Cheap chic!~日々本能のまま~

「生活は簡素に理想は高く」をモットーに、毎日楽しく生きています。基本的に亀更新です。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 闇に隠れて生きる。 ]
2011-10-23(Sun) 23:03:39
いや~、想像よりもおどろおどろしかったけど、意外と面白かったです「妖怪人間ベム」。
私ときたら、普段は平気なカオしてファンタジーなんぞを書いているくせに、妖怪とか幽霊とかには滅法弱いリアリストでして、漫画はまあイイとして実写ってどうよ?とだいぶ否定的で、「怪物くん」が成功したからって調子乗るなよ!と怒っていたのに、期待しなかった分ハードルが低かったのが幸いしてか、思いの外良かったという印象。ベロが可愛かったよー。でも、ベロがいらんコトしてトラブルメーカーになっていきそうな予感もするよ。ベラはめちゃめちゃオトコマエでかっこ良かったけど、途中辺りから「うるせー」と思ってきた。杏は張り切り過ぎじゃ?

ベムの亀梨クン、イイね!哀愁な雰囲気はPの方が持ち前の暗さで発揮出来そうだけど、亀梨クンも充分漂わせていた。しかし妖怪になった姿は目も充てられない次第!あれ、CGってどの部分から?怖いよー怖いよー!ちびっ子は泣いてるよー!そりゃ一輝も拳銃で抵抗するだろーよ。目の前にあんなゴツイのがいたら、腰抜かして気を失って常軌を逸脱しそう。

ダレよりも妖怪ぽいのに何故か人間役の一輝は、とってもイイヒトなキャラでしたねえ。そういう面も持ち合わせていて上手に表現出来る優秀な役者様だけに、まあ真人間に見えたコト!亀梨ベムも憧れる理想の人間像ですよね。これから先、一輝と亀梨ベムが友情を温めていくモノと思われますが、次週予告でも一輝は妖怪に「ぎゃあ!」なってたっぽいし、一輝が「ぎゃあ!」なる度、キモチは理解するが亀梨ベムが哀れで仕方ないです。

どうか、一輝が妖怪人間を人間にしてあげられるような筋書きでありますよーに。ドラマ版は救いのある結末になりますよーに。
一輝狙いで観ていたけど、所々バカバカしくもあっという間に1時間強過ぎるくらいにのめり込める展開だったので、来週も続けて観る!つーか、イイヒトな一輝がカワイイ。堀ちえみにジェラシー。
スポンサーサイト
イイオトコ4(北村・香川・上川・西島) | TB:× | CM:× |
  [ 月イチかニ。 ]
2011-10-22(Sat) 23:27:08
今日はピッコリーナのレッスン日~。

発表会も差し迫っております。進捗状況は如何なモノか?

それにしても、子供たちと一緒にダンスを元気に踊る姉、アラフォー。やれ、腰が痛い、頭が痛い、言いながら、今日も激しくレッツダンス。こういうヒトたちの身体能力って一体どうなっているのかと思う。おばあちゃんになってもクルクル踊っていそう。身体に染み付いているんだろうな。故・アキコカンダ先生とか、凄かったもんな。

レッスン終わりに、気になっていた居酒屋へ行ってきました。390円均一の激安なお店。焼鳥や海鮮など色々揃っていて、すごく繁盛しているお店。

OL経験のない姉は、会社帰りに居酒屋で飲むという習慣がないまま20代30代を過ごしたため、オッサンがたむろするような少し汚めでチープな店が物珍しくて仕方ないらしい。カワイイ。

お刺身盛り合わせ。イカがプリプリしていて美味~。

画像を撮り忘れたけど、焼鳥イッパイに鶏ポン酢に鶏のチーズ焼きに、幾ら好きとは言えアホほど鶏料理を頼んでしまって、最後の方はニワトリのカオを思い出すのもイヤなくらい飽き飽きに。どれもこれも、柔らかい肉質で味もすっごく美味しかったです。

で、後半はあっさりしたモノが欲しくなり、ジャコおろしや山芋短冊や塩タンなんかを頼む。オーダーの前後が逆な気がする。

しょっちゅう会っているので、久しぶり感もなく、私の恋愛話もなく、特にたいしたトピックスもなく、ピッコリーナのハナシで爆笑したり打ち合わせたりする程度で、ドドドーッと食べて1時間半経つか経たないかで解散。

世間では色んな姉妹のカタチがあるそうですが、私達は仲良し姉妹と呼ばれるものの、ワガママ気ままな点が似ているくらいで、性格は全然別。ただ、食いしん坊で美味しいモノが大好きなので、食べるコトにかける情熱はハンパないんです。多分、だから気が合うのだと思うわ。←そこだけ?
ファミリー/フレンズ | TB:× | CM:× |
  [ 待ってました。 ]
2011-10-20(Thu) 23:13:49
深津絵里主演映画の番宣を兼ねてのコトだと思われますが(制作が恐らくフジ系列)、28日から関西で「恋ノチカラ」の再放送が始まるーーー!わー!!!

