Cheap chic!~日々本能のまま~

「生活は簡素に理想は高く」をモットーに、毎日楽しく生きています。基本的に亀更新です。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 囚われないコトです。 ]
2010-05-30(Sun) 22:22:22
うーん。

近頃の私は心に余裕がない。

映画を観たり、本を読んだり、美味しいゴハンを食べたり、お酒を飲んだり、色んな場所を訪れたり、友達と喋ったり、旅行の計画を練ったり、買い物したり、美容に精を出したり、ネイルしたり、仕事したり、

毎日充実してはいるのだけど、それと反比例するかのように、心がギスギスしていくのが自分でも分かる。


要は、

ヒトの欠点にばかり目が行く。
愚痴が増える。
疲労する。

理解しがたい他人の言動に呆れる。
接する相手をおバカと見下す。
疲労する。

猜疑心が強くなる。
善意を素直に受け取れない。
疲労する。

自分だけが大変な気がする。
周りが敵だらけに感じる。
疲労する。

おお、見事な負のスパイラル。

こんなの私じゃない!

いや、コレも私なんだ。私なんだな。

皆が自分みたいになるワケないんだよな。色んなヒトがいてこそ成り立つ世の中。自分だって相手から見りゃ扱いにくいかもしれないし。

ただね、コレはホントに昔からそうなのだけど、私個人は扱いにくい相手に面と向かって指摘するコトをヨシとしないタチなのに(だって、そんな自分はナニサマなのさって思うし、ガマンも大事だと思うし)、そのくせ、本人は言われ易いのかナンなのかよく分かんないけど、結構な頻度で他人からズバズバ指摘されがちなので、余計陥るジレンマ。
「オマエに言われたないわい」と思ってもニコニコして、「そうなんだよねえ、エヘ」などとつい言っちゃう事勿れ主義だから、仕方ない。厄介なコトにこんな自分がキライじゃないとキタもんだ。うーん。

人生、特に対人は、なかなか上手くはいかないけれど、モットーにしている「いつも心に太陽を」は勿論、「正直に誠実に謙虚にシンプルに」且つ、「欠点はお互い様なのだ、許す心を持ち、ヒトの美点に目を向けよう」の精神を今一度思い出し、柔軟なスタイルでいられたらイイなと思います。
スポンサーサイト
つぶやき | TB:× | CM:× |
  [ For the sense.3~4月の映画。 ]
2010-05-29(Sat) 23:27:59
あ~。すっかり忘れていた。映画三昧だったこの時期のコトを。
映画についても一切記録しなくなるなんて、私は一体ナニを考えているんだ。
もっと、“らしく”なくっちゃ。らしさを取り戻さなくっちゃ。

4月は会社内で異動したカンケイもあり、ヒジョーに極端な時期でした。
3月は劇場で観まくり、4月に入ると専ら自宅で…といったカンジ。何れにせよ、ガガーッと映画熱上昇して物凄い勢いだったような。

(劇場)
「シャーロックホームズ」
斬新ホームズ。シャーロキアンな私の中でロバートダウニーJr祭りが始まった!

「コララインとボタンの魔女」
単なるファンタジーではなく、教訓を孕んでいると思ったよ。パペット技術が高い。

「食堂かたつむり」
新鮮な柴咲コウちゃんでした。あんな贅沢な食堂、現実にはありえんな。

「バレンタインデー」(試写)
“バレンタインデー=男のヒトが恋人にプロポーズする日”という視点に慣れなくて弱冠戸惑い。ハートウォーミングで、罪のないお話ばかりでした。

「ハートロッカー」
レイフ!!!てか、胸を抉るような心理戦がコワイコワイコワイ!

「サヨナライツカ」
西島クンの横顔にひたすらトキメキトゥナイト。

「インビクタス/負けざる者たち」
ゆったりとした感動作で、音楽と実話ベースとモーガンフリーマンとクリントイーストウッドに騙されそうでしたが、よくよく考えると詰め込みが甘くて粗い。マットデイモンは存在感がハンパない。

「シャッターアイランド」
結局どういうオチなん?

「オーケストラ!」
心が洗われた。

「タイタンの戦い」(試写)
レイフ!!!リーアム!!!3Dすげえ!!!

