Cheap chic!~日々本能のまま~

「生活は簡素に理想は高く」をモットーに、毎日楽しく生きています。基本的に亀更新です。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ をかし「フミ」、をかし「テ」。 ]
2005-06-05(Sun) 00:00:00
友達に勧められて色んなヒトの日記を読んでみた結果、総合的に感じたコト。

シロウトさんの文章の場合、私はやはり、「です体」で書かれてあるモノの方が好き。

クリエイティブな職業に従事しているヒトほど、文語と口語とを上手く織り交ぜてあって、たまにぶっきらぼーに書かれてあってもそれはそれで読み易いし、面白い。
当たり前ですけどね。何の為の職業だってハナシですから。
到底好きになれそうにないテイストのモノもありましたが、ネット上で日記を書き、それを公表しているヒトは、慣れの程度に個人差はあれど、比較的書くコトが好きなヒトばかりなんだなという印象を受けました。
興味があるないのジャンルに拘らず、全体的に読み易かったです。

逆にビックリするようなモノもありましたけどね。
文章に絵を組み込むコトがあり得ないと思っている私にとって、絵文字入り日記というのはハナから論外なんですが、ヒトのそれは別にどうでも良くて。とは言え、絵文字だらけだとかなりビックリするんですけどね。でもアレはアレで面白いですね。なんというか、象形文字みたいな趣があって・・・(ちょっと違う?)。

それよりも、全編タメ語の「にゃっ」「よろぴく」「うそぷー」「ぉ」「ぅ」「マジピョン」なんかが飛び交う日記ですよ!(←このヒト、いちいち拾い上げたらしいよ)。
ウガー!
あんなのネットに公表しないでよ、しないでよ、ホントに!アッタマ悪いんじゃないかと思っちゃうよ!
うっかり検索して引っ掛かって読んだ日には後悔のあまり号泣だと思います、私。

私のライター経験で言わせて頂くと(千差万別なのであくまで私の意見として書くのですが)、口語文体の「である体」「だ体」で書く文章は物凄く技量が要るのではないかなと。
逆に、同じ口語文体でも「です体(ですます体とも言う)」の方が書き易く、また万人に受け入れられ易い気がします。

だから、エッセイストさんや小説書きさんはプロなんですよね。大概、文語文体の「である体」と口語文体の「である体」を程好くミックスして書かれていますから。

で、当の本人はどのように日記を書いているのかというと、分かるヒトには分かると思うのですが、口語と文語ごちゃ混ぜです(笑)。程好くも何ともありません。トホホ。

※分かりにくいヒトの為の補足説明。
口語=話し言葉
文語=書き言葉


本日の日記で言うと、
・何の為の職業だってハナシですから⇒だという話ですから
・比較的書くコトが好きなヒトばかりなんだな⇒なのだな
・絵文字だらけだとかなりビックリするんですけどね⇒驚くのですが
なんというか、象形文字みたいな趣があって⇒なんとも象形文字の如し趣があり

因みに、見れる、来れる、食べれる、なんかも口語体ですね。
正確には、見られる、来られる、食べられる、です。
どれだけ言葉を崩しても、ら抜き言葉だけは好きになれない私なのでした。

【私信】
ひっきー、アリガトー。高まった士気を鼓舞して頑張るヨ!
活字TB : 0CM : 2
略して「なさばなー!!」。HOME夕暮れの視線。

copyright © 2017 Cheap chic!~日々本能のまま~. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。