このドラマ、2002年のモノなんだけど、当時ものすっごく視聴率が良かったそうな。しかし、この頃の私ときたらご承知の通り、編集者の仕事が超忙しくて毎日毎晩〆切に追われているか、追われていない時は殆ど家にいなかったから、リアルタイムでは観ていないんですよね。
まだ女優業をしていた姉は録画しながら観ていて、確か「面白い」と言っていた気がするなー。
当時から恋愛ドラマがそんなに好きじゃなかった私は、当然ながら録画してまで観るほどではなかったし、キャストも深津絵里以外は特にキョーミがなかったし、第一、コンセントのカンケイで自室にテレビがなかったから、家族共有のビデオに撮るのが邪魔臭かった。とはいえ、大好きな「古畑任三郎」やみーこと杏ちゃん主演の「Stand up!!」といった絶対観たいモノはせっせと撮ってましたけどん。

で、「恋のチカラ」は全く観ないまま最終回を迎え、その後、制作の関係で再放送の権利が出易いのか、ホントに何度も何度も再放送していたので、家にいたらイヤでも観ざるを得ず、観ると「面白い!深津絵里カワイイ!」ってなって、でも録画していないから飛び飛びでしか観られなくて、なんだかんだでようやく二度目か三度目くらいの再放送で録画するようになって全話観た次第です。それでも観たら消去する勢いで、真剣に観てはいなくて、堤真一にちっとも惹かれなかったし、すっかり忘却の彼方だったワケで。

しかもねー、あまりに再放送されるので、しまいには「何回やるんじゃい!他にあるやろがい!」と怒り狂っていた次第。

それが、何故か急激なる堤真一病にかかり、うーーー観たいーーー観たい時にはなんで再放送せんのやーーーーーーどうして地元のDVDショップには置いていないんじゃーーー桜子さんはあるのにーーーーこうなりゃDVDを買うしかないかーーーーなどとジリジリしていたら、やっとの朗報!バンザイ!

前置きが長くなりましたが、そういうワケで、28日(金)15時より再放送が始まります!皆さん!一緒に観て堤真一氏の素晴らしさを分かち合おうではないか!え?今更オマエと分かち合わんでも分かってるってか?しっつれいしましたー!
堤真一 | TB:× | CM:× |
  [ 秋を食べる。 ]
2011-10-19(Wed) 02:25:33
ニャオ&ビッケ様の毎度オモロートリオでゴハンを食べに行って来ました~。

超繁忙期につき、皆様が残業をしている中を帰るのは弱冠肩身が狭い。上司も残業だったため、逃げるように走り去りました。まあ、たまにはね。たまには……って、昨日も帰ったんだけど。エヘ。

ビッケ様オススメの、お野菜が美味しいゴハン屋さんへ。居酒屋さんのジャンルになるのかな。

美味しい梅酒を飲んでー。

梅酒、大好きなんです。にごり梅酒が特に好きなのですが、置いている店が少ない。

お野菜が新鮮で美味しい~。獲れ立て、ホクホク、秋の味たち。食で季節を実感出来るなんて、最高の贅沢ですよね。

チーズフォンデュ、こんなカタチのは初めて食べました。カボチャが溶けたチーズと絶妙に絡まって、相当甘くて濃厚で美味しい~。クセになるカンジ。

キノコたっぷりのピザ。あえてキノコを避けて食べるビッケ様。キノコが苦手だなんて、ちょっと損してる気がするわあ。こんなに美味しいのにね!キノコたっぷりパスタが食べたくなってきたよ。

そして漬物。トマトのピクルスがかなりの酸味だったらしく、ニャオちゃんもビッケ様も「こりゃアカン、こりゃアカンで!」「アカン味やあ!」と異口同音に。
2つしかなくて、ご相伴に預からなかったワタクシめは「アカン味」を体感するコトなく叫ばずに済みました。きっと、私にもアカン味やな。


