Cheap chic!~日々本能のまま~

「生活は簡素に理想は高く」をモットーに、毎日楽しく生きています。基本的に亀更新です。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 地震、その後。 ]
2011-03-16(Wed) 22:19:06
11日に発生した、東北太平洋沖大震災から5日が経過しようとしています。

この間起きているコトが現実とは思えず、被災地の惨状は目に痛く、刻一刻と深刻化する被災者の生活に胸を痛め、何も出来ない自分がもどかしくて心苦しくて無力で、ひたすら吐息しか出ないカンジで。

加熱する民放の報道三昧に途中ウンザリし、震災以外のオンエアはないのか!と本気で怒ったコトも。

特にフジテレビ系列の下品さ、無神経さに本気で腹が立った。久しぶりに苦情電話を架けそうになった。回線がパンクしている時にする行動じゃないわと自制。

「今のキモチはどうですか?」と不躾で酷な質問を被災者に平気で放つレポーター、「被災地の皆さんは寒くないんですか!?」などのバカバカしい質問で現場レポーターの声を高圧的にさえぎるキャスター、スタジオで今何故ヘルメットを被っているのか?バックヤードは何故ヘルメットじゃないのか?などの大げさなパフォーマンス、不安を煽るような神妙過ぎる表情、とにかく激しい自己主張の数々に萎えてしまう。母が、「震災や天災の報道はNHKに限る」と言っていたのも納得。

所詮、民放は民間企業でしかない、こんな時にも視聴率合戦なのかと呆れるくらいに痛感しました。

そして、そんな風に感じる自分の心が相当荒んでいるコトに気付く。

だから、意識的に民放の報道は観ないように努めたりして。録画していたドラマを片っ端から観たりして。

停電、火災、放射能、余震、通勤災害、物資不足、電力不足、通信不足、行方不明者、ペット、もうホントにムリ。

私はこんなトコロでチンタラしていてイイの?

殆ど誰もが過ぎる疑問だと思う。何かお役に立てないのか?

皆がツイッターで呟く。悲鳴にも似た呟き。

「避難場所にいらっしゃる方々が、順番にカメラに向かって無事をコメントする放送番組は出来ないだろうか?一つ一つの避難場所を地道に廻ってそれを放送してくれる放送局はありませんか?」

「私たち被災者が知りたいのは過去の被害ではありません!明日から生きるための救援物資や給水の配給場所、今後のライフラインの復旧予定です!沢山の局で同じ過去の映像を流すより1局でもいいのでそういった情報を流してください」

「こんなにチャンネルがあるんだから例えばNHKのBSの3chはそれぞれ広域、会見、安否とかに分けてたえずリアル情報を配信して欲しい。BSは他にも一杯あるし、一つは交通に特化して欲しい。地上波ももちろん工夫が欲しい。災害報道に過度な演出は必要ないと思う」


同じように感じているヒトが沢山いるんだ、私の考えはおかしくないんだと勇気付けられました。

被災地で、ツイッターに助けられたというヒトが多数いらっしゃるそうだけど、助けられたのは私も同じ。

折りしも、連日の報道で大惨事を目の当たりにして己の無力さに絶望する若者が多発していると聞く。震災の余波が思った以上に根深く、恐ろしげな情報ばかり入ってくる割には何も出来ない、どうするコトも出来ないという実態が受け入れ難く、やり切れなさに押し潰されてしまうのだという。思えば私も同様の状態になりかけていたかもしれない。ツイッターで拡散に励むのだけど、こんなコトをして何になるのだという疑問も沸いて来て、被災者の皆さんが実際どのように感じておられるのか分からない、迷惑かもしれないのに一体自分はナニを無駄なコトを、バカじゃなかろうか、「一方通行」「ヒトリヨガリ」「エゴ」といったマイナスな考えが次々浮かぶ。

そんな時に、こんな呟きに出会った。

「被災地のために自分は何も出来ていないと自分を責めているひとたち、復興への手助けは早押しクイズではないと思います。これから何ヶ月にも渡って復興に向けての活動が続きますから、長い目で僕たちにできることを探したいですよね。僕も自分にできることを考え続けています」

ハッとさせられた。

そうだ、私は無力なんかじゃないよ。変わらぬ日常を精一杯生きればイイんだよ。電力にはならないかもしれないけど、節電して余ったお金を義援金に代えさせて貰うとか、ちょっとずつちょっとずつ積み重ねていけばいいんだよと、改めて気付かされた。

痛みを堪えるには、自分をしっかり持っていないといけません。

所詮、人生の主役は自分。誰も守ってはくれない。自分は自分。自分がやられているのに、他を支えるコトなんて出来ない。キレイゴトじゃないんだもん。

自分自身を強く保てるようにコントロールして、背伸びせず、等身大の自分が出来るコトから始めていけばイイのだと思います。

とりあえず、義援金と節電。
ツイッターで情報の共有、励ましのRT。批判している場合じゃない。

☆被災地の方のツイッター
「宮城に居る者です。テレビもネットも無いこの環境で、ツイッター皆さんの情報、励ましの一言、癒しの写真一枚が涙が出る位嬉しいです。この感謝を1人でも多くの人に伝えたいので拡散して欲しいです。本当に、本当にありがとうございます」


こんな風に思ってくれるヒトもいるんだから。頑張っていこう。1人の力が幾重にも重なれば大きなパワーになると信じて。
日常 | TB:× | CM:× |

copyright © 2017 Cheap chic!~日々本能のまま~. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。