Cheap chic!~日々本能のまま~

「生活は簡素に理想は高く」をモットーに、毎日楽しく生きています。基本的に亀更新です。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ お節介は嫌われる。 ]
2010-01-31(Sun) 23:58:48
週末は急性感染性胃腸炎の到来で久々にへたばっていました。だいぶマシになったので今日は出勤したのですが、会社の繁忙期に迷惑掛けなくて良かったな~と思う自分ってつくづくマジメ。私が社長なら、私みたいな社員が欲しい。と、自分大好きに拍車が掛かるカンジです。さて、闘病については、また後ほど書くとして、ひとまず今書きたいコトを。


自分より一回りも年下の女子に、ミョーに親身に話を聞かれていた途中、彼女があたかも仏道に励んだ尼僧のごとく私に同情したり、精神論を持ち出して来たりするのが面白くて、チョイチョイ込み上げてくる笑いを堪えるのが大変でした。若いコにありがち。こういうのを“井戸の中の蛙”と言うんですね。

結局、自分の価値観を押し付けているワケでもなく、諭しているワケでもなく、ただ単に明るいお節介&自己満の好奇心で話しているのだろうけれど、経験値も自制心も12歳下に比べりゃ遥かに高いこの私の思いを引き出そうなんて12年早い。半分も伝えていないのに、すっかり私のコトを分かった気になって意気揚々と帰っていきました。愛いヤツやなあ。何とも滑稽。またそれを客観的に見られているとも知らず…。掌で転がされるタイプかな。彼女が一生懸命お節介を焼いて心配しようとしている“もうヒトリの彼女”の方が、私からしたら精神的に大人な部分は多いと思うし、ある意味強くて、自分ヒトリで充分対応出来ると思うんだけどな。ほんの一部分の閃きや開眼があれば、飛躍的に良くなるであろうし、ステキなコ…ステキな部分がある…そう思っている相手だからして、そのコのコトを、こちらとしては“十把一絡げのさして心を掛けていないコ”にあーだこーだ言われても、何だかなあと白けるばかり。

大人数のヒトリで事実上どうでもイイコ、表面上何とな~く好きでやり過ごせるけどそれ以上にはならないコ、ホントに好きで一生付き合いたいコ、この違いは私の中で明確だからして、“何となく”タイプのコに仲立ちされる必要はなく、もうほっといてと声を大にして言いたかった。女子社会の悲しさかな。けど、本当に親切心でわざわざ時間を割いてやってるのか?と思うと無碍にも出来ないこの私の煮え切らない性格よ。また、「優し過ぎる!」と親友どもに叱られるわ。

しかも、私のコトなんて、私自身でもなかなか分からないのに、ちょっと話しただけで他人に分かってたまるか。

こういう親切(親切とするならよ)の在り方も有り難いモノですし、なんやかんや言って心配されるのも嬉しいモノですが、だが、大きなお世話。私のコトは私が決める。それから、特定個人をどう思うかも。私の方が遥かによく知っている人物を、いかにも知ったらしく語られるのはガマン出来ないし、そんな好奇心とも捉えかねない助け舟は親切とは言えないと思う。単に面白がっているだけだ。トラブル好きなだけ。それを、「そうじゃないよ、親切なんだよね」と思うヒトは、もっと心理学を研究した方が良いと思う。この場合の真の親切とは、知らん振りしつつ、でも無視などはせず、時には叱咤激励しつつ黙って状況を見守るコト。考えさせる時間を与えるコト。本を読んだり、ハナシを聞いたりしながら、自分で一生懸命考える行為をしないと、やはりヒトは成長しないと思うんです。自分と向き合うのはツライけど、逃げてちゃいけない。私も何かに躓く度に自分と一生懸命向き合いながら乗り越えてきたので、それこそ何度もその経験がある分、今はここに至っているワケですよ。周囲からは小器用に飄々とやりこなしているように見えるのも、過去の痛い経験があるからこそ。本当に苦しかったあの時の経験がムダではなかったなと心から思えるのは、やはりきちんと向き合って乗り越えられたからこそかなと。そのせいで犠牲にしてしまった色んなコトも、今振り返ると惜しいなとか残念だなとかゴメンナサイなどと思うけれど、それもまた勉強。過去を振り返ったって仕方ない。今自分がどうしたくて、今後どうなりたいか、ビジョンをしっかり持てば、自ずと光は見えてくると思う。勿論、私はいつも姉や親友、年上のお友達などにハナシを聞いて貰うけれど、最終的に決めるのは自分自身。恋愛だってそうじゃないか。失敗したら、次は失敗しないようにと一生懸命考えるから、同じ失敗を二度と繰り返さないモノなのだけど、そこで考えるコトをせずに学習しないコは、何度も何度も同じようなダメンズに嵌まったりするのではないかしら。

