Cheap chic!~日々本能のまま~

「生活は簡素に理想は高く」をモットーに、毎日楽しく生きています。基本的に亀更新です。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 「鹿男」第1話。 ]
2008-01-18(Fri) 00:00:00
20080118193647
「鹿男あをによし」第1話を観ました。

超・独断と偏見な感想ですけど書きます。思い付くままツラツラと。

えっとですね。

もんのすっごい斬新な創り方!!!!

いや~、ビックリしました。

あの映像に慣れるまで、暫くはビックリし通しでした。

ホントにあの演出家さんが手掛けているの?
イメージが今まで(古畑とか)と全然違うんだけど。

でも、物語としての全体的なイメージは原作から大きく崩れるコトなく、頗る良かった気がします。

あくまで私のイメージは、ですよ(他のヒトのイメージは知ったこっちゃないわい)。

中でもイイなと思ったのが、オレ(役名は小川)が不運な出来事に見舞われつつ都落ちしていくクダリ。

あそこの場面の大半は、原作にはないんですよ。

原作の描かれ方は実に端的で、都落ちきっかけとなるエピソード+オレの心情を素早く披露したのち、ハナシの中心が奈良へと急移行し、あれよあれよという間に読み手のキモチは古(いにしえ)の国・奈良へ傾いていくのですが、ドラマではどうしてもその部分を加味していかないと成立しないだろうし、でもそれを映像で見せるとなると一体どうなるのか、めちゃくちゃ心配だったワケですよ。

ありがちな時間稼ぎでもっさり展開していくんじゃなかろうかとか思うじゃないですか。

杞憂でしたね。

全くの杞憂でした。

もう展開がはっやいはっやい!

しかも、恐ろしいぐらいに「雑然と場面を切って繋げていく手法」が目白押しなので、えっ?何!?どうした?とか思っている間に、オレが新幹線に乗って、近鉄に乗り換えて、奈良の町を散策して、重さんの家に着いて、風呂に入って、学校へ行って…といった場面がサッラ~と流れていくという。

その合間合間に、主人公が不思議空間に突入するイメージを示すような象徴場面が出てきて、それ自体もドラマオリジナルだから、本来なら無駄な装飾と思うトコロなんでしょうけど、にも拘わらず、「ココは要らない」とは思わせない創り手の巧妙さ。

短い中にも切り替え部分がきちんと表現されているから、またイイ。

実にメリハリのある演出だなあと感心しました。

あの流れだと、一見「雑」とも取られそうですが、ちっとも雑じゃないんですよ。

ああいうざっくりした繋がりこそが、この物語の何とも言えない味なんです。妙味なんです。私はそう思う。

この作品を映像化するなんてムボーだと思ったけれど、「物語の奇妙滑稽な世界観を損なわずに表現する」という部分を初回は立派にクリアしている気がして、私はすっかり気に入りました。

「1ポンドの福音」、これにて敢えなく2位に降格。

大好きな奈良の街並み、重要文化財の数々、そして神々の時代から続く偉大なる歴史をドラマ中にもきちんと盛り込まれてあって、嬉しかった。

中井貴一さんのナレーションから始まるプロローグも、壮大且つリズミカルな音楽と印象的なシーンを披露して綴るエンドロールも、何もかも面白い。

鹿も。

鹿、カワイイですね。

鹿の撮影ヒトツ取っても、かなり大変じゃないかなと思うんですよ。

撮影は奈良公園が主だったようですが、奈良公園にいる鹿の数ってハンパないの(ねっ、こぱんだちゃん)。

勿論CGも駆使しているでしょうけど、実際、相当苦労したんじゃないかな。

全てを丁寧に、そして、ロケーション部分とスタジオ撮影部分とが上手く融合されるように創っているであろう工夫の跡も窺え、かなりスッキリしっくり来る初回でありました。

でもやっぱり藤原君は豆顔のオトコであって欲しかったな~。

「かりんとう(藤原君)とラブラブ」なんて落書きは要らなかったよ。

あと、重さん&リチャードが女子高生の人気を二分しているクダリがカットされているなど、人物説明が少ないのも残念でした。

まあ、尺のせいで仕方ないんでしょうけども。

さて、簡単ながらキャラクター感想を。

・オレ(小川)…玉木宏
ギョロッとした目の、神経が細いオトコ、私の中では決して男前ではないイメージだったので、タマヒロが演じるには勿体ない気がしておりましたが、見事に覆された感があります。
少し前まであの千秋を演じていたヒトとは思えない冴えなさぶり。
鹿っぽいカオだし、ピタリキャストだよね。
ただ、台詞の語尾に吐息が混じるのがめちゃめちゃ耳障り。
直して欲しいなあ~。せめて半分に減らして欲しいなあ~。

・藤原君……綾瀬はるか
カワイイけど、まだ馴染めない。そこだけ異次元なカンジがする。
藤原君をオンナとして許容するには綾瀬さんはキュート過ぎるんだよー。
でもヲタクっぽい雰囲気は出ていたよね。
難しい設定にトライしている綾瀬さんがある意味イチバン大変かもしれないから、ココはさっさと諦めて、生温い目で見守っていきたいと思います。
でも、オレとの恋愛は要らんよー。

・堀田イト…多部未華子
イイよね~、タベミカは。
めちゃめちゃ合ってますよ、魚っぽいし(褒めてます)。
小川を前にして実は戸惑っているという雰囲気もよく出ていたし、表情もイイし、愛くるしいし、言うコトなし。

