Cheap chic!~日々本能のまま~

「生活は簡素に理想は高く」をモットーに、毎日楽しく生きています。基本的に亀更新です。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 苦しくも楽しい時間。 ]
2013-09-13(Fri) 23:57:23
そういえばもう秋ですね。

今年もピッコリーナの発表会が近付いてきました。と言っても年末だから、あと4ヶ月はあるんだけどね。4ヶ月なんて、あっという間なんだけどね!

ピッコリーナといえば、いまや数少ない私の散文ワークの1つなワケですが、ミュージカルのプロットを立てる→脚本を書く→キャストを決めるで半年くらい費やしているので、私の1年間の半分はピッコリーナのコトで占められているといっても過言ではない。

脚本担当も今年で9回目。来年は記念すべき10回目というコトで、従来の発表会スタイルを崩し、公演スタイルにするのだそうです。いよいよそこまで!しかもアニバーサリーゆえしょぼい内容には出来ないヨと主宰者ミクロちゃんにクギをさされてしまいましたー。今年が結構チカラを入れた探偵モノにしたので、来年はちょっと可愛いファンタジーにしようと思っていたのだけど、アカンやん。

テーマとモチーフは早々に決まるコトもあれば、なっかなか浮かばない時もあって、PC相手にウンウン苦しむ時間との闘いだったりします。結構孤独。

割と題材って皆浮かぶモノだと思うけど(所詮、空想の具現化ですからネ)、それをカタチにして結んでいくのがなかなか出来ないのだそうな。起承転結でいうと、「起」は描けても「承転結」が出来ない。

私はテーマと流れと主要人物を決めて書き出したら勝手に人物が動き出して、てんで違う方向に走っていったりするから、最初に想像した展開と全く別になってしまう…というコトも少なからず。そこが面白いのです。

ピッコリーナの脚本の場合は制限があるので、これまた難しい。

ガールズミュージカルだから女の子ばっかりだけど男の子役も交えないと成り立たないし、大学生もいるけど小学生のチビちゃんもいるし、ミュージカルだから歌とダンスを織り交ぜるし、力量も考えないといけないし、劇団じゃないから主役も一定じゃないし、1時間前後に収めないといけないし、とにかく仕上げられるように結んでいかなきゃいけない。あと、教訓に似たテーマを盛り込むコトも条件。メッセージ性というかね。

最初は色々苦労しましたが、今ではすっかり慣れてきたし、ミクロちゃんの期待にそえるように自然と考えられるようにもなりました。やはり9年のチカラ。そして姉妹なのであうんの呼吸。

昔は小さなハコでやっていたのですが、今では立派なホールなので、ハコが広い分なおさら難しさを感じます。空間を埋める作品というのがね。でも、ホンがしょぼくなっても、音楽のチカラで何とかなるもんなんですよー。やっぱミュージカルですからね。

9年、9作品も書いていれば、自分でも駄作だなー!と思うモノもありますが、どれもこれも思い入れのある愛着のあるホンばかり。手を加えて提出したら?などとOリンに言われるんだけど、なかなか躊躇しちゃうんですよね。最も好きな作品が「パラレルワールド」という不思議な世界を創り出した少女の物語です。好き過ぎて再演を再三お願いしているんだけど、「同じモノは二度とやらない」とミクロちゃんにはねられている。結構、ウチワで人気だし、読んだOリンも絶賛でアイデアを貸せと言ってきたくらいだから、大きいホールで公演としてやってもイイんじゃ?と頼んでみるけど、ダメー。来年も産みの苦しさを味わうコト必須なのであります。

脚本書いている時はさ、1人で台詞を読んで修正したり加筆したり、場面ごとに声を上げて1人何役も読んでみたり(それも本気モード)するので、その姿は誰にも見せられない!と思うー。楽しいです。
活字 | TB:× | CM:× |

copyright © 2017 Cheap chic!~日々本能のまま~. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。