誰とでもフランクにフラットに楽しく陽気に過ごそうとするのは大切だけれど、私はやはりそんなのは友情とは思えないです。仲間との距離の取り方は、まさに上記の通りにするのが理想的ですけどね。

何度も書いているけど、真の友達とは、べったりずーっと一緒に過ごすとかではなく、離れるのでもなく、距離感は成り行き任せ、互いに良い影響を与え、向上し合えて、価値観をぶつけ過ぎるコトなく、尊重し合え、認め合え、楽しいだけでなく、時にはケンカもするかもしれない、行き違いもあるかもしれない、でも、自力で分かり合い、喜びも悲しみも怒りも分かち合えるような、自分にとってホントに大切で必要なヒトに限る…このスタンスは今後も変わりません。陽気にガチャガチャ過ごすのは仲間ではあれど、友達ではないと思うから。だから日記に書く時も仲間と友達との区分をハッキリしているのです。

そしてやはり、内外共に年相応のヒトが好き。18は18らしく、25は25らしく、30は30らしく、だ。ミョーに背伸びして達観ぶったトコロで所詮まだまだ20代なのだ。そして、どんなに若く初々しく見えたって、30代は30代なのだ。中身は年相応でありたい。

帰宅後、病み上がりで疲れていたものの、あまりに可笑しくてにょりちに電話したら、

「そのコ、釈迦に説法ばりだね」

と呆れ口調。怖い。

ミクロちゃんならハナからそんな年下はダイキライなので殆ど相手にしないだろうと思いますが、私は小一時間付き合ってしまった。病み上がりなのに。媚びないのがポリシーなのに、ああ八方美人、ビバ。←ビバではない。

「アンタ、お人好し過ぎるのも大概にしなよ」とにょりち。厳しい。

お風呂に入りながら(3日ぶり!)冷静に振り返っていたら、彼女の行為は“ヒトの聖域に土足で踏み込む”のと一緒だと感じました。いやあ、周りにいないタイプだわ。私の血縁だって恋人だって親友だって、共通のどこまで近い友人だって、そんなコトはせんわな。真に賢いヒトと、賢ぶるヒトとの違いなのかな。賢ぶったり通ぶったり達観ぶったりするヒトって、本人は得意満面でも結構カゲで笑われていたりするので、これまた損なタイプですね。でも本人は得意絶頂なのでヨシとしよう。それにしても、自分自身が誇れるようなカンペキな人間ではないから、ヒトに何かを伝える時は色々試行錯誤したり自己嫌悪に浸ったりするのに、どんなヒトに対しても堂々と意見出来るような自信満々なヒトが本当に羨ましい。チーフになっちゃえよ!また胃腸がヘンになりそうなので、もう寝ます。
スポンサーサイト
思想 | TB:× | CM:× |
  [ 休息の飲み会。 ]
2010-01-22(Fri) 23:59:48
チームの皆で遅い新年会と称して飲み会を開催しました。

正午には集まり、皆でワイワイ買い出しをして、一人暮らしのGちゃん家へGO。
F1040062.jpgF1040063.jpg
まずは、ワインとチーズで乾杯。
飲兵衛Gちゃんお手製の梅酒で乾杯。
私お手製のチューハイで乾杯。