スイーツはカボチャの羊羹。

羊羹っていうより、練りカボチャみたいなカンジ?
ねっとりとした甘さがあるけど、それほどしつこくはない。でも全部食べ切れなかったです。


10月生まれの私とビッケ様に、ニャオちゃんがプレゼントをくれました~。やんややんや、やんややんや。

コインケースくらいの大きさの、とっても愛らしいポーチです。ポーチ好きにはたまらない1品。

色などはあえて指定されていなくて、ラッピングそのままランダムに手渡されて開いたら、ビッケ様は猫で緑、私はウサギで赤。猫が苦手だし、赤の方が好きなので良かった!でも、この柄ならどっちでもカワイイ~。

ナニを入れようかな。手頃な大きさではあるけれど、タバコは入れたくないしな。スマホははみ出すしな。
とってもカワイイので、時々取り出して見せびらかせるようなモノを入れたいなと思います。しばし考えます。ニャオちゃん、ありがとう~。
日常 | TB:× | CM:× |
  [ こんな探偵がいるBARに行きたい。 ]
2011-10-18(Tue) 23:50:10
映画「探偵はBARにいる」が早くも第2弾制作決定だとかで、実にめでたい。洋ちゃんがいばりくさっている画が見えてくるようですが(イメージ)、周囲にも「面白い」とかなり評判上々。主に、メンズにウケが良いカンジ。

遅ればせながら私もやっと観てきました。

こう見えて痛いコトとか酷いコトとかが苦手なので、バイオレンス色濃厚なシーンの数々には弱冠辟易。
目も当てられないレベルの残虐カットが相次ぐと、瞑想に耽らざるを得ない。そんな時間が何度か訪れたものの、テイストは結構好みでした。こういう世界にはとんと縁がないけど、なんか渋くてイイなー。憧れるなー。実際にはかかわりたくないけど。舞台背景も色味も何処となくセピアっぽくてセンチメンタルで、掠れた裏社会にまみれ、危険スレスレの世界で生きている主人公が、更に暗黒ゾーンに足を踏み入れつつピュアな恋もしつつ人情味も見せつつ、謎に迫っていくサマが痛快。強いし、でもちょっとドジだし、オンナに弱くてルパン的な魅力もあるし。どんでん返しで終盤に運んでいく展開も、映画のプロにとってはお約束かもしれないけど、なかなか読めないレベルの範囲で面白かった。

私は推理小説マニアで、自分でも物語を作るせいか、自分ならどうする?どう書く?どうオチをつける?と思いながらハナシを追うのが無意識のクセになっているのですが、最初、集団で女の子を襲うシーンで「ん!?」と引っ掛かっていて、ずーっと「ん?」「ん?」と考えながら筋を追っていたため、今回は物凄く早い段階でなんとなく筋が分かりました。ヒロインを悪に仕立て上げようとし過ぎているキライもあったので、中盤から確信してしまった。
展開は、全く分からない時もあるし、今回みたいなコトもあるし、まちまちではあるんです。オチが読めたからイイとか悪いとかではなく、オチが読めても充分楽しめるような映画にしてくれないと。この映画は楽しめるクチで、しかも映像の面白さかな、ちょっとずつヒントをちりばめてくれていたので、分かり易かったし発見するのが楽しかったし、すごく親切だなあと思いました。

洋ちゃんは探偵役が似合ってるね!シニカルでナルシストでユーモアリスト。洋ちゃんにピッタリ。
助手役の松田兄もイイ味出してました。なんだろう、このヒトってやっぱスゴイ。七変化。
最近の松田兄出演作品は、「まほろ駅前多田便利軒」「蟹工船」「劒岳 点の記」「誰も守ってくれない」「ハゲタカ」と、結構観てるんだなあ(まあ、そもそも映画をよく観るからだけど)。どれもこれも雰囲気が全然違うのね。主演じゃなくても印象が強い。「御法度」で出てきた時はブッサイクー!と叫んだモノですが、イイカンジにトシを重ねたね!弟クンより全然イイよ。ニャオちゃんはメロメロだったよ。あと、吉高由里子ちゃんの使い方が贅沢ー!すげー!

