Cheap chic!~日々本能のまま~

「生活は簡素に理想は高く」をモットーに、毎日楽しく生きています。基本的に亀更新です。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 私の愛する“ともだち”。 ]
2009-02-20(Fri) 23:58:29
20090223001321
レイトショーで“ともだち”に会いに行って来ました。


やっとです、やっと!


私と同じく「20世紀少年」マニアの後輩Kちゃん&Wちゃんに会えば、必ず“ともだち”話に花を咲かせ、師匠レベル程にマニアなキムコと連絡を取れば、必ず、「観ました?」「まだ!」「早く観て下さいよー」が合言葉だった今日この頃。

結局皆、私より先に観に行きやがってムカつくー!!


もう、ココで堂々とネタバレしたいくらいですが、まあ、そんなコトゆーても小心者ゆえ出来ないんですが、ホントにすっごく面白かったです。だいぶ駆け足調とはいえ(そりゃあの長い話を3章分に纏めようっていうんだから仕方あるまい)、原作にかなり忠実で、キャストも相変わらず豪華だし、こんなに素晴らしい娯楽大作はなかなか観られないと改めて思った次第。

とは言え、実は内容より何より私の興味は“ともだち”一本、キャスト発表以来、ただただ実写版“ともだち”に会いたい一心で、第1章・第2章共に公開を待ち望んでいた不届き者であるからして、純粋に作品世界を楽しむなんてコトは二度三度観ないとなかなか出来ないワケですよ。

なんせ、毎度毎度、カゲの主役である“ともだち”に会えただけでテンションアップ、心の中で「うおぉぉぉー」「カッコイイ~」「コレはどう考えてもアナタ!アナタ様ですよねえぇぇ」等と興奮しながら観ているので、鑑賞後はかなり疲れるんですね。

というコトで、今回もかなり冷静さを欠いた鑑賞ではありましたが、それでも内容はじっくり味わいました。

その感想はまた後日、第1章と合わせて書けたら書こうと思っていますが、予定はいつも未定でございますからして、あまり期待しないで下さいませ。

因みに今日は、原作を知らず、大してファンでもない(というより全くファンではない)こぱんだちゃん改めカッパちゃんを引き連れて行って参りました。

幸いにも公開前に日テレでオンエアされた特別編を観ていてくれたようで(無理矢理観させたんだけどさ)、内容を理解出来たと言ってくれたのでシメシメ。

あの壮大な作品を実写化するとなると、どうしても“こじつけ&ぶっ飛び”といったモノが生じてしまうし、しかも監督は堤でしょ?というワケで、幾らファンでも敬愛の念を込めて爆笑したくなる場面が満載なんだけど、笑いというのはTPOが要る上に、同行者と分かち合えなければしんどかったりもするんですが、その辺りのエンタメを楽しむ“ツボ”が私とカッパちゃんは割合似ているので、面白場面では人目を憚らず遠慮なく笑いながら観られたのがとても気楽でした。

ついでに、“驚き族”のカッパちゃんは、意表を衝く場面で見事に驚いてくれるので、創り手の目線で観がちなワタクシとしては、つい嬉しくなって、堤の代わりにニヤニヤさせて頂いておりました。

第3章も一緒に観に行く約束を(無理矢理)取り付けたし、良かった良かった。

なんだかんだ言いながらも、カッパちゃんはいつも見返りを求めずさりげなく親切をプレゼントしてくれるので、私は感謝感謝なのです。

蔵様のコトも割と好きと言ってくれるし、ほんま、イイ子やわ~。←結局そこ。

蔵様の新ドラマもまた録画してくれると(無理矢理)約束してくれたし、ほんま、持つべきモノは良き“ともだち”、ありがたやありがたや。

「20世紀少年」の“ともだち”も、心を開いて真の友達を得ていたら、あんな破壊的な道を辿るコトはなかっただろうに。

……と、ふと思う。


“ともだち”繋がりで今日は上手く纏まりました。
映画 | TB:× | CM : 3
充実の休日。HOME目の保養。

COMMENT

  +
>じゅんちゃん、
なんでそんなに全面プッシュなんかよく分からん。
確かに、日本の美しい文化を込め、世相も反映させた良作やとは思ったけど。

逆にイスラエル映画が情勢的にプッシュ出来ない状況で、ラッキーだったんじゃない?
まあ、ラッキーなのも強運のうち、良かったねってコトで。

捻くれててゴメリンコ。「20世紀少年」早く観に行って。


>キムコ、
私も思ったよ!あれは完全に別人だよ!声が全然ちがーうー!カオの丸みも、肩のカンジも仕種も。

しかしながらアレはダミー…?
撹乱させる為にわざと……?
じゃないと、次の予告で、カンナが“ともだち”の子である自分が“ともだち”を止めるみたいな台詞を言ってるのが、なんでわざわざ?ってコトになんない?

カツマタ君の話題もちらほら出て来たし、やっぱそこは変えないんじゃないかー?

“ともだち”が誰かってコトが全くバレてないし、第3章で色々明かされるんだよー。早く観たい!
b y ニコ | 2009.02.25(15:56) | URL | [EDIT] |
  +
ようやく行ってきたんですね。
どうでしたか?
生き返ったともだち、あたしにはどうもしっくり来なくて、いろんな人の感想読み漁りましたが、皆さん一様に同じ思いみたいです。
あれはどう考えても…。

まああたしには違いが分からないので、丸い、声が高いくらいな感じで、カツマタでは行かないのかなあと思ったりしたんですが。
先輩どうでした?

ヒース・レジャー、逆に泣けるくらい切ないですね。
本当に今更感。まあ良かったでしょうが。
「おくりびと」は観てないんでよくわかりません。
日本の風習がここまで持て囃されるんなら、向こう100年はその筋でいけそうですよね。なんたって風習の国やし。
b y キムコ | 2009.02.23(16:09) | URL | [EDIT] |
  +
ここに書くのも失礼かと思ったけど、じゃあどこに書くのやと思ったんでこちらに。
『おくりびと』獲ったぞ!!大見得切ってニコに威張れるぞ!!ってことを書きたかっただけ。公共の場に。すごいよね、着眼点。これで認めてくれた?
『20世紀少年』まだ行けてない。繋ぎみたいなんでしょ?
b y じゅん | 2009.02.23(14:03) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2017 Cheap chic!~日々本能のまま~. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。