Rさんは合間合間にビールを飲みまくり、ひたすら乾杯していた気がする…。

F1040066.jpg
乾杯して盛り上がったあと、少し落ち着いたのでモツ鍋作りに取り掛かりました。
せせり、モツ、ウィンナー、つくね、などの肉類に加えてキャベツやニラをがっさー!
塩スープ味が好みでめちゃめちゃ美味かったです。
酔っ払いAピーが包丁で手を切る事件も勃発したりして大騒ぎ。私とIちゃんは先生(私)と助手(Iちゃん)のように共同作業で調理しておりまして、みじん切りや乱切り、肉を細かく切る作業に没頭。その後はつくね作りに没頭。ワーワーギャアギャア楽しいひと時でした。ほろ酔いで料理していたこの時間がイチバン楽しかったかも、

F1040067.jpgF1040068.jpgF1040069.jpgF1040070.jpg
少し遅れて参加したTちゃんは願掛けの為に肉断ちをしているので、食べられる食材で調理していました。勿論、我々もご相伴に預かりましたよ~、エヘヘ。

ひたすら盛り上がって、タロット占いをしたり、恋ばなをしたり、DVDを観たり、無責任に笑って楽しい時間でした~。家飲みは安くつくし、時間気にしなくてイイし、最高。そしてまた午前様…。繁忙期で明日は早出なのによくやるよ、私達(笑)。
日常 | TB:× | CM : 0
  [ 徒然。 ]
2010-01-21(Thu) 23:57:09
F1040052.jpg会社近くのカレー屋さんでヒトリランチしてきました。
元々ヒトリ好きな“おひとり様”ですので、こういう時間は全く苦にならないカンジ。むしろ、たまにはヒトリになりたい時があって、団体の中にずっといるのは苦手。でも協調性のあるO型天秤座ゆえ、自制しながら溶け込めるのですが。

それにしても、耳の痛いハナシってさ、聞く方もイヤだと思うけど、言う方ももっとイヤで、ナンなら言わずにスルーした方が断然マシだと思う。自分の言葉が他人を傷付けたり、影響させたりするのって、身を切るようにツライ。
それでも言わざるを得ない状況…そこに追い込まれているツラさは理解して欲しいな~と願いつつ。

F1040055.jpg
翌日はモツ鍋パーティー予定だというのに、待ちきれず仕事帰りにRさんとモツ鍋を食べてきちゃいました。
また、日本酒をしこたま飲んで、帰りは1時半。
地元で飲むので終電を気にせず歩いて帰れるのが良いです。

明日起きれるかな~と思いながら、久しぶりにそのままドロン。カオは洗ったけど、お風呂に入る気力がなく、「お風呂入りたい~」と思ったのが最後の記憶でした。お酒は美味しいな。
日常 | TB:× | CM : 2
  [ 全ては自分のキモチヒトツ。 ]
2010-01-20(Wed) 23:31:20
F1040053.jpgF1040056.jpgF1040057.jpgF1040054.jpg
ものすご~く飲みたい気分につき、生レバーとトマトなどの軽いおつまみをアテに、調子に乗ってチューハイやら焼酎やら日本酒やらを立て続けに飲んだら、久しぶりにアタマがクラクラしました。旅人クンに呆れられました。エヘヘ。深いハナシをしたけどあまり覚えてません。

コレは独り言ですが。

旅人クンにとって様々な分野で朗報が舞い込んでいる様子、昨年終わりから色々落ち込んでいたのでホントに良かったな~と思う。現状を前向きに受け取れたからこそなのかも。世界中の全ての皆様が太陽の方向を向いて明るくハッピーに過ごせたらいいのにな、優しいキモチになれたらいいのにな、仲良くなれたらいいのになと、心から願う今日この頃です。
オトナ恋愛 | TB:× | CM : 2
  [ アカデミー賞の季節ですね。 ]
2010-01-19(Tue) 23:53:01
西島君目当てで「サヨナライツカ」が観たい。でもあの作者が苦手なので観たくない。とはいえ、西島君のラブシーンなんてめっちゃ好物だから観たい。でも中山美穂さんにそんなに興味がないので観たくない。観たい、観たくない、観たい、観たくない、この葛藤が暫く続きそうな今日この頃、とりあえず「板尾創路の脱獄王」を観てきました。吉本芸人ばっかり出てるやん!と軽く驚きつつ観て(俳優さんも出ていましたけども)、別に取り立てて爆笑ドコロもなく、盛り上がるワケでもなく、何となくニヤリ&ゾワリ&ウーンテイストな不思議板尾ワールドをこれまた不思議な気持ちで堪能したカンジです。コレ、すっごく賛否あると思うわ。私は結構好きです。全然テイストは違うけど、ヒッチコックの世界を思い出させました。テンポは思ったより良くなかった気がするかな。

