Cheap chic!~日々本能のまま~

「生活は簡素に理想は高く」をモットーに、毎日楽しく生きています。基本的に亀更新です。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ For the sense. ]
2008-05-31(Sat) 00:00:00
今月は忙しい中にもちょこちょこ空き時間があったので、レイトショー辺りをうまく利用して、新作映画を結構観ました。

「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」
「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」
「砂時計」
「紀元前1万年」
「丘を越えて」
「少林少女」
「ラフマニノフ ある愛の調べ」
「ジェリー・オースティンの読書会」
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」

上記でイチバン面白かったのは、「少林少女」かな。

CGが凄くて、技術の高さに感動しながら観ていました。

柴咲さん、年齢的に無理がある気もするんだけど、可愛くて強くて、存在感がやっぱ強烈。

岡村さんや仲村さん、江口さんなどの脇キャラ陣も好みなので、視覚的に楽しめたカンジです。

岡村さんの身体能力の高さ、スゴイね。

一方、駄作…とまではいかないものの、イマイチだったのが「丘を越えて」。

以下、ミニレビューです。

ネタバレ弱冠あるので、ご注意を。

男女平等とは程遠い昭和初期の東京を舞台に、文豪・菊池寛(西田敏行)と彼の個人秘書・葉子(池脇千鶴)、言論の自由を謳歌し、時流のエッジを走る出版社に属す朝鮮人編集者・馬(西島秀俊)との奇妙な三角関係を絡めつつ、誰もが夢と理想を抱いて明るく生きていた激動の時代を描いた文芸ドラマなんですが、時代背景とモダンな雰囲気に惹かれて観たものの、内容はかなり期待ハズレでした。

猪瀬氏の原作「こころの王国」を読んで感じた、柔らかでいて実は粘着した男女の愛や、不思議な殺伐感といったテイストを全く得られず。

池脇さんのレトロな雰囲気は、時代にはいちいちマッチするんだけど、野暮ったい持ち味が目立ち、葉子の理解不能な言動の中に込められた心の機微を描けていない点も相俟って、とかくリアリティを感じさせず、ただ若い女が感情の赴くまま流れてしまうといった間抜け感を抱かせるのみ。

西田さんは人情に厚い菊池寛像を演じてはいるし、感情表現も伝わってくるんだけど、元々私のイメージと著しく違っているが故に、ミスキャスト感が否めない。

近代文化と江戸情緒が融合する当時の舞台背景、昭和歌謡、流行言葉など、昭和初期を表す独特の世界観を楽しめたのは良かったですが、雑多な創りとこじつけ感ある運びに、最初から最後まで否定的な目線を送らざるをえませんでした。

西島さんは素敵でしたね。

あの一種危うい雰囲気が馬という役によく映えていたし、彼の劣等感やカサカサした苦悩は伝わり切らない部分もある中で興味深かった。

馬のキャラを掘り下げて描いた作品を観てみたいなーと思ったくらいです。

嗚呼、何処までも脇キャラ好きなんだわ(多分、エピソードが少ない分、勝手に空想出来るからだわ)。



さて、最近怒涛の如く映画館に通っている私。

今後観たい映画も沢山あります。

「アフタースクール」
「幸せになるための27のドレス」
「ザ・マジックアワー」
「ラスベガスをぶっつぶせ」
「山桜」
「神様のパズル」
「JUNO」
「モンテーニュ通りのカフェ」
「ジェリーフィッシュ」

さあ、どれだけ観られるかな。
映画 | TB:× | CM:× |

copyright © 2017 Cheap chic!~日々本能のまま~. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。