Cheap chic!~日々本能のまま~

「生活は簡素に理想は高く」をモットーに、毎日楽しく生きています。基本的に亀更新です。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 命日。 ]
2011-04-23(Sat) 23:57:01
皆さん、覚えてくれていますか?うちのラブのコトを。

4月23日はラブの命日なのです。同時に、ココアさんの誕生日でもあります。この奇遇、恐ろしいくらい運命を感じる。悲しみに暮れるミクロちゃんのもとへ、ラブがココアさんを連れてきてくれたような気さえする。多分、きっとそうだ。

ひっさしぶりにラブの画像を探してみたら、まあカワイイコトカワイイコト。
ココアさんも愛らしいけれど、また全然タイプが違うんですよねー。
ラブはカオ自体がめっちゃくちゃ可愛くて、誰に見せても「ぬいぐるみみたい~!カワイイ!」と歓声をあげられるくらいの、巷で有名なカワイコ犬でございました。

ちょっと面白気味の画像をチョイス。右の眠りかけラブは、カッパ嬢とえりちが大好きな1枚です。

ラブが亡くなった日のコトは、思い出したらまだ胸がツンと痛くなる。キュンときて目をつぶりたくなる。
それは、私がラブを忘れていない証だと思うのです。動物とはいえ家族の一員だから、尊い命を大切にしたい思いに変わりはない。

それでも、あの頃のドタバタを思い出してミクロちゃんと笑い合えるくらいになったトコロからすると、確実に過去のモノになりつつあるのだと実感する。

うちの母がミクロちゃんに充てたメールに泣けました。

「ミクロちゃん、お元気ですか?
公園のサツキが咲いているのを見ると、今ぐらいの時期に亡くなったラブちゃんを思い出します。
サツキを摘んで、亡くなったラブちゃんにいっぱい添えてあげたよなあ」

お母さ~ん!!ミクロちゃんを泣かす気かあ!

ピンクや赤の華やかで色とりどりなサツキの中に、真っ白なラブのカオがちまっと埋もれていて、眠っている姿が本当に尊くて厳かで、犬とはいえ天使のようでした。

ダメだ、また泣けてきた。

今年もカッパ嬢がラブのためにクッキーを焼いてくれました。

さっそくお供えして、その後、ラブの代わりに母と美味しくいただきました。

ラブが亡くなった時もクッキーを焼いてくれたカッパ嬢、いつもラブを覚えていてくれて本当にありがとう。

命ってスゴイなあ、生まれて死んで…寿命は自分でも分からないんだもんなあ、ラブの魂は今頃何処にいるのかなあと、しみじみする。

こういうハナシは公にするモノではないけれど。

ラブの話題になると必ず最後に「ラブは生まれ変わったかな」とミクロちゃんと言い合うのです。

どうか、幸せに、幸せに。

アカン、涙が止まらん。


さて、話題はコロッと変わりまして。

いつのハナシやねーん?ですが、3月某日、カッパ嬢と北新地ランチした時の写真をアップ♪
震災の影響で、なんとなーく自粛モードの名残りも、どうせ生きているのだから記録をしっかり残していきたいよね!のキモチに変わりつつあります。美味しいモノは美味しい。美味しくいただいているうちが花。ありがとうございます!



フレンチのお店で、ランチはオムライスがオススメみたい。クチコミで見つけてくれて、なかなか良さげな雰囲気だったので、ここに決めました。いつも探してくれてアリガトウ。

私の、ニワトリ並みの記憶力が合っていれば、確か1000円やそこらの安価で、スープ→前菜(コレが盛り沢山で美味しい!)→オムライス(ソースを選べる。私はクリームオンリーにしました)→コーヒー&デザート、というコース。
どれも美味しくて、お手頃なカンジが気に入りました。デミグラスとクリームとのコンビをいただいたカッパ嬢によると、クリームの方が美味しいらしい。参考に。

もうすぐおフランスから一時帰省するヨッシー&コニタンとの会合場所にしよっかな、ひっきーが来阪した時に連れていこっかな、とウキウキ出来るようなお店でございます♪
ファミリー/フレンズ | TB:× | CM:× |

copyright © 2017 Cheap chic!~日々本能のまま~. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。