F1040038.jpgF1040040.jpgF1040039.jpg
少しオトナなバーで飲んでいたつもりなのに、レッドアイのグラスにデカデカとメーカー名が記載されていて、一気に萎えました。こういう些細な部分もバーの雰囲気作りには凄く大切な要素だと思うわ。ピクルスがべらぼうに美味しかったのでまた行きますけども。

コメント欄にレスを返そうとしたら、禁止ワードが含まれていると撥ねられてしまう!!私のブログなのにWhy!?というワケで、禁止ワードの研究をしないとコメント返し出来ません、すみません!もう暫くお待ちあれ。
映画 | TB:× | CM : 0
  [ ゲストに出て欲しいのは香川照之。 ]
2010-01-18(Mon) 23:30:39
沖縄名物サーターアンダギーが美味しくて好きです(続けて2個食べると甘くてオエーとなるかも)。
でも、中の生地部分よりも、周りの揚げ目部分のが好き。
それを言ったらママリンに、「アンタ、太るハズやわ」と言われました。
ケンタッキーのチキンなんて1ピースで300カロリーもあるらしいよ。驚きだよ。大学の時の食品成分表どこ行ったんだろ。

今日は張り切って残業して、張り切ってまた歩いて帰ろうとしていたら、Rさんが付いてきました。
どうやらゴハンでも…と目論んでいたらしい。
しかし、私はハンチョウが待つ我が家に急がなければならず、Rさんをガッカリさせてしまいました。あ、オーモチもだ。ゴメンね、皆の衆。また誘ってね。

今日のハンチョウさんは、ひたすら走って、ひたすらメガネで、ひたすらハードボイルドでカッコ良かったけれど、ちょっと若さをアピールし過ぎだよ~と恥ずかしくなりました。んで、絶対に最後には説教する…という図式がパート1からずっとお決まりになりつつあるけど、アレは絶対じゃないとアカンのか?
それから、やはりこのドラマは犯人探しの展開があっさりし過ぎだなあと思います。かと言って人情で攻めるには甘さもあるし、色々突付きドコロ満載。まあ、その浅くてぬる~いカンジが大好きなんだけどね。
あと、パート2ではまだ塚地クンが目立たないなあ。村雨さん達のくだらないやり取りも少ないし、ハンチョウさんは満喫しているけど「ハンチョウ」は満喫出来ていない気がする~。
カンケイないけれど、そして突然ですが、最近の私は香川照之好きに拍車が掛かっておりまして、ハンチョウに出てくれないかなあと切に願い中。あの圧倒的な存在感と破壊的な演技力で蔵様を出し抜いて欲しいなあ。数年ぶりにアカデミー助演男優賞ノミネート、おめでとうございます。あ、蔵様も読売演劇大賞にノミネートおめでとうございます。大賞は獲れなさそうなメンツですね。ノミネートされたコトに意義があるカンジでね。基本、賞レースはお金の香りがプンプンするので、そんなに期待しないワタクシです。ブラックブラック。
イイオトコ4(北村・香川・上川・西島) | TB:× | CM : 0
  [ エナジーチャージ。 ]
2010-01-17(Sun) 22:12:27
Oリン演出の舞台を観に行って来ました。