「花のあと」
北川景子ちゃんの大根ぶりが破壊的でした。でもカワイイから許す。亀治郎さんの横顔にウットリーヌ。

「恋するベーカリー」
めっちゃ面白いラブコメ。メリルストリープは衰えないなあ。

「しあわせの隠れ場所」
コレ、大好き。大好き!号泣。


今回は少し趣向を変えて、ヒトコト感想でお送りしました。
今月に入ってから熱が落ち着いたとはいえ、やっぱり結構な数を観てますねえ、映画。

映画館に行くまでは正直腰が重い時もあるのだけど、映画館に行くと必ずテンションが上がる。大好きなモノのヒトツで、コレはきっと永遠だと思う。なるべく時間を作って劇場に足を運びたいです。心がスッとするから。


DVDは「マンマ・ミーア!」とか「ハンコック」などのライトテイスト&コメディ物から、「クローバーフィールド」「大いなる陰謀」みたいなカタルシスの薄い物、「スルース」や「ヴィドック」「ロング・グッドバイ」といった探偵物までガツガツ観たけど、正確に覚えていない~。記録するのを忘れている。そして記憶力はナイ。


そういえば、映画や読書と並んで私の大好きなモノの代表なのが美術館巡り、こちらが最近おざなりです。美に触れたいなあ。
映画 | TB:× | CM:× |
  [ コンサート情報を待ちわびながら。 ]
2010-05-25(Tue) 23:40:24
みーこゴトがチラホラ。

「大奥」は現在製作中とかで、ツイッターでも随時その情報を入手出来るのだけど、足を延ばせばちょいと行ける距離にみーこや蔵様がいるコトよりナニより(蔵様はもしやご実家通いか?)、みーこと蔵様とムロツヨシが共演しているトコロが私のツボ。

ムーローツーヨーシー!!
何処まで羨ましいオトコなんだ、オマエは。好きだぜ。

みーこゴトに戻ると。

JCBカードのCMキャラクターに抜擢されたとかで、その情報を入手した際に「遂にクレジットカードのカオに!!」と興奮したのも冷め遣らぬまま、昨日からCMが解禁されております。
氷山編と漫才師編があるみたい。どっちもカワイイ。南くん仕様の髪型に萎えていたけど、ここへきてナチュラルテイストなみーこにポイントゲット。

それからまだみーこゴト。

秋にフジ系列のドラマで主演するらしい。連ドラではなく単発だそうだから、スペシャルドラマでしょうか。
社会派テイストがイイなあ。久しぶりに哀愁漂う仔犬クンの姿が見たいなあ。「青の炎」的な。

みーこゴト、おしまい。

映画俳優みーこが好きなので、映画情報でみーこの名前が出てくる度にテンションアップ。
というワケで、みーこ熱上がってます。

因みに、みーことはニノのコトです。

幻の名作「熱烈中華飯店」、再放送しないかなあ。
アラチ | TB:× | CM:× |
  [ 働くオンナ。 ]
2010-05-21(Fri) 23:45:11

アフター9、友達と居酒屋で飲んで飲んで飲まれて飲んできました。大騒ぎ。

〆にオニギリ(大きめ)を頼んだら、特大サイズがやってきてどっひゃあ。大きめとは書いていたけども…どこ基準の大きめよ?関取世界か?

相変わらず、会社員は会社に振り回される日々で、やってらんねーなーと思いますが、自分の役割を遂行してお金を頂く、このスタンスは私の中で永遠。
立場が多少上がっても謙虚にがモットーです。

基本的に、天は人の上に人を作らんと思っているので、“立場が上がる=えらくなる”なんて考え方はナンセンス。ふっるいふっるい。エライヒトなんてこの世にいないんだってば。生きてるエライヒトなんて、お釈迦様くらいしか知らないよー!(←釈迦が生きていると言い切る怪しさ)。

ま、のほほんとしつつピーンと気は張り詰めて緊張感も持ちつつ、お酒に溺れない程度に働くべし。
つぶやき | TB:× | CM:× |
  [ 琴線。 ]
2010-05-18(Tue) 23:44:04
依頼されている“ちょっとした原稿達”を明日までにやっつけなきゃいけないというのに、こういう時に限ってあちこち寄り道したくなるのは何故なんでしょうか。

今日は珍しく早めに退社出来たので、閉店30分前のセレクトショップやコスメショップでお買い物してきました。ついでに書店にも寄り、ミステリー小説や雑誌を何冊か買ってきた次第。いつも以上に映画三昧だった熱がやや収まり、読書熱が上昇している今日この頃です。どうやら感動したい模様。ミステリー小説で感動出来るのかってハナシなんだけど、「新参者」みたいな作品だと感動出来るよね、大いに。

