Cheap chic!~日々本能のまま~

「生活は簡素に理想は高く」をモットーに、毎日楽しく生きています。基本的に亀更新です。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 所詮、ファンの戯言。 ]
2009-10-17(Sat) 23:29:52
カッパ嬢が作ってくれたケーキとクッキー達。紅茶クッキー、ココアクッキー、など。
DVC00163.jpg
甘いモノがあまり得意ではない私ですが、手作りのモノは温かみが感じられるせいか、いつもより量を食べられますね。甘さ控えめな感もあり。

ミクロちゃんが来た時に一緒に食べたので、一層美味しく感じられました。美味しいモノは気の置けないヒトと分かち合うのがイチバンだぜ。


「チャレンジド」第2話は前回以上に単純な展開でしたね。
事態が好転したり悪化したりといった分かり易い交差具合はこのテの主人公だとお約束事、なかなか一筋縄では行かないカンジがミョーに面白くてニヤニヤしました。

一方、蔵様の演技が今回はやけに鼻についたわ~…。なんであんなに幼稚な台詞の放ち方で、しかも声を張るのか?塙センセを子供っぽく演りたかったという意図は別として(演技プランはファン如きが口を出せるコトではナイですから)、あそこまでおバカっぽく大声で喋らなくても子供っぽさは表せるんじゃないのかしらん?目が見えないが為に周囲の反応を直に感じられず不安→声を張るコトで様子を伺っている→一生懸命届けようとしている、というコトなのか?いや、それならオーバーリアクションで充分感じられるんだけどな。なんせ、ヒトツヒトツの動き=演技が上手いヒトだと思うから。
蔵様が声を張る度に「舞台か!」と突っ込みながら、イライラして観ていました。そういえば「ギラギラ」の時も何度となく突っ込んだなあ…、「舞台か!?」って。まあ要するに熱い蔵様が好みではナイだけのハナシです。いや、それだけではナイんだけど(どっちだよ)。
ていうか、「狭き門~」の感想を書いて以降、毎日せっせとコチラに足を運んで下さる熱心な蔵様ファン(であろう)方が何人かいらっしゃるようなんですけど、こんなブログ読んで面白いですか?毎度毎度、蔵様を絶賛しなくてすみません。でも反省はしてません。それでも好きだからー!←チャン・ドンゴン風に(古い?)。

村川さんは「椿三十郎」で初めて目にした女優さんなんですが、絶世の美人ではないんだけど、非常にキレイで凛とした空気を醸し出していて、何処となく竹内結子さんに似たカンジの硬派な薫りがするヒトですね。イマドキ珍しいタイプかも。一瞬、印象には残りにくいんだけど、あとからジワジワ思い出すといった不思議な存在感だなあと思いました。私はこのヒト結構好きだな。村川さんの役、ちょっと難しい心理描写を強いられていましたね。そんなコトより、1日で点字資料を総仕上げなんて、アンタはスーパーウーマンか?ってカンジ。凄過ぎ。
佐々木蔵之介 | TB:× | CM : 3
マジパネェ、マジウゼェ、マジ正論。HOMEココアさん来訪。

copyright © 2017 Cheap chic!~日々本能のまま~. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。