・マドンナ…柴本幸
まだ未知です。
硬派なキレイさが合っているとは思いました。キリリとしたカンジが。
このヒトは後半からかなり絡んでくるし、重さんに対する点とか楽しみな部分もあるし(カットするなよ!)、今後色々と細かく観ていきたいと思います。

・重さん…佐々木蔵之介
車で登校とか、落語CDを聴いてるとか、鹿嫌いなトコロとか、美術部とか、生徒にモテモテとか、運動が不得手とか、出して欲しいエピソードがテンコ盛り~!
はんなりした蔵様の喋り方が重さんのカンジとマッチしていて、違和感ゼロ。
よく考えたら、京都生まれのヒトが骨の髄まで奈良県民を演じるのって、何だか不思議ですね。
ゆったりした歩き方や立ち居振る舞いをうっとり眺めておりました。
あー幸せ。重さん、好き。
願わくば、声を殺した「クックッ」の笑い方を披露して欲しいです。
だって、笑い声だけが「斉藤さん」の真野ダンナと混じるんだものー。ギャフン。

・リチャード…児玉清
いやはや、策略家でそつのない紳士的な雰囲気は醸し出していましたが、リチャード・ギアには無理がありますね。
映画俳優が似合うという点はピッタリですけど。
このヒトも大活躍するので、今後の児玉さんの演技に注目したいと思います。

・鹿の声…山寺宏一
猛々しく雄々しい声で、パワーが漲っている感がありますね。
どこかしら軽々しいのに神々しい雰囲気もあって。
山寺さんは声優なので、そのアタリは簡単に緩急付けられるというか、変幻自在なんでしょうね。
この後引き続き楽しみです。
でも、アレって雌鹿じゃなかったっけ?

※画像は、昨年の11月に奈良へ行った時のモノで(withこぱんだ嬢)、東大寺の出口を陣取る鹿サンです。
縦横無尽に現れる鹿に私は何度ビックリさせられたか(そしてこぱんだ嬢に笑われた)。
これから毎週、「鹿男」の感想と共に奈良の風景をアップしていきたいと思います。
佐々木蔵之介 | TB:× | CM : 5
文案を練り、文意を汲む。HOMEドラマダスその3(1ポンド・薔薇花屋・ボンビーメン・だいすき)。

COMMENT

  +
>にょりち、
確かに!
タマヒロはさておき、蔵様は表情とかちょっとわざとらしいトコロもあった。
第2話はあまり出番ないと思うけど、色んなイミで楽しみやねー。
b y ニコ | 2008.01.23(20:31) | URL | [EDIT] |
  +
そうだよ メジカだけどオッサン声なんだよー 山寺さんピッタリだー 玉木くんだいぶはまってるけど本のテイストのがスンバラだから ちと気の毒な気が
蔵は合ってるけどドラマ見返してみてちょっと作り過ぎてる気もした
b y にょりこ | 2008.01.21(12:31) | URL | [EDIT] |
  +
>にょりち、
藤原くんに関してはだいぶ諦めついたー。
ドラマ観て気になるトコロが色々あって、久々に本を読み直してみたら、雌鹿だけど、声は中年のオッサンだったから、山寺さんで合ってるわ。
よく出来たお話だよね。

私も勾玉気になった!
ていうか、ドラマ観た時は忘れてて、後から本読んであーって思った。
なんで白にしなかったんかなあ。
来週解明されるんかなあ。

あとさあ、重さんには車で落語聞いて貰いたいけど、多分蔵様が奈良ロケに行けてなかったから無理なんやろうね。

>スーちゃん、
先日はお正月早々お世話になりました~。
ほんま、ありがとね。
甘皮部分はすっかりキレイになったけど、今は小指の爪がパッキン折れて、身が見えてて大変。
私、絶対に栄養が足らんわ。

奈良は京都と違った質実剛健とした良さがあって、大好きなんやけど、京都より足が向きにくくて長らく行ってなかってん。
でも、この間行ってきた!
大仏さん見てきた!
奈良、いいよ~。鹿多いけど(笑)。
スーちゃんも旦那さんと旅行にきてみて!

ドラマの蔵様は、いつもと前髪の分け目が違うんやと思う。
分け目が違うと印象変わるもんね。
何れにしてもステキ。ウフ。
b y ニコ | 2008.01.19(17:22) | URL | [EDIT] |
  +
お久しぶり~。ブログがすっかりさま変わりしてて驚きました。
今年もよろしくね!あれから爪は大丈夫?

鹿男おもしろかった。奈良に行ってみたくなった、こういう人多いかもね!
さすがに古代史好きなニコちゃんだけに、奈良にも行ってましたか!
写真の鹿さん可愛い~。
毎週写真も楽しみにしてるね。

ところで、
重さんの佐々木さん、ちょっとイメージがいつもと違う?髪形かな。
わたしも好きな俳優さんです。
b y スー | 2008.01.19(13:33) | URL | [EDIT] |
  +
話がぽんぽん飛ぶのが面白かったよ>藤原君 まあドラマにするには多少ドラマチックにしなきゃいけないし無難なとこかもね 無駄に女子が少なくてもいいと思うけど でもおれは堀田とそうなってほしいしー
あと勾玉がなんで白じゃないのか気になる! そこ大事じゃね?意味があんのかなあ
蔵は重さんそのものだった!色白で二重がきれいな顔~うきゃー
b y にょりこ | 2008.01.18(23:41) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2017 Cheap chic!~日々本能のまま~. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。