Cheap chic!~日々本能のまま~

「生活は簡素に理想は高く」をモットーに、毎日楽しく生きています。基本的に亀更新です。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ くり返しくり返し。 ]
2011-09-06(Tue) 23:55:30
自分のやっているコトが正しいのか合っているのか、このままでイイのかどうかなんてなかなか自分では判断出来ないから、ただガムシャラにやるしかないのだけど、だからこそ時折誰かに判断してほしいと強く思う。ダメ出しでも勿論イイし、現状DOでも勿論イイ。ほんのヒトコトでいいから、「それでいいんだよ」って言って貰えると、それだけですごく励みになる。客観的な意見は大事。それは苦言であってもイイんです、本当に。良かれと思ってやっても、相手にとってイミがない場合だって往々にしてあるから、そういう点でも自己を鑑みる時間は私にとって必要。

常に強気で自信家のように思われているかもしれませんが(まあ、昔から自分大好きで自信過剰ではあるけれど)、割と自己分析というか、傾向と対策のようなモノ、そしてビジョンはきちんと持っているつもり。自分のウィークポイントも分かっていて、直そうと心がけているし、突っ走らないようブレーキをかけられるつもり。努力してもなかなか直らないから自己嫌悪に陥ったり、同じ失敗をすると凹んだり。それは別にヒトに言うコトではないから、自分自身で欠陥を自覚して改良する…といったスタンスです。ところが、こと仕事となると、こんなにオトナになってもヒトのアドバイスを求めるなんて弱いのかなー…と思うコトもあるのですが、自分が正しければそれでイイっていうのは社会では通じないので、会社組織においては受け身でありたいのです。

今日、前ボスの面談っていうのがあって、“今の業種に就いて1年半を経た私”について色々ハナシをしたのだけど、その時にいただいた言葉に泣きそうになった。というか、ちょっと泣いた。

「1年半ニコさんを見てきたけど、陰日向なくどんな時でも一生懸命ひたむきに頑張るヒトだと思いました。ニコさんと離れてみて改めて、本当に信頼出来るヒトだったなあと実感したのよ。本当にありがとう。これからも、全ての業務において今のまま誠実に向き合っていけば、皆黙ってついてくると思うし、ニコさんは何の心配も要らないと思います。頑張ってね」。

物凄く丁寧で優しい口調でこう言ってくれて、物凄くジーンときました。私の仕事っていうのは別に数字にも出ないし、別に大きく感謝されるワケでもないし(というか、感謝を求めていないってだけかな)、時には全く達成感がなければ、時には自信喪失したり、時には疎まれたり、使い捨てのようなポジションだったりもあるし、そこまでやらなくてもイイかといった虚しさを覚えたりもするし、報われない業種と言われてもやむを得ない部分があるのだけど、それでも私なりに価値を見出して、誰かに認められなくてもイイ、自分のしているコトに安心出来ていればイイと思いながら毎日精一杯やってきて、それがこのように温かい賛辞で評価していただけて、しかも滅多に賛辞を言わないヒトに言われたもんだから、ものすっごくジーンときて、ナンだろう、「そんなオオゲサな」と思うかもしれないけど、ブワワワーッとチカラが沸いてきて、やる気が100倍くらい出たんです。

思い返せば、あの方に初めてしっかりと褒められたかもしれない。「これからも頑張ろう!」と思えた単純な自分が可笑しくもありますが、ヒトリで生きるからには働かないといけないワケで、となるとパワーが要るワケで、今の仕事を続ける限り、この先このままでイイのか迷って挫けそうになった時のために記録しておこうと思い立って、ココに書きました。でないと直ぐに文言とか忘れちゃうからさ。

同時に、こんなカンタンにヒトは励まされたり勇気を貰えたりするのだというコトを再認識。面と向かって貶すのではなく、良さを見つけて励ましていきたいと私も思う。ヒトを肯定し、長所を見つけていけたらイイな。ヒトとの関係ってシンプルイズベストだと思うから。

…と書いていても、対人はお互い様なトコロがあるので、歩み寄れないヒトとはムリなんですけどね(どっちだよ)。

そんな私の性格を熟知している前ボスから、「熱くなり過ぎないようにね」との忠告までいただきました。仰せのとおり!

カレーがどうしても食べたかったので、仕事帰りにIちゃんと行ってきました。ビールが激安の行きつけのカレー屋さん。
タンドリーチキン最高!チキンとトマトのカレー最高!チーズナン最高!

ウキウキした気分だったので、ビールが殊更美味しかったです。

店を出て、Iちゃんとウィンドーショッピング。吹く風も秋の冷たさに変わりつつある中、街全体で秋色に移行しようとしていますね。でも私はまだ全然モードチェンジ出来ないヨ。なので、買い物モードにもならない次第。もう少し、晩夏の雰囲気を味わっていたいです。
つぶやき | TB:× | CM:× |

copyright © 2017 Cheap chic!~日々本能のまま~. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。