとか元気がないだとか私のコトを無視したとか、色んな憶測を勝手にされて、困るんです。

疲れてる時ぐらいあるんだYO!

いちいちアピールしないんだYO!


そんな時、

「ヤッホー」

と明るく声を掛けてくれるヒト、ナイス。

さりげなく気遣いの出来るヒトに憧れます。

憧れね。

希薄さが大の苦手ですからして、これからも濃く太く、そして狭く。

要らん人間はバッサバッサ切る(自分の中で)。

こんな私ですが、お友達の皆様はこれからも仲良くして下さいね(すげぇオチ)。
つぶやき | TB:× | CM : 2
  [ 飽きない。 ]
2008-08-28(Thu) 00:00:00
20080829113419
20080829113416
仕事帰りに仲間内で集い、しゃぶしゃぶパーティーしてきました!

豆乳とカレーでだいぶ揉めましたが、今回は豆乳ベースをチョイス。

もうヒトツは昆布だしベースです。

飲み放題も付けたので、ここぞとばかりに白ワインやら梅酒やら飲みまくりました。

なんで酔えないのかなー。

酔いたいんだけどなー。

豚肉も牛肉も両方美味しかったんですが、豆乳だしの上に張る膜=湯葉がいっちゃん美味しかった。

がむしゃらに食べまくるYさんの姿が面白くて仕方なかったです。

帰り道すがら、お腹がポンポコリンになっていて、もう暫くお肉はイイやーと思っていたのに、早くも一夜明けた今、お肉を所望している自分が。

どんだけよ。
グルメ | TB:× | CM : 2
  [ 脇じゃないんですよ! ]
2008-08-27(Wed) 00:00:00
20080829012428
基本的に、携帯電話の待受画面を好きな芸能人にしない派のワタクシですが、ここ暫くはずーっと蔵様にしております。

みーこなんて恥ずかしくて待受に出来ないのに、蔵様なら平気なんだよ!なんでやろー!

で、つい最近までこの画像(@「アフタースクール」)だったんですね。

雰囲気あってめちゃめちゃ好きなんですよ、この蔵様。

蔵様があまりにカッコイイというコトをにょりちにギャーギャー訴えていたら、さすが“蔵会”会長のにょりち、かなりイケてる蔵様画像を送ってくれまして。

というワケで、今はまた新たなステキ蔵様待受が私を癒してくれております。

携帯電話を開く度にニヤーとしては、周囲から「気持ち悪い」と言われている私。

気にしないもんねー!

今週はですね、

月曜日は「スッキリ!」の20世紀少年コラボ企画でしょー、

火曜日は「モンスターペアレント」でしょー、

水曜日はたまたま観ていた「めざましテレビ」の芸能ニュースでしょー、

毎日会ってるもんねー、蔵様に!←倒置法を用いて力説するコトではない。

あーあ。

なんであんなにカッコイイんですかね。

あんな40歳っている?

いないよ。

絶対いない!

少なくとも私の付近にはいない。

上司にしたいなー、蔵様。

そしたら毎日休まず通うよ。今まで以上に。

毎日明るく挨拶するよ。

毎日一生懸命働くよ。

毎日残業するよ。

毎日お弁当作ってあげるよ。

毎日一緒に帰るよ。

毎日家まで付いてくよ。←ストーカー…?

とにかく。

吐きそうなくらいカッコイイのですよ。

そんな蔵様がテレ朝連ドラで主演するんだってー。

いよいよドラマ主演!

きょえー。

メジャークラスを好まないワタクシとしては些か複雑ではありますが、伝説のホスト→引退してフツーのサラリーマン→リストラ→ホスト復活…とかいう面白そうな設定に好奇心アップ。

共演者も真矢さんや原沙知絵さんといった割と浮足立っていない職人俳優さんぽいし、まあヨシ。←上から目線。

10月から毎週金曜日は魅惑の時間になるようです。

何たって、蔵様&みーこのドラマが立て続けにオンエアされるワケですからね。

あーもう、考えただけで堪らんね。

しっかし、蔵様のホストってどうなんでしょう。

…………………………。

冷静に考えると、ちと不安。
佐々木蔵之介 | TB:× | CM : 3
  [ 癒しグッズ。 ]
2008-08-26(Tue) 00:00:00
20080827234421
会社の後輩ミッポリンに携帯電話クリーナーを貰いました。