しかし特筆すべきは高嶋弟の怪演でしょう。まー、すごかった!怖かった。ビジュアルもスゴイけど、笑い方とか超不気味で、キモチワルー。なんか、ホントに狂気を感じました。
最初、ニャオちゃんは高嶋弟だと気付かなくて、また変わった俳優が芸能界に出てきたんだなあと思ったらしい。高嶋弟だと気付いて「えーーーーー!」って心底驚いたらしい。こりゃあスゴイ。正体がバレないなんて、それだけ巧いってコトだよね。姉さん!ニャオちゃんは未だに「ホテル」のイメージが拭えないらしいよ。高嶋弟、いつまで姉さん?しかし、最近の弟ははっちゃけていてイイカンジだよ。

しかし、高嶋弟(の役)があまりに残虐だったため、別に夢を見たワケではないのに早くもうなされそうになったワタクシ、ワゴン車が追いかけてきて、目の前に停まって、中から降りてきた黒ネイルの高嶋弟にバンと撃たれたら一発KOだと想像するだけでヒジョーに怖いので、その夜はタクシーで帰るコトにしました。タクシーを降りて部屋に入るまで、茂みの中から銃を構えた誰かが出てくるんじゃないかとビクビクしたよ。相当怖がり!でも観たいの!


ところで、予告で観て以来、「ミッション 8ミニッツ」が観たくて観たくて仕方ありません。「映画通ほど騙される」と謳っているのにもそそられる。
当方、映画通と呼べるレベルではないですが、だいぶ映画好きですからして、自分が騙されるのか騙されないのかが相当気になります。それだけのために必ず結末を目にしてやろうと思っております。映画ってステキだな!
映画 | TB:× | CM:× |
  [ パーチータイム! ]
2011-10-18(Tue) 23:35:14
Gちゃんのお家でホームパーティーしてきましたー。


フランスパンでピザを作って。


くっさくっさのゴルゴンゾーラを食べて。

このチーズ、ゴルゴンゾーラにしては珍しく板状になっているので、取り易い。食べ易い。
ゴルゴンゾーラは美味しいけど、脆いので切るとポロポロこぼれてしまうんですよね。だからこのカタチは素晴らしい。


しゃぶしゃぶして。

豚と牛です。豚のが美味しかったなあ。

塩ラーの私のために、塩ダレも買ってもらいました。ありがとう。
次来る時までちゃんと保存してくれるらしい。ありがとう。


チキン料理2種。左はGちゃん作成。右は私作成。

私の料理、オトコマエ料理って言われます。要は大雑把。


ワインもしこたま飲んで。

チューハイ、ビール、赤、白、シャンパン、合計8時間ずーっと飲み続けました。楽しい。

UNOをしました。久々。

ルールを忘れていたけど、やり出したら思い出した。

めっちゃ勝ちで来ていたのに、○○を賭けるコトにしたら急に負けちゃいました(色々引っ掛かるのでナニを賭けたかはナイショ)。

ムカついたので、賭けずにもうヒト勝負!って言ってその後は賭けずにやり続けたら、延々勝った。

勝負運がイイのか悪いのか分かりません。

トランプで大富豪もしたよー!結構な回数を富豪でいられました。実生活もこうだったらイイのにね!
日常 | TB:× | CM:× |
  [ 肝臓悪いヒトが好きなのか? ]
2011-10-17(Mon) 23:33:04
20101110222926.jpgウィスキーのロックでチョコレートなんぞを頬張る秋の夜長。この組み合わせ、最強。俺たち最強伝説。因みにこの画像はおにち家で飲んだくれた時の思い出写真なり。
こんなアラフォーは絶対モテないと思う今日この頃。皆様、いかがお過ごしですか。

激務です。激務に耐え、楽しいコトだけを生き甲斐に(食べるコトと飲むコトも)毎日せっせと身を削って働いております。身を削っているハズなのに痩せないなーおかしいなー。

なんか最近色んなお酒に手をつけ過ぎていて、いよいよ肝臓を労わりたいキモチになってきたよ。今は有名になっちゃった米山先生に「肝臓自体は痛くならないから肝臓癌とか肝炎なんかの肝臓病がイチバン気付きにくい。よって、発見した時には手遅れ…というコトもしばしば」と言われて以来、肝臓だけは気をつけたいと思っていたんですが、肝臓以外にも気を付けたい場所テンコモリなワタクシ、なかなか気が回らないのが肝臓なのでございます。お酒はやめられないなー。美味しいんだもんなー。

飲兵衛と言えば、堤真一氏も相当の上戸と見ているんですが、カオ付きからして肝臓とかちょっと悪そう。
でも、サシで飲んでみたい男性のヒトリであります。右に堤真一、左に北村一輝、ぎゃー!こんなステキな組み合わせ、飲んでなくても酔っ払ってしまうわ(蔵之介は?)。

で、いよいよ堤真一氏の舞台チケット先行が始まるワケですが、思いの外激戦らしくて戦々恐々。ヒトリ1回しかエントリー出来ないので、何度も観に行きたい私としてはガビーンという感じです。一応、お友達に協力をお願いしたら皆様快諾して貰えてありがたい限り。
しかしにょりちに、「堤真一の会に入ったら良かったのに」と言われてガーン!な、なにそれ!つつみしんいちのかい???堤真一の怪???