有名なミュージカルで、再演に次ぐ再演という人気作品らしいのですが、私は全くの初見。
尚且つ、Oリンの外部作品を観るのは“アレ”以来初だったのでドキドキしながら観劇に臨みました。結果。

怪しげな作品世界がOリンに合っていて、とても入り易く良かったと思います~。彼が作ったモノではナイものの、演出面ではOリンらしさが随所に表れていて、「あああ、Oリンだあ」と思いながら観ていたせいか、途中ナンだかワケが分からずウルウルしてしまった。懐かしいというかなんというか。旧友に再会したみたいなカンジかしら。お久しぶりぃのカヨコちゃんも超コケティッシュで可愛かったです。
外部のOリンは思った以上に違和感はなく、さすが若き天才と呼ばれたヒトだけあるなあという印象。でも、内容はあまり好みではなかったですけども。主演のヒト達が達者でブラボー。ドロドロした内容の割には全体的に若々しくフレッシュな印象を受けました。観に行けて良かった。

終演後はバタバタするというコトだったので、開演前にドヤドヤと陣中見舞い。相変わらずの赤ら顔Oリンが人見知りたっぷりの笑顔で迎えてくれました。変わらないタマゴ感だ!Oリーン!!もうそれだけで、実は内心ウルウル。M先輩もスタイリストNさんも泣きそうだったらしい。人気者だね。Oリン。

そんなOリンは私を見るや否や、「いつ文壇デビューするの?ずっと待ってるんだけど」とキツイひと言。コレ、数年前はしょっちゅう言われていたのですよ。その度に恐縮する私でした。相も変わらず全然頑張っていないコトを知ると、「あらまあ」とオオゲサにズッコケられてしまいました。タハハ。期待を裏切ってゴメンね。今年こそトライしてみます。

060720_164359_M.jpgところで、今日も凄く寒い1日でしたが、ナニを思ったか私達は急にパフェ食べたい病に陥りまして、終演後の某百貨店のカフェにてパフェを頂いてきちゃいました。フルーツ専門店なので、オススメはイチゴだとかマロンだとかなのですが、スイーツの中でもチョコが比較的好きな私は勿論チョコレートパフェをセレクト。王道です。キウイやイチゴがたっぷりで美味しかった~。満たされました。

明後日辺りから関西は暖かくなるらしいです。この勢いでどんどん春になっていけ~!と願うわ。切に願う。風邪引かないように体調維持が大変なのだ。

今日もとても平和で幸せ~な1日でした。生きていると色々あるけれど、生きているからこそ色々あるワケで、生きている限り、この一瞬一瞬をムダにしてはいけないと強く思う。
ボー…、ホケー…、ダラー…と過ごす時間も時には大事だと思いますけどね。時にはね。
エンターテインメント | TB:× | CM : 2
  [ 押し付けられる感。 ]
2010-01-16(Sat) 23:13:32
ひっきーやマイマイが名古屋入りしたのを聞いてイイなあと羨ましく思いつつ、所詮コンサートには行けない身につき泣く泣く諦めて家でおとなしく過ごすコトに。

暫く執筆活動に勤しんでおりましたが、どうにもアイデアが湧かない為、散歩に行って来ました。

家の近所をDVDショップ経由でグルッとするだけのつもりが、某大型ショッピングセンターまで足を延ばしてしまった。そしてそのままエンポリウムやZARAを覗いたり、靴を見たり、書店で立ち読みしたり。ついでに某珈琲店で休憩までしてしまいました。結局、DVDをレンタルして帰宅したのが3時間後。辺りがすっかり暗くなっておりました~。

最近、歩くようになってから、ラクチンなのでリュックが欲しいなと思うようになり、あらゆるお店を見て回っているものの、なかなかコレというモノに出合わず。エンポリウムの神戸店で目を付けていたモノにしよっかなあと思ったら、地元のお店には在庫がなくてガーン。また神戸に行かなきゃ。バーゲン終わりだし、ナイかもしれない。やはり欲しいモノはさっさと買っておかなきゃ後悔するの巻でした。