右のコがラブに少し似ているので、ミクロちゃんに要るか聞いてみたトコロ、

「欲しい。右」

と即答。

なので、右のコはミクロちゃんのモノに。

私は真ん中か左のどちらにしようか決めあぐねていたんですが、ミッポリンが両方くれたのでラッキーラッキー。

並べると本物の仔犬みたいで相当カワイイ。
日常 | TB:× | CM : 2
  [ 敵は巨大。 ]
2008-08-25(Mon) 00:00:00
20080826210112
国立競技場、どうやらアリーナに入れるみたいなんですよ。

ミドリーヌ、強運!

で、ヲタっぽく座席表を調べてみたんですが、具体的にはスタンド席しか分かんないの。

スマコンの時を参考にじゅんちゃんが指南してくれたけど、ぼやんとしかイメージが掴めなくて。

何しか、アリーナクラスのホール<ドーム<国立、ってコトだけはしみじみ実感。

聖火台なんてモノまであるみたいですからね、どんだけぇやわ。

とりあえず、埋もれるコトは覚悟しつつ、アリーナを楽しみたいと思います。
アラチ | TB:× | CM : 6
  [ ミクロ家へ。 ]
2008-08-24(Sun) 00:00:00
20080824213106
20080824213104
ミクロちゃん主宰のミュージカルアカデミー・ピッコリーナがイベントに出演する為、ミクロちゃんもタカオちゃん(タカオちゃんは当イベントの総合演出担当)も揃って家を空けるというコトで、長時間ひとりぼっちになってしまうラブちゃんのお世話をすべく、ミクロ家へと馳せ参じました。

朝早くからいそいそ出掛けたはいいけれど、肝心のラブはミクロちゃんが出掛けた直後からずーっと眠りこけていて、排尿も排便も食事もしないという有様で、あまりお役に立てず。

時折ふと目を覚ます毎にナデナデしてあげると、また気持ち良さそうにぱたっと寝る始末。

結局ミクロちゃんが帰宅して以降もしばらく眠ったままで、その後おもむろに起き出したかと思えば急にせわしなく動き始め、夕方になって漸く活動開始した次第でして。

よく考えたら朝から8時間睡眠ですよ!

眠る犬を見守るだけの私って、…必要アリ?

ミクロちゃんには喜ばれたのでまあヨシとしよう。

お礼のデザートや夕飯、ご馳走様でした。

逆に恐縮やわ。
ファミリー/フレンズ | TB:× | CM : 2
  [ For the sense(6~7月の映画). ]
2008-08-23(Sat) 00:00:00
7月は新作・旧作含めて15本観ました。

「アフタースクール」(劇場×2回)
「幸せになるための27のドレス」(劇場)
「ザ・マジックアワー」(劇場)
「ラスベガスをぶっつぶせ」(劇場)
「神様のパズル」(劇場)
「百万円と苦虫女」(劇場)
「モンテーニュ通りのカフェ」(劇場)
「ジェリーフィッシュ」(劇場)
「永遠と1日」(DVD)
「美術館の隣の動物園」(DVD)
「不思議惑星キン・ザ・ザ」(DVD)
「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」(DVD)
「東京タワー」(DVD)
「夏休みのレモネード」(DVD)
「スモーク」(DVD)

一応、目を付けていたモノはほぼ制覇。

「山桜」と「JUNO」は観逃してしまいました。ちぇっ。

今月はかなりヒット作にめぐり会えたので、面白かった映画よりもつまらなかった映画を挙げた方が早いくらいです。

殆ど面白かった!

そんな中で相性が悪かったのが、「永遠と一日」ね。

全然駄目!ムリ、ムリ!

観るヒトによってはかなり感動するらしいんですけど、ちょうどアタマが錆びかけていた時期の私には崇高過ぎて何を受け止めたらいいか分からなかった…。

映像美や音楽美といった視点でも合わなかったです。

今の私にはもっと単純で分かり易くて叙情的な映画の方が向いていますね。

例えば、「美術館の隣の動物園」とか、ダラダラしているのに心地良い短絡的さがあってすんごい良かった。

「アフタースクール」もその点複雑っちゃあそうなんだけど、登場人物が人間くさくて魅力的だからいいの。

特に蔵様演じる北沢のちっちゃさったらもう!