堤真一にファンクラブがあるなんて知りませんでした。あのヒト、どういうヒト?ファンは沢山いるだろうけど、ファンクラブなんてキャラなのか?まあ、北村一輝にもあるし(入ってる)、蔵之介にもあるし(入ってる)、分かるんだけど想定外~。それ、どうやって入れんの!?

大騒ぎしている私に冷静なにょりちが教えてくれたトコロによると、フツーには入れないらしく、舞台を観に行った時に貰うチラシに入会方法DMがくっついているとかいないとか。まずは舞台を観にこい、さもなくば入れさせてあげなーい!ってコト?狭き門!なんてタカビー!!!よーし!是非とも観に行って入手してやろうじゃないか!!なんぼほどファンクラブに入らせるつもりやねん!
堤真一 | TB:× | CM:× |
  [ 昔取った杵柄。 ]
2011-10-16(Sun) 23:24:43
今年の1月に会った際、ひっきーから「ニコさんて、いつからそんなに色々手を抜くようになったの?」と改めて言われてドキーッとした。いや、手を抜いている気はサラサラないのだけど、徐々にめんどくさくなっているのは事実。そんな私は美のエキスパートからしたら相当手ぬるい印象らしい。

確かに、初めてひっきーに出会った頃はビシーッとしていたからなあ。ポテポテすると体型カバーに夢中になるので、どうやら余計なトコロまでは気が回らなくなるらしい。例えばネイルとか。髪型とか。香りとか。

以下、昔は色々やっていたの画。

051104_001348.jpg051030_225311.jpg
051208_021823.jpg051128_014608.jpg051112_004754.jpg
051110_005426.jpg20071121134504.jpg

忙しい時もせっせとケアしていた模様。

基本、フレンチベースでワンパターンのネイルだけど、色味も変えて、それなりに工夫していた模様。全て自力なのだから結構マメである。

20071219224717.jpg20071124225209.jpg
060726_225614_M.jpg20080106101358.jpg

今なんて、家にいる時は極力ボケーッとしていたいという神経が働くため、殆どネイルはしない。ケアも手抜き状態。サロンにも行かない。甘皮ギッシリの状態だけは何とか避けられているものの、爪には全く気が向いていない。要するに、自分自身に気が向いていないのと同じである。自分大好きだったくせにどうした!(ネイルに凝るヒトって、一説には自分大好き傾向にあるとかないとか)。

ふー。ヤバイ、ヤバイよ。色んな面で何とかしないと自分。


番外編。30歳の私はこうだった。

06nico_183926_Ed_M.jpg

見るからに細い。二の腕を出している!二の腕って出してイイもんだったの?最近、外気に全然触れていない私の二の腕。ゴメンよー。そろそろお天道さんに会いたいよねえ、二の腕ー!

そしてなんだか女子力が高いぞ。恋愛をしている雰囲気がムンムン。ダニになんてちっとも咬まれていない。免疫力が高そう。今なんて免疫力低下しまくって、ダニに咬まれるわPMSだわ食べたモノをすぐ吸収するわ、男ッ気ゼロだわ、もうてんやわんや。

さあ、本格的なオトナ年齢に突入し、この先どのように変化していくか、どのように意識改革するか、そしてどのようにトシを重ねるか、本気で考えないといけない時期に差し掛かっております。
ファッション・コスメ | TB:× | CM:× |
  [ ツレうつ。 ]
2011-10-14(Fri) 23:58:02
「ツレがうつになりまして」、あおいちゃんの可愛さにつられて観てきちゃった。幾らキャストが爽やかだからって、内容が内容だけにどうかなーしかも実話だしーなどと怯えていたのですが、思ったより重くなかった。うつとか引きこもりだとかに昔からとんと縁がないせいか、そういう類のテーマに抵抗があるんですよね。近しい友達にも家族にもうつや引きこもりは存在しなくて、太陽みたいにカラッと明るいヒト達に囲まれているので、うつ=弱い人間みたいな偏見を持ってしまいがち。でも、この映画を観ると、どんな人間の心にもうつの材料は潜んでいて、メンタルの強弱に関係なく、突然やってくるものなのだなー怖いなーと改めて思った。スーパーエリートほど余計に危険性を孕んでいるってかー。うーむ。では、やはりニコ家のヒト達は関係ないかもしれない。