因みに、ドラマ「新参者」は香川さんがゲスト出演していた初回から欠かさず観ています。かなり面白い展開。そして毎週泣かされている。豪華ゲストもいちいち好みで、いちいち渋い。寺島さんの回が今のトコロ一番面白かったかな。
原作を読んで犯人を知っているので、始まった当初は楽しめるかな~と懸念していたのだけど、こざっぱりとしていて洒落っ気もあって、終始貫かれる人情的な創りが爽快で、阿部さんの個性と相俟って非常に心地良いです。春ドラマの中では最もオンエアが待ち遠しい。次点は「警部補 矢部謙三」(漢字違うかも)だったのですが、早々に終わってしまって残念。昔の部下達が登場して、私の中では結構豪華だったのに。
あと、「20世紀少年」でドンキーの少年時代を演じたコが矢部警部補の少年時代を演じていたのも物凄くお得感があった。さすが堤監督。遊び心とエンタメ性に長けていますね。

そうそう、意外に思われるでしょうが、「月の恋人」も結構好きです。あのドラマのキムタク(の役)はカッコ良すぎる。ああいうやり手なビジネスマンに頗る弱い私なので、キュンキュンしながら観てしまう…。キムタクにキュンキュンするとかありえん!!!

涙のハナシついでにもういっちょ。

さっき久しぶりにミクロちゃんのブログ(ココアさんメインじゃないほう)を覗いて、「愛犬のお部屋」コーナーを何気なく読み返してみたトコロ、ボロボロボロボロ涙が零れて号泣嗚咽してしまって、そりゃあもう自分でも慌てた。
単に、ラブの日常を淡々と綴っているだけの内容なのに、今読み返すと徐々に歳を取っていくラブの姿がリアルに感じられてぐっときた…プラス、嫁いだミクロちゃんと一緒に見知らぬ家に移ったラブが、ミクロちゃんにとってどれほど心強く、どれほど支えになっていたかがよく分かり、何だか知らないけど急にジワーッときてしまったのですよね。
ミクロちゃんが今ココアさんに“偏愛”にも通ずるありったけの愛情を注いでいるのは、ラブに対してやってあげられなかったコトを後悔した経験からかもしれないな~などと思ったりしました。

私には子育てやペット育成は性格上出来ないと思っているので、それを実行しているヒトを心底尊敬するのだけど、ただカワイイカワイイだけでは子供も動物も育てられないし、育てる資格がないとつくづく思います。

涙のハナシから結構展開しましたね。それなのに、原稿はちっとも展開していきません。夜は更ける。
つぶやき | TB:× | CM:× |
  [ 自分の中心に自分を置く。 ]
2010-05-16(Sun) 22:48:19
お久しぶりです。

伝えたいコト、書いてみたいコト、沢山あるのに面倒で、放置していた約1ヵ月。

自分自身がほんのり消耗している…というコトにいつ頃からか気付いてはいたのだけれど、体は無理が利くし、ちょっと楽しい何かがあると弾けるし、心を霞めた懸念の上にどんどんどんどん情報が更新され続けて、物凄いスピードで日々は過ぎていくし。本業や書く仕事併せて働くコトも大好きなのだけれど、実際のトコロ忙しく、真摯であろうとすればする程募るストレス。

当方、ストレスを上手に消化出来るタチなのですが、本来は最優先的消化器のヒトツであるべきブログが結構なストレス源に変化していた模様。なので、ちょっと休んでみたら、休むコトに慣れていって、段々書きたいと思わなくなってしまった。
実際、今も物凄く書きたいワケではなくて、どちらかというと自分を奮い立たせて書いているカンジなのだけど、あまりにも放置し過ぎたら本当に閉鎖しかねない勢いで、レンタル日記時代を合わせると約10年書き続けている習慣をバッサリやるのはちょっと惜しいし、有難いコトに待ってくれているヒトもいるし、そんなこんなで久しぶりに中を覗いてみました。

アラフォーであるからして、いよいよボーっと生きるのはやめて、生活や仕事の仕方、ヒトとの付き合い方、そしてブログとの接し方なんかを自分なりに変えていこうと思っている。表面的には何も変化はナイかもしれないけれど、私には分かる変化。

身体と精神は正直。自分のココロが「いい加減にしろ~!」と音を上げているカンジ。ガシガシ歩き続けると感受性も鈍るのか、立ち止まるコトさえしなくなる“せわしない”ワタクシ。


自分の中心に自分を置きたい。

…若者の台詞みたいですね。でも考えたり立ち止まったりするのには年齢は関係なく、個々の時期があり流れがあるのだ、それでイイんだと思う。それから、「ナニゴトもムリなくボチボチ」、このスタンスが大事だと思う。一生懸命ボチボチ、というのが合っているんですかね、マジメな私には。
つぶやき | TB:× | CM:× |

copyright © 2010 Cheap chic!~日々本能のまま~. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。