つまんなくて愚かでバカで可哀相なオトコだー。

ビジュアルだけは相当好みなので、完全に落とされますけどね。エヘッ。

あの蔵様が「やりたいと思ったろ?」なーんてなーんて!ギャー!どのクチが言うんだ!やりたいのか、大泉!←壊れ気味。

蔵様が捨て鉢でダークな分、一際引き立つ洋ちゃんの正義漢ぶりがまたイイし、私が苦手とする堺さんもひたすらヒトの良い役をアンニュイテイストで演じていて、これまた良かったし。

何しか、いちいちツボな映画でした。

と言っても、「運命じゃない人」程の衝撃がなかったので、あれを超える良作とは言い難いと思いましたけれども。

ま、蔵様と洋ちゃんの初コラボ作品ですから、DVDが発売されたら大人買いするけどね!

蒼井優ちゃんの映画もかなり好みのテイストでした。

よく考えたら現実的にありえない気がしないでもないんだけど、何が彼女をそこまで追い込めるのか、その頑張りがあればさっさと自分探しが出来ているんじゃないのか等とツッコミたくもなるんだけど、そこはほら優ちゃんの持ち味が役柄や背景にマッチしているせいか、妙に説得力を持たせる創りになっていて。

俳優さんの底力のスゴさを改めて感じさせてくれる作品でしたね。

「モンテーニュ通りのカフェ」の雰囲気もすごく気に入ったし、ホント、今月サイコーだったんですが、中でもダントツだったのは、際立って変な映画「不思議惑星キン・ザ・ザ」ですよ。

これサイコー。

感動したとか感銘を受けたとかではなく、単にもうサイコー。

なんとも言えない世界観。

マニア心をくすぐるキャラや言語。

ヘンテコなんだけど、ちゃんと世相を風刺した内容。

なかなかお勧めなんです、これが。

みんなで流行らせたいくらいなんだよね。

ま、観れば分かると思うんで、興味のある方は是非観てみて下さい。

私がこう書いたイミが分かってくれるとイイんだけど。


さて、8~9月は何が観たいか確定していないままダラダラ過ぎていきそうなんですが、落とさないでおきたいのが以下のラインナップ。いつもより興味をそそるモノが少ないせいか、ノルマ達成出来そう。

「ダークナイト」(鑑賞済)
「崖の上のポニョ」
「20世紀少年」
「デトロイト・メタル・シティ」
「グーグーだって猫である」
「パコと魔法の絵本」
「旅するジーンズと19歳の旅立ち」
「シティ・オブ・メン」
「イントゥ・ザ・ワイルド」
「地球でいちばん幸せな場所」
「白い馬」

あと、タカオちゃんが方言指導した「火垂るの墓」も外したくないんだけど、観に行く時間あるかなあ。

クレジットにタカオちゃんの名前が刻まれているのを見て感動したいだけなんだよー。←ミーハー。
映画 | TB:× | CM : 0
  [ 自然摂理。 ]
2008-08-22(Fri) 00:00:00
日記をしばらくお休みしていました。

忙しかった…というのもあるんだけど、何だか書く気が起こらなくて。

んで、ダラダラ休んでいました。

その間、博多を満喫したり、ポーチを買い漁ったり、M先輩やキムコと夜の海で花火したり、久しぶりにうめだ花月に足を運んだり、「ダークナイト」を観たり、ミクロちゃん&ラブちゃんが泊まりに来たりなどと、特筆すべきトピックスは多々あったのに、ホントに何となく気が向かなくてダラダラ先延ばしにしていたそんな矢先。

