Cheap chic!~日々本能のまま~

「生活は簡素に理想は高く」をモットーに、毎日楽しく生きています。基本的に亀更新です。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 遠いトコロにある癒しに癒され。 ]
2009-09-30(Wed) 23:59:02
梅田ガーデンシネマで上映中の「プール」を観て来ました。

しかし、毎回思うんだけど、スカイビルへの道のりは遠い!私の会社からだと、本来は10分程の徒歩圏内であるハズなのに、工事の影響で遠回りせざるを得ないから、どれだけ急いでも20分は掛かるんですよね。コレもう、何年この状態よ?いい加減にしてくれ。ダムじゃないけど、そりゃヒトツの工事に何年掛けとんねんってハナシにもなるわな。ダムとはレベルが違うかもだし、建設素人に言われたくないかもしれないけどさ。早く近道を作って下さいなー。


さて。

「プール」は緩~いテイスト、少しクスっとなる箇所もあって温かい雰囲気もあって、優しく癒されました。

小林さんやもたいさん、加瀬君とくりゃあそもそも面白くないワケもなく、自ずと生み出される空気感だけでもだいぶ満足。卑怯ですよねえ。

ただ、お金の心配をせずこんな暮らしが出来たらいいなと思うくらい、常に小林さん達の描く世界は世捨て風でありながらも何処か余裕が感じられる…のは否めない。凡人にはやっぱり不可能な世界だなという目線で観てしまうのは変わりない。「かもめ食堂」がそうだったんですよね。ヘルシンキで暮らすとかチェンマイを安住の地にするとかありえんわ。というワケで、非現実な世界として心には響かず。

このメンツ、私は好きなんですが、段々釈然としないモノも拡がってきたかな。

「かもめ食堂」然り、「すいか」然り(「すいか」だったような…、ドラマのタイトルなんですが忘れた)、「めがね」然り、映像に関して同じようなキャストで作品を創り続けるのってどうなんだろう。劇団ならアリだから、コレもアリなのか。テイストが似てくるのは承知の上ってコトなのか。

だけどもう多分、次に同じキャストで映画を創って来たら、劇場では観ないと思います。
小劇場にはピッタリな雰囲気だから、斬新な役者さんを投入して欲しいなあ。今回は伽奈さんを初めて観たので興味津々でしたが、私の心に響く女優さんではありませんでした。


脚本の大森さん、時間軸の運び方が上手ですね。「カイジ」も確かこの方ですよね。どんなジャンルも手掛けられる多才なヒトが羨ましい。いいなあ。
映画 | TB:× | CM : 0
ツアータイトルが気に入りました。HOME食欲旺盛。

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2017 Cheap chic!~日々本能のまま~. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。