それにしても、妻は強い。夫の発病を機にどんどん成長していく妻。夫を励まし、叱咤し、誠心誠意ケアする。経済的にも支える。物凄く逞しくて優しい。惚れてしまうよ(カワイイから余計)。この妻が実在するっていうのだから驚きます。オンナは強いのよね。私も同じオンナだけど、この妻みたいに尽くせるかどうかは甚だ疑問。ていうか、多分ムリ。そんなコトより、自分がうつになったとして、誰もケアしてくれないのだから、一体どうなってしまうのだろうと不安が過ぎりました。心身ともにいつまでも健康でありますように。

20081010084533.jpg20081010084538.jpg
20081010084540.jpg久しぶりにお好み焼き屋Yの4種のチーズフロマージュ焼きを食べてきましたー。

目の前の鉄板で焼いてくれるパターンのお店へ。
消防法のカンケイで、予め焼いてから持ってきてくれるお店もあって、そこの店内の方が広くてキレイなんですが、目の前で焼き上がっていく過程を眺めるコトもお好み焼きの醍醐味なんだよなー。

チーズが濃厚で、ものすっごく美味しかった。久々なので余計美味しく感じたという。

チーズを揃えれば家でも出来そうですよね。今度試してみよ。

映画 | TB:× | CM:× |
  [ 腹心の友。 ]
2011-10-13(Thu) 23:52:31
久しぶりに会社近くの某ジャンクフードレストランへ行ってきました。

ドデカいバーガー。ドデカいスイーツ。何れも大味。

ポテトフライ(チーズ乗ってるヤツ)も頼んで既にお腹イッパイだというのに、どうしても食べたくなってステーキをオーダー。やっぱりお腹イッパイで半分くらい残す始末。

腹八分の一歩手前で控えておくのが太らないコツだとひっきーに教えてもらったばかりなのに、なんでこう誘惑に弱いのか自分。そしてタバコもやめられない。

セブンスターはDちゃんのです。

アメリカ(特にNY)大好き、MJとマッスルとジャンクをこよなく愛するDちゃんは、このお店をすっかり気に入ったらしく、「東京にもないかなあ。前に一度こんなカンジの店に行ったけど、ここほど美味しくなかったよなあ」などと言っていたので、品川にあるコトを教えてあげました。どの辺りか場所を詳しく伝えていったトコロ、Dちゃん言うトコロの「前に一度こんなカンジの店に行った」のお店がまさしくココであると発覚!

「ここほど美味しくなかった」って、えーーー。
まあ、チェーン店でも場所によって味が変わるコトはあるわな。しかし爆笑。

今日イチ笑ったのが、私と笑いのツボが似ているスタイリストNさんにいただいたプレゼント。

お馴染み、ディアゴスティーニの模型シリーズ。

なんと!私の大好きな赤毛のアンです。緑の切妻~!!

ディアゴスティーニは散々テレビCMなどで目にしていて、マニア心をくすぐる代物だとは認識していましたが、何となく気にはなるけど買う程ではないと思っていた次第です(特にシャーロックホームズとコロンボの時に激しく惹かれた)。それが、まさか私の許にやってくるとは!

開くとこんなカンジ。ホントに入ってるの、模型が。

創刊号は玄関アーチとアンのベッドの模型でした。

このあと、25回買い続けてパーツを集めてせっせこせっせこ組み立ててやっと、緑の切妻(+中身)の模型が仕上がるという次第です。何ヶ月掛かるねん!

Nさんからは「あとは自分で集めてネ」の言葉をいただきました。ううう、買わない。きっと私はこのあと買わない…。定期購読が便利って書いてあるけど、絶対に購読しない…。


それにしても面白い。皆、面白すぎる。明るくて愉快なこの仲間が大好き!離れ離れになって月イチも集まれなくなっているけど、一緒にいると気楽でホントに楽しい。

友達を大切にするヒト達ばかりだから、いつまでもお互いに心地良い存在でいられるのだなと思います。私の友達は、毒っ気やユーモアの中にさりげない優しさを秘めたヒトばかりー。いつまでも仲良くしてねー!
日常 | TB:× | CM:× |

copyright © 2011 Cheap chic!~日々本能のまま~. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。