ラブちゃんの調子がおかしくなり、実家近くの掛かり付け動物病院へ通う必要が生じた為、急遽ミクロちゃんとラブちゃんとが揃って我が家に長期滞在するコトになりまして。

コトの顛末についてはミクロちゃんの日記を読んで頂ければ幸いですが、当初、ミクロちゃんの慌てようったら今までにないくらい凄かったです。

最初に彼女からメールが来た時、私は仕事中だったので、お昼休みに電話を掛けてみたトコロ、些かパニクって意味不明な発言をしており、

「あのな、ラブがヤバイねん!」

「ふっと見たら仰向けになっててな、ゴキブリみたいにジタバタしてな、白目向いてヒンヒン言ってんねん!」

「その後もフラフラして角にぶつかりまくったり狭いトコロ入ったりして、見るからにおかしいねん」

「この近くにも動物病院はあるけど、小さい頃から診て貰っていた先生の方がイイから、夕方そっちに帰ろうと思ってんねん」

「でも私、夜はレッスン教えに行かないとあかんから、アンタ早く帰って来てラブ見といて」

などと言いながらも、「ゴキブリ」というセンテンスが自分の中でツボだったのか時折笑ったり、かと思えば泣きそうな声を出したり、あのヒト自身がかなりヤバイカンジでした。

これまでにもラブの体調不良はあったけれど、そこまで騒ぎになったのは私が知る限りほぼ初めてに等しかったので、それだけ深刻なの!?とこっちもかなり焦ってしまって、その後心配で仕事が手に付かず。

急いで帰宅したらしたでラブもミクロちゃんもいないし、アワアワして待つコト数十分。

やがて、ラブはぐったりした調子で家に戻って来ました。

一度病院で診て貰った後、とりあえずお薬で様子を見るコトになって帰宅したら、また発作のような症状が起きた為、再び病院へ連れて行ったのだとか。

血液検査をしても大きな異常はなかったものの、ドクターとの会話の中で老化・痴呆等といった高齢故のキーワードが出て来たというハナシを聞いて、私はドキッ。

確かに14年も生きて来たラブは小型犬としては長寿だし、そろそろそういう事態も覚悟しないといけないってコトなの?

我が家で飼った歴代のワンちゃんはどの子も自宅で最期を看取れない運命だったので、飼い主の傍で余生を全う出来るのはラブが初めてなのです。

同時に、飼い主にとって愛犬の老後をケアするのも初めての経験。

双方初めての事態に、これからじっくり向き合っていかなければいけないというコトです。

我が家の愛犬ラブは、ミクロちゃんの結婚と同時に彼女の連れ子となって以降、完全にミクロちゃんの愛犬と化しているワケで、というコトは、ラブとこの後最も長く付き合う飼い主はやっぱりミクロちゃんになるワケで。

ミクロちゃんにとっても私にとっても、「ラブの老化」はひどくショッキングな出来事でしたが、会社の同僚や先輩で小型犬を飼っているヒトに経験談を聞いたり、ネット等で調べたり、家族で色んな話をしたりしているうちに、穏やかな気持ちで現実を受け止められるようになった次第です。

とは言え、ミクロちゃんはそもそも私よりずっと強くて潔いし、ラブの余生をしっかりケアする覚悟は以前からとっくに付いていただろうから、ここから先は全てワタクシのみの心配ゴトになるのですが。

ヒトにも動物にも必ず訪れる「老い」という現象に私自身はまだ不慣れで、些細な言動の滑稽さから時折感じる両親の老いにも戸惑って現実逃避したくなるくらいで、今回にしても、徘徊したりお漏らししたり何も食べずに寝ていたりふらふら力なく歩いたりするラブの姿を見るにつけ、可哀相で可哀相で泣きたくなる程ヤワなのですが、そんな私なりに今回ラブと向き合ってみて、ほんの少し覚悟が出来たというか、「自然摂理なる老い」を受け止める準備が出来たというか、「老い」というコトに対して強くなれたような気がします。

「動物を飼うという行為は人間を成長させるんですよ」

「ペットは命の大切さを飼い主に教える為に存在しているんですって」

とミッポリンに教えて貰ったイミを今更ながら実感。


動物は喋らないから、派手な症状が出ない限り、具合が悪いかどうか分からないのだけれど、そこは忠実たる飼い主ミクロちゃんが、愛犬の些細な変化も見逃さずにフォローし続けるのでしょう。

離れて住む私に出来るコトと言ったら、ラブが穏やかに長生き出来るよう、余生を楽しく全う出来るよう、陰ながらお祈りするぐらいなのですが、それでも、一生懸命願い続けたいと思います。

と同時に両親の息災も。

ファミリー/フレンズ | TB:× | CM : 5

copyright © 2008 Cheap chic!~日々本能のまま~. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。