Cheap chic!~日々本能のまま~

「生活は簡素に理想は高く」をモットーに、毎日楽しく生きています。基本的に亀更新です。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 目の保養。 ]
2009-02-19(Thu) 23:30:38
20090220003035
美術展や写真展などの展覧会に行きたくて、定期的に近畿の開催スケジュールをチェックしているんですが、このトコロなかなか面白そうなモノが見つかりません。

その点、東京はホントにいいなと思います。

そもそも会場の数がハンパないもんね。

それに、メジャー処でなくマイナー処というか、多少クセのあるモノが好きな私にとっては堪らない“キワモノ”展なんかもしょっちゅう開いてるでしょ?

関西も規模から考えると揃っていそうなんだけど、東京に比べるとやっぱりちょっと物足りないんですよね。

大阪では安藤忠雄建築展をやるらしく(もう始まってるのかな?)、まあそれはそれで行きたいと思いつつ、かたや東京では明日から恵比寿映像祭とやらを開催するそうで、何それ、かなり行きたいんですけど!

写真やストーリー性のない映像に関しては、めちゃめちゃ好き!ってワケではないんですが、テーマに沿った映像やメッセージ性を秘めたモノには惹かれるから、多数の個性が混在する展覧会とあれば、より行きたくなるんですよね。

そういうのがこっちは少ない。

更に、建物も割とつまんない。

元々、美術館や博物館などの建物の形が好きなので、新しい場所だと空間観察だけであっという間に時間が過ぎたりするんですよ。

ああいう会場って、展示物だけでなく建築物として見ても非常に面白いし、シンメトリーな館内や、逆にアシンメトリーな外観の美しさといった、一見ちぐはぐな中に身を置くと奇妙な気がするのは勿論のコト、ただそこにいるだけでワクワクしてきて頗る楽しい。

兵庫県で1番好きな会場は、ロケ現場として使用させて頂いたコトのある神戸市立博物館で、三宮のクラシカルな町並みと融合している様が実にステキなんですが、残念ながら興味深い美術展を行わないのが難点ですね。
つぶやき | TB:× | CM : 2
私の愛する“ともだち”。HOMEお久しぶり、秋本さん。

copyright © 2017 Cheap chic!~日々本能のまま~. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。