Cheap chic!~日々本能のまま~

「生活は簡素に理想は高く」をモットーに、毎日楽しく生きています。基本的に亀更新です。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 今気になるコト。 ]
2010-08-08(Sun) 21:50:10
高校生の頃から書き溜めていた脚本、小説、童話。整理してみたら物凄い数になっていた。

その中から材を取って姉主宰のミュージカルアカデミーの脚本に回せそうなモノもあったり、編集仲間有志との同人誌にて加筆修正出来そうなモノもあったり、以前に声を掛けて貰っていた某所の脚本に起用して貰えそうなモノもあったり。

怒涛の如く書いてみたいなあと思いつつ、日記も含めて最近執筆の意欲がまるきり沸かない。遂に才能の無さで諦めの境地か…というと、まだ足掻いているのでそうでもない。

本業が忙しくて…というのも理由にならない。編集者時代の「365日絶賛お仕事状態」に比べると、今の環境というのは生温く、充分に創作の余地がある。ちょっと疲れていてとか体調が優れないとか精神が弱っているとか、言い訳を一生懸命探すけど全部ウソ。サボる理由を見つけ出しているとしか言いようのないこの頃の自分。

理由は色々あるけれど、本当は分かっている。
要は自分。忙しかろうがナンだろうが、やる気さえあれば本当は全く関係ない。

執筆に対するモチベーションが上がらないのは、飽き性で怠惰な自分のせい。やり切るというコトが出来ない。

思えば、ず~っとこんな調子だった。

幼い頃は、自分もオトナになれば器用になって洋服だって着物だってセーターだって縫ったり編んだり出来るようになると信じていた。本で見た素敵なヒトのように、オトナになればシャネルのスーツが似合うようになると信じていた。おフネさんみたいに漬物も上手に漬けられるし、冠婚葬祭にも詳しくなるし、植物にも詳しくなって種から何でも育てられるし、てんぷらもカラっと揚げられるし、政治問題にも詳しくなるし、クラシック音楽にも精通するし、子育ても難なくやりこなすし、膨大な知識を持つコトができると信じていた。オトナになれば…オトナになれば…オトナになれば…。

エレラブの歌がグルグル回る。

全く浅はか。

何もしなかったら結果はナニもナイのだ。

そんなシンプルで至極当然なコトに思い至ったのは、30歳を過ぎてから。

別に自分の阿呆さ加減をここで公表する必要もないけれど、30歳をとっくに過ぎて「世の中の仕組み」に気付いた自分なのに、また同じコトを繰り返している。妄想と空想とが先走って実行が伴わない。いつかきっと…願っていればきっと…なんて。
それって、本を買っただけで読んだ気になっていたり、楽譜があれば弾けた気になったり、料理本があれば作れた気になったりするのと似ている。生まれついての怠け者なんだろうな。

そう、自分の好きなモノや興味のあるコト、そして自分の経験してきたコトでしか自分は作られていない。カッコイイコトを綴ってある書物や鋭い見方をするヒトの意見なんかを取り入れたくても、それは「自分」ではないからすぐ化けの皮が剥がれる。

そうやってぼんやり生きてきた自分もまぁ自分だから仕方ないか~なんて許しながら、確かに蓄積された微々たる宝物をとりあえずキープして。一方で必要のナイモノをどんどん肩から下ろす作業にそろそろ取り掛かろう。


「こうでなければならない」とか「こうしなければいけない」とかを自分に課しすぎていたのかも。入れ物の容量を考えずに。

自分が何者か分からないうちは、ぐちゃぐちゃに悩んで自分に厳しくして苦しみもがく方が青春ぽくて絶対に好きだけれど。だってそれが若さの特権ってヤツだと思うから。でもいつか、一生懸命やっているのにどうにも現実が付いてこないとなって、少しずつ本来のキャラクターや限界が見えてくるんだと思う。
私の場合、何でも自分でやらなければ済まない人間だったけど、最後の転職を機に初めて人に任せたり頼ったり出来るようになった。
そういうイミで、歳を重ねるのはムダではないと思う。残酷な現実であると共に、同じくらい歳を重ねる行為はヒトに優しい。

知人のエンターテイナーは、自分が発掘する新しい音楽はドシドシ聴くけれど、ヒトから薦められるモノはなるべく聴かないようにしているのだとか。自分でエンターテインメントを創り出す立場にあるから、ヒトのオススメを取り入れていると欲が出てキリがなくなるんだって。何だかすご~く納得。

幾つになっても未知には挑戦したいし、自分をカテゴライズしてしまわないでいたいと思う。とんでもない服もメイクも試してみたいしね。


ほんとはまだひと花咲かそうなんて卑しい野望も渦巻いていたりして。自分が何者なのかに気付いてないお山の大将はやっぱり私だったりして。で、執筆意欲はまだ沸かないんだったら小休止でいいじゃんと思っていたりして、怠惰もここに極まれリ。
スポンサーサイト
つぶやき | TB:× | CM:× |

copyright © 2010 Cheap chic!~日々本能のまま~. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。