Cheap chic!~日々本能のまま~

「生活は簡素に理想は高く」をモットーに、毎日楽しく生きています。基本的に亀更新です。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 流れ解散で(By川島氏)。 ]
2005-11-25(Fri) 01:06:13
いきなりどうしたどうしたというハナシですが、川島は川島でも野爆の川島氏の方が好きな私です。でも、野爆ではどちらかと言うとロッシー派です。単に麒麟さんより野爆が好みというだけのハナシなのです。因みに麒麟さんの場合は当然ながら田村派です。千鳥は大悟派ですが、ナマで観る度ノブ氏に傾倒していきます。笑い飯は西田派でしたが最近どっちゃでも良くなってきています。サバンナは高橋派だけど八木氏から目が離せず、チュートリアルは断然福田派です。

さてさて。

今日はみどりさんと一緒に「うめだスタンダード」を観に行って参りました。結構久々だったので嬉しくて仕方なかったです。先月アタリからどうにも予定が立たず、芝居もんの全制覇遂にならず。来年こそは全て観に行くぞと決意しつつ、ガックリ肩を落とす私だったのでした(大袈裟星人、リターンズ)。
「ネタもん。」はティーアップ、チュートリアル、サバンナ、たむらけんじ、千鳥、ダイノジ、「芝居もん。」は小籔千豊、野性爆弾、伊賀健二、レイザーラモン出渕、宇都宮まき他出演の「思い出がいっぱい」(タイトル合ってる?)。
なかなか玄人好みの演者が連なっていた感があり、お気に入りの1日と相成りました。が!いつもついつい期待し過ぎてしまうティーアップとチュートがイマイチ(私がそう感じただけなんですけども)。反面、千鳥の漫才はいつにも増して味わい深く良かったです。ネタ自体は初めてではなかったのですが、以前観た時より面白く感じました。それにしても、大悟氏が突っ走り中に待機しているノブ氏のボーッ顔がどうにも好きです。なんというか間が抜けたカンジでカワイイのです。そして、久々に観たたむけんですが、毎回同じネタにもかかわらず、毎回同じトコロで笑ってしまうんですよねー、くそぉ。
「芝居もん。」は、手堅く巧妙な小藪氏、こんなに男前に見えたのは初めてだぜー!の伊賀君、恐ろしいくらい寒くてステキな出渕君、たどたどしい台詞回しが朴訥さを強調するロッシー等が印象的で、まきちゃんに至ってはとにかく可愛いのひと言(すみません、個人的に大好きなので)。ストーリー的にはノスタルジックなんだか底が浅いのかよく分からないはちゃめちゃ具合でしたが、全体としてはバランスが取れていて、なかなか面白かったです。小藪氏が少し疲れている風なのが気になりましたけども。
しかし、なんといっても今回のナンバーワンは「破壊の巨匠」くーちゃんですよ。毎回キョーレツな存在感を残す個性のカタマリであり、吉本の若手の中でも一際異彩を放つキャラの持ち主であるコトは重々承知していますが、今回の役柄は殊更凄かった。ビジュアルからして凄かった。どう考えても無理矢理&こじつけ的な設定をあそこまでリアルなモノとして演じきってしまう彼はスゴイ。心底感心しました。惚れ直しました。
まさかくーちゃんで幕となるなど予想外だった為、去り際の「流れ解散で」という彼の台詞がピンスポでツボに嵌まりました。もう天才的。

うめスタ帰りにUFOキャッチャーでブーブ君もどきをゲットし、みどりさんオススメのカレー屋さんへ直行しました。カレーは美味しいワ、思いも掛けずブーブ君をゲット出来たワ、くーちゃんのハナシでひとしきり盛り上がるワで、ヒジョーに楽しい夜でしたが、楽し過ぎてついうっかり東京行きのハナシを詰めるコトを忘れてしまった私達でした。というワケでお開きの時間となり、流れ解散した次第です。
エンターテインメントTB : 0CM : 2
とびきりゴージャスでワンダフルなファンタジー。HOME待ってろ、ダーリン。

copyright © 2017 Cheap chic!~日々本能のまま~. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。