櫻井主演の震災ドラマ。
櫻井始めキャストの皆様には何の不満もございませんが、観終わって結局ナニが伝えたかったのかよく分からず。悲惨な当時の状況は改めて痛感したし、徐々に薄れゆく惨状の記憶を呼び起こすというイミで有意義だったとも思うのだけれど、報道目線っていうのが何とも…やっぱり偽善を感じてしまうんですよねえ。私、報道に対して懐疑的になり過ぎるのか?あるイミ、戦争ドラマなんかと一緒ですかね。忘れるか忘れないかは、こうした擬似物に頼るよりも、個々の魂の問題だと思うので、それで萎えてしまいがちなのかも?
で、あのドラマは結局、報道記者が命を張って取材したサマ、如何に困難を乗り越えて真実を伝え続けてきたかという“雄姿”を見せたかったのかな?←ちょっとイヤミ込めてます。
それならよく伝わってきたのだけれど、でもあの震災って(阪神淡路だけでなく常に緊急時には)何もああいう特殊な業務に就いているヒトだけが大変だったワケではないから、アレを観て、「あ~そうだった、こんなだった」とか、「へえ、取材記者達は頑張ったんだなあ」とか、そうした他愛ない感想を抱いて終わり、みたいなカンジなんでしょうかね。空々しいなあ。こんなドラマを創るくらいなら、体験者ドキュメントをゴールデンタイム民放でオンエアした方が余程伝わると思うんですけどね。ウラではサスペンスだとか、バカバカしいコント番組なんかがオンエアされてお気楽~なカンジで、コレがこの国の現状なんだよと思ったり。そこに自分も甘んじて居るのが滑稽だったりもする。まあ、イチ個人の感想でございますので気軽に読み流して下さいませ。
つぶやき | TB:× | CM : 2
  [ 時は過ぎていく。 ]
2010-01-15(Fri) 23:51:51
F1040044.jpgF1040048.jpgF1040046.jpgF1040049.jpg
F1040042.jpgF1040043.jpgF1040047.jpg
穏やかで、協調性があって、オトナで、自立していて、フラットで、感情を自制出来て、自然と気遣いをし合えて、ヒトを傷付けるようなコトを容易く言わないお友達3人で飲みに行って来ました。本当に楽しくて、あっという間の3時間だった。懐に隠している刃物を振り回すような言動をするヒトがいないというのは、こうも安心安全なモノか。白ける瞬間が一度でもある飲み会なんて、やるイミがないと思います。優しい時間を過ごすと心が和みますね。疲労の癒えるひと時を皆さんありがとう。また行こうね!
日常 | TB:× | CM : 2
  [ ケモノ系ってコトで。 ]
2010-01-14(Thu) 23:09:37
F1040032.jpg甘いモノがそんなに好きではない私もたまには食べたくなるのがスイーツです。2駅分歩いている通勤途中にマロン系を専門にしているケーキ屋さんがありまして、以前買って食べたロールケーキがヒジョーに美味しかったので、またまた買ってみました。マロンのロールケーキもあったのに、やはりショコラ系にしてしまった。マロンとショコラの融合とかだと更に嬉しいかも。甘さ控え目でまろやかで、とても美味しいです。

ところで、動物占いはトラのワタクシですが、会社の同じチーム内のコ達が手にしていたFPに更に詳しく分類された動物占いが載っているというので、やって貰いました。すると、トラはトラでも、“慈悲深いトラ”という結果に。他にも“クリエイティブな”とか“オシャレな”みたいな枕詞が色々付いて分類されているみたいで、トラなのに慈悲深いだなんて相反しているしどうなんだろう~などと思っていたら、皆には、「人当たりが良くてリーダーシップを取るのが得意な姉御肌、ピッタリ!その通り!」と太鼓判を捺されました。そういう風に思って貰えているのは喜ばしいコトだわ。でも、「ニッコリ笑ってキツイひと言を放つ」のも特徴なんだとか。それもまたピッタリだわ~。デヘヘ。今日は頗る心穏やかな1日でした。
日常 | TB:× | CM : 2

copyright © 2010 Cheap chic!~日々